2014年08月16日

日本の軍需産業で働く人たちを取材した『軍需工場は、今』を上映!

ブログの更新が少し途絶えていました。

この間、武器輸出(禁止)三原則等を撤廃する閣議決定、そして集団的自衛権の行使を容認する閣議決定がされてしまいました。

民主主義の手続きをきちんと取らない安倍政権の前のめりな姿勢はさらに続き、沖縄 辺野古では米軍基地の建設が強行されつつあります。

Twitterは、ほぼ毎日更新していますので、最新情報はTwitterを読んでいただければと思います。
●Twitter
https://twitter.com/atsukoba
●まとめ
http://togetter.com/id/atsukoba

さて、今月31日は『軍需工場は、今』の上映があります。

長崎造船所で建造されていたイージス艦 展示会を見学する重役たち
(DVD『軍需工場は、今』より)

この作品は、日本の軍需産業の実態を紹介しています。日本の軍需産業を取り上げた映像作品は、近年ではかなりめずらしいと思います。
軍需産業は「防衛産業」という呼び方をされ、その実態は一般的にはあまり知られていませんが、各企業による売り込みは想像以上に熾烈です。

そして軍需産業には、そこで働いている人たちがいます。この作品では、軍需産業で働いている人たちにもスポットを当てました。多くの皆さんは、軍需産業で働いている人たちがどんな人たちなのか、実際に会って話したことがないので想像するのもなかなか難しいと思います。そして、取材した各企業には想像を超える実態もありました。

武器輸出(禁止)三原則等が撤廃されたことによって、さらに市場を増やそうとしている日本の軍需産業。そして、安倍政権のなりふり構わぬ姿勢によって軍事大国化が進む日本。
ほんとにこのままでいいのだろうか。皆さんと考えてみたいと思います。

韓国市民団体との交流 軍需産業で働く人たち

■8月31日(日)
pm2:00、pm3:30、pm5:00の3回上映
(pm5:00の会終了後、小林アツシ監督のトーク有。未公開映像の一部も上映します。)
料金¥500

場所:木乃久兵衛(キノ・キュッヘ)
http://www1.pbc.ne.jp/users/kino9/
東京都国立市西2-11-32
TEL042-577-5971
(JR国立駅南口下車富士見通り徒歩15分、国立音大付属高校向い、文房具店地下1F
立川バス、多摩信用金庫前より立川駅南口行き、又は国立循環で約2分「音高前」下車20メートル戻る)

-----
P.S.
『軍需工場は、今』のDVDは、以下で販売されています。
http://www.ndn-news.co.jp/shop/05.4.5-1.htm
 
posted by あつこば at 15:59| Comment(8) | TrackBack(0) | 自衛隊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする