2008年07月01日

東村高江(たかえ) 強化されるジャングル戦闘訓練場

沖縄の東村(ひがしそん)高江(たかえ)という集落で、米軍のヘリパッド(ヘリコプター着陸帯)の増設が強行されようとしています。
※最新情報は以下です。
http://takae.ti-da.net/

現在でも高江の周辺では米軍のヘリが低空飛行で訓練をしています。
takae_tsurisage1.jpg takae_tsurisage2.jpg
【画像は米軍のヘリから吊り下げられた米兵。『やんばるからのメッセージ』より】
『やんばるからのメッセージ』予告編
http://peevee.tv/v?2p8n5d

新しく増設されようとしている6つのヘリパッドは、広大な「北部訓練場」の中でもわざわざ高江の集落を取り囲む場所に計画されています。
hokubu400.jpg

日本では「北部訓練場」と呼んでいますが、在日米国海兵隊のサイトによると「キャンプ・ゴンザルベス(通称:ジャングル戦闘訓練場)」となっています。
http://www.kanji.okinawa.usmc.mil/Installations/gonsalves.html

基地の入口に掲げられている看板にはヘビ(ハブ?)の絵とともに「JUNGLE WARFARE TRAINING CENTER」と大きく書かれています。
JWTC1.jpg JWTC2.jpg

1998年に名前が変更されたにもかかわらず日本では「北部訓練場」と呼び続けているという指摘もあります。
http://www.news.janjan.jp/government/0703/0703171825/1.php
もしかすると、「ジャングル戦闘訓練」というイメージを与えたくないので「北部訓練場」と呼び続けているのではないかという気もしてきます。

上記で紹介した在日米国海兵隊のサイトによると、ここでは以下の訓練が行なわれているそうです。
■ジャングル戦闘コース
■ジャングル技術コース
■ジャングル衝撃コース
■サバイバル抵抗脱出コース

森住卓さんのサイトで、ここでの訓練の画像が公開されています。
http://www.morizumi-pj.com/okinawa/beigun/beigun.html

この基地では、沖縄の海兵隊だけが訓練をしているのではなく、他の国の軍隊もここに来て訓練をすることを検討している、という報道がされました。

琉球新報「イスラエル、独、オランダ軍 北部訓練場で演習検討」
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-133699-storytopic-1.html
↓ここから引用
--------------
沖縄に駐留している以外の米軍の部隊や他国軍による使用は、本来の施設提供目的を超えたもので、際限ない基地機能拡大につながると懸念が広がりそうだ。
--------------
↑引用ここまで

日本の自衛隊も、この「ジャングル戦闘訓練場」での訓練を検討しているようです。
沖縄タイムスの記事
http://www.okinawatimes.co.jp/day/200807011700_02.html
にもあるように、米軍再編でキャンプ・ハンセンや嘉手納基地で自衛隊が米軍と共同訓練をすることになっていますが、「ジャングル戦闘訓練場」で自衛隊が訓練をするなどというのは地元にはまったく知らされていません。

日米両政府が米軍再編の「ロードマップ」を発表した約一ヶ月後、沖縄の米軍トップ、ジョセフ・ウェバー氏が「この地域(東アジア)でテロとの戦いが発生した場合には、日本が関与してくれると確信している」と話しています。
(5月31日 秋田魁新報など)

辺野古(へのこ)での基地建設計画に加え、高江でのヘリパッド建設など、沖縄の北部では、たいへんな基地強化がされようとしています。

そのうえ、さらに自衛隊を訓練して「テロとの戦い」に関与させようという狙いが透けて見えます。


P.S.
高江でのヘリパッドに関しては以下でも書いています。
http://atsukoba.seesaa.net/article/89253461.html
http://atsukoba.seesaa.net/article/70185607.html
http://atsukoba.seesaa.net/article/52586680.html
タグ:沖縄 米軍 高江
posted by あつこば at 17:24| Comment(2) | TrackBack(2) | 米軍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
再編とは、数ある施設を整理統合すること
であり、既存の施設が強化されるのは当然
と考えます。

どうせ訓練場としてあるならば積極的に
活用すべきであり、他国の軍隊の訓練は
非常に喜ばしいことです。ぜひ自衛隊と
の共同訓練も含め、検討して頂きたい。

世界の平和に貢献できるのですから、
沖縄県民も鼻が高いでしょう。
Posted by 左翼撲滅 at 2008年07月05日 00:30
>そのうえ、さらに自衛隊を訓練して「テロとの戦い」に関与させようという狙いが透けて見えます。

東アジア、それも日本の領土、領海でテロを起こされたら日本は国民を守るために関与せざるおえないのではないでしょうか
Posted by 774 at 2008年11月11日 11:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/101942635

この記事へのトラックバック

JCJ賞贈賞式
Excerpt: JCJ賞 黒田清JCJ新人賞  贈賞式 ―各分野受賞者たちが語る現実とジャーナリズム―  受賞者スピーチが毎年好評の贈賞しきです。 日...
Weblog: JCJ神奈川支部ブログ
Tracked: 2008-08-01 00:53

米軍が文書を受け取る
Excerpt:  9月24日の2時から、横須賀のヴェルニー公園で開かれた原子力空母入港反対の集会にいった。  20日から平和フォーラム系の人たちが...
Weblog: JCJ神奈川支部ブログ
Tracked: 2008-09-25 01:55