2008年12月16日

「レイバーフェスタ2008」でソウル・フラワー・アコースティック・パルチザン!

12月20日に東京ウィメンズプラザホールで行なわれる「レイバーフェスタ2008」にソウル・フラワー・アコースティック・パルチザンが登場します。

「レイバーフェスタ」というのは、極めて大雑把に言うと「働く人達(+働きたくても仕事がない人達)の文化の祭典」みたいなもので、今年で7年目を迎えます。
「労働運動の中にもっと文化を!」と、実際の労働現場で働く人達から、労働運動に思いを寄せるプロまでが入り乱れて、映画・音楽・演劇・川柳などさまざまな表現を発表するお祭りです。

ソウル・フラワー・アコースティック・パルチザンは、ソウル・フラワー・ユニオンの別ユニットです。実は私もDVD『ライヴ辺野古』のボーナストラックで初めて知りました。先日、東京 吉祥寺で行なわれたライヴに行ってきましたが、アコースティックな楽器による小編成で、なかなかいい感じでした。

200811%2F24%2F99%2Fe0157499%5F16124868%2Ejpg.jpg

上記の画像がレイバーフェスタのチラシです。なんだかちょっとコワイ感じの顔(笑)がデザインされてます。実際にはこんなにコワイ顔ではありませんが。
http://laborfesta.exblog.jp/9054248/
デザインした人は「念願のソウル・フラワーが出演!」ということで、かなり気合いを入れて作ったようです。

レイバーフェスタの関係者は、「聞け万国の労働者」「がんばろう」「インターナショナル」などを期待しているようですが、アコースティック・パルチザンの編成でそれらの曲をやるのかどうか、私は不明です。いずれにしても、なかなか楽しみです。

--------------------
■開場10:30 終了20:30 ライヴ19:00〜(予定)
■料金;前売1,500円/当日2,000円
*出入り自由
*賛同人・障がい者・学生・失業者 各200円引き
--------------------
だそうです。

メール受付もあります。
http://vpress.la.coocan.jp/yoyaku-festa.html

場所は東京ウィメンズプラザホール(東京都渋谷区神宮前5-53-67)
以下に地図があります。
http://www.tokyo-womens-plaza.metro.tokyo.jp/contents/map.html

「レイバーフェスタ2008」の内容は以下で詳しく紹介されています。
http://qrl.jp/?284506

この中の15時から始まる第3部「映像メッセージ〜世界から日本から」では、さまざまな制作者が作った3分ビデオを上映しますが、その中の特別企画として、先日の「麻生邸ツアー」不当逮捕事件に関する映像プレゼンテーションを行ないます。
yudedako-w1-249.jpg yudedako-w2-249.jpg
今回のために編集し直した特別バージョンの映像を上映し、YouTubeで約30万回再生された映像はどのようなプロセスでアップされたのか、そして、こうした映像を使ったアクションでの留意ポイントなどを解説します。

「麻生邸ツアー」に関しては、12月23日に「渋谷ミステリーツアー」と題して追加ツアーが行なわれるようです。
前回は麻生邸を見に行くという自由が不当に奪われた形になりましたが、今回の案内は「伏せ字」になっています。
http://asoudetekoiq.blog8.fc2.com/blog-entry-59.html
http://d.hatena.ne.jp/festa_hansen/20081211


いわゆる「派遣切り」をはじめとして、働く人達(+働きたくても仕事がない人達)をめぐる環境は、極端に厳しくなっています。こうした状況を打開するためにも「文化の祭典」に集いましょう!

「レイバーフェスタ2008」ブログ
http://laborfesta.exblog.jp/
posted by あつこば at 18:01| Comment(0) | TrackBack(0) | メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/111321058

この記事へのトラックバック