2009年09月09日

連立合意で社民党がこだわった理由

久しぶりに辺野古に行ってきました。『基地はいらない、どこにも』に続くDVDを創るための取材です。

那覇から辺野古に近づいていくだけで自分の中でなにかが盛り上がっていくのを感じます。
辺野古の現場にいちばん近いのは宜野座インターですが、その手前の金武インターで降りて、まさしくエメラルドグリーンに輝く海が見えた時は興奮しました。この海と多くの生命を守るために自分ができることはなんだろう……。

honoko-beach-2logo500.jpg

このところ「普天間移設」という言葉がテレビや新聞で取り上げられています。民主党と社民党、国民新党が連立政権の合意をする際の文章についての調整が難航しています。きょう昼の時点ではまだ合意しておらず、今日中の合意をめざすとされています。

詳しく書かれている琉球新報の報道によると、
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-149619-storytopic-53.html
↓ここから引用
--------------
民主党が社民党の要望を受け「沖縄の基地のあり方について見直す」との文言を合意文書に盛り込むことを提案
--中略--------
(社民党の)会合では「辺野古の新基地建設は認めないとはっきり書かかなければ、かえって誤解を与える」との意見が挙がり、提案通りの内容に変更がなければ削除を求めることを確認した。
--------------
再開した政策責任者の協議では「沖縄の基地のあり方について見直す」との文言を削除。
--中略--------
(社民党の)重野氏は「辺野古の新基地建設の見直し」を求める内容の覚書や念書で明文化することを重ねて要望したが、民主党が再提示した内容には明確に盛り込まれなかった。
--------------
↑引用ここまで

わかりやすくまとめると、民主党が「沖縄の基地のあり方について見直す」と提案したのですが、「沖縄の」という表現だと大雑把すぎますし、見直した結果、やっぱり辺野古に新しい基地を造るとか、辺野古に造るけど場所を50メートルずらす、などという結論になってしまいかねません。
そこで社民党は「辺野古の新基地建設は反対」と書かなければダメだと主張。民主党としては今後のアメリカとの関係も配慮して今の段階では「反対」とは言いづらいわけです。そこで社民党も「反対」という表現は(おそらく)あきらめて、せめて「沖縄の」ではなく「辺野古の新基地建設の見直し」という言葉にするという主張をしてきたのですね。

「反対」ではなくても「辺野古での計画の見直し」であれば、計画を中止させる可能性があるという表現になります。そこまで譲歩してきたわけですね。

沖縄タイムスには、民主党、菅直人代表代行の
http://www.okinawatimes.co.jp/news/2009-09-09-M_1-003-1_003.html
↓ここから引用
--------------
「(辺野古移設中止を)文言として盛り込むのは難しい」との見解を示した。一方で、「鳩山代表はこれまで県外、国外と言っており、責任を持って交渉するだろう」とし、党の姿勢に変更がないことを強調した。
--中略--------
菅代表代行は今月下旬に鳩山由紀夫代表が訪米し、オバマ米大統領と会談することに触れ、「トップ会談を控えている。(普天間問題は)フレンドシップを築いた上で、現状維持や県外、国外、沖合修正なのか一つ一つ検討していく必要がある」と述べたという。
--------------
↑引用ここまで

「現状維持」では普天間基地の危険な状態を放置することになってしまいますから、政治家としてダメでしょう。
「沖合修正」は仲井真知事が苦し紛れで言っているだけで話になりません。
「県外移転」は負担を拡大することになりますから本来的な解決にはなりません。
「国外移転」であれば、日本が関与する問題ではないでしょう。本質的には「基地はいらない、どこにも」なのですが……。

特に普天間基地は「殴り込み部隊」、つまり人殺しのための基地ですから「移転」ではなく無くしてしまったほうが人々のためです。
http://atsukoba.seesaa.net/article/126373072.html
に書いています。

このブログでは、「普天間移設」「普天間代替施設」「辺野古」などについて何度か書いてきました。
「普天間代替施設」という呼び方の問題点については以下です。
http://atsukoba.seesaa.net/article/67855417.html

schwab-sunrise-02logo500.jpg

これからも、できるだけ正確な情報にもとづき、表現を工夫しながら、何度でも書こうと思っています。

今回沖縄に行って、何人もの大切な人に会えて、大切な人と遊んで、大切な人と電話で話ができました。今回会えなかった人達も含めて「俺たち、つながってる!」と思えた時間を過ごせました。

-----------
追記;「宜野座インター」をつい間違って「宜野湾インター」と書いてしまいました。間違いに気が付いて教えてくださった方に感謝します。



posted by あつこば at 12:09| Comment(31) | TrackBack(1) | 米軍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
軍隊はどれも人殺しのためのものでしょう。
米海兵隊も、自衛隊も、本質的には
政治的目的達成のための暴力装置です。

その暴力装置なしで国民の平和を守れる
のでしょうか??もし、守れるというの
ならば担保は何かについて納得の行く
説明が必要です。

説明できないのであれば、ジュゴンが死のうが
サンゴ礁が破壊されようが、ある程度仕方が
ないのではないでしょうか?

#逆の立場で、もし私が日本に軍事的圧力
 をかけたいとするならば、在沖海兵隊は
 非常に邪魔な存在ですので、グアムに移転
 してもらえると非常に助かります。
Posted by 通りすがり at 2009年09月10日 00:18
あつこばさん、こんにちは。

 当たり前すぎて誰もこんなこと書かないんですが、ちょっと放置しておくのも忍びなく感じて、書き込みお許しください。

通りすがりさんの書き込みについて:

|軍隊はどれも人殺しのためのものでしょう。
米海兵隊も、自衛隊も、本質的には
政治的目的達成のための暴力装置です。

 確かにそういってしまって正しいと思います。しかし...

|その暴力装置なしで国民の平和を守れる
のでしょうか??

 70年前の日本ならその考え方も支持されるのだろうと思いますが、現在その解釈は一般とは大きく異なります。政府やメディアの話を鵜呑みにしてしまっているのかわかりませんが、国防に関するリスクが実際どれほどあるというのでしょうか? 特に、現在の社会が軍備で国を守ることができると考えるのは、余りに楽観的すぎます。実際それは対して大きなファクターではないのですから。
 特に、米軍が日本を守ると信じているのは非常に不思議に感じます。日米安保は日本に軍事費を肩代わりさせるだけに使っているだけで、有事の際には利害とその時の情勢で自国の為に軍隊を出すか判断するものです。自国が核攻撃を受けるリスクがあるなら、どんな国であっても戦闘に参加したりしないでしょう。
 特にこれは経済の問題だという視点が大切なのだと思います。リスクマネジメントの観点から、可能性が低いものに予算を割くのは避けるべきで、特に今は経済や教育や福祉に予算を割くべきです。

|ジュゴンが死のうが
サンゴ礁が破壊されようが、ある程度仕方が
ないのではないでしょうか?

 自然は環境や動物の種は、絶えてしまったら取り返すことができないものです。自分の利益の為に他の何かを犠牲にしてよいと考えるなら、そういう人もまた、他者の犠牲になることを許容しなければならないことも理解してほしいです。

|逆の立場で、もし私が日本に軍事的圧力
 をかけたいとするならば、在沖海兵隊は
 非常に邪魔な存在ですので、グアムに移転
 してもらえると非常に助かります。

 これは一見正しいのですが、一方で軍事拠点や原子力発電所がある場所は通常、優先的に強力な攻撃を受ける場所になります。イラクやアフガニスタンでも、軍隊がそこに居なければ、死ぬことのなかった民間人が何万人も出ました。
 そんなに単純な話では済まないと思います。
Posted by Jitoh at 2009年09月15日 07:50
Jitoh さん、コメントありがとうございます。
私は返事を書くのを後回しにしていましたので、かわりにコメントしていただけると助かります。
ブログはできるだけ更新しようと思っていますので、よろしくお願いいたします。
Posted by あつこば at 2009年09月15日 08:52
現実から目を背ける言論には全く賛成
しかねます。

これほど軍事的緊張の下にある極東に
ありながら、国防のリスクを意図的に
過小評価する意味が全く分からない。

それともミサイルや核が全く脅威では
ないとでも言うのでしょうか?であれば、
北朝鮮の軍事的野心にも無関心を貫く
べきです。「粘り強く外交交渉で解決」
などというのは、そもそも軍事的脅威を
認める点に立脚しています。

さらに、国民の平和と安全に比べてジュゴン
やサンゴの保全を選択するという国民的
合意など、日本でなされた記憶はない。
あくまで急進的な自称反戦平和団体の戯言
でしょう。

軍隊がいなければ侵略がなされないとでも
言うの大ウソで、単に侵略が整斉と完了
するだけであり、全く問題の解決には
なりません。むしろ侵略の敷居を下げる
行為であり、おおよそ現実的ではありません。
Posted by 通りすがり at 2009年09月16日 00:24
国民の平和と安全以上に尊重すべき
価値観があるとでも言うのであれば、
それを示して欲しい。

むろん、基本的人権を上回る価値観と
なるでしょうから、日本国憲法の改正
も含めてよろしく!
Posted by 通りすがり at 2009年09月16日 00:27
あつこばさん、こんにちは。

 判りました。更新もそうですが、ご活躍とても期待しております!
 しかし、どれだけ私でお役にたてるか、判りませんが、できる範囲で対応させて頂きますね。

通りすがりさん、

 老婆心ながらお伝えさせて下さい。そんなに必死にならなくても大丈夫ですよ! 誰も敵じゃないんですから。

 でも、多数の解釈があるものについて、これでは断定・決め付けの云い方になってしまっています。それがどうして必要なのか、誠実に合理的に伝える努力をしないと、相手に伝わらないと思います。

 それと、一般名詞をハンドルに使うことは、匿名性を笠に着た責任逃れの無責任なものだと思われてしまいます。
 ちゃんとネチケットを順守することで、よりご発言に信ぴょう性が増しますから、そうされた方が良いと思いますよ。
Posted by Jitoh at 2009年09月16日 22:51
Jitohさま

誰でも勝手にJitohを名乗れます。
アナタが誰か区別する手だてが他に
ない以上、アナタも私も匿名を名乗って
いる点で本質的に同じです。

広範な合意が形成されていないルールは
ネチケットとは呼べません。

当然、そのような意見を振りかざす方の
意見に信憑性はありません。
Posted by 通りすがり at 2009年09月17日 00:14
通りすがりさん、

 それは無理ですよ。

|アナタも私も匿名を名乗って
いる点で本質的に同じです。

 それは貴方も同じ程度の情報公開をして初めて言えることです。私は自分の所在もプロフィールも公開していますが、貴方はどうなのですか?

 そうですね、私のsiteにあるcontactからメール下さいますか? そして貴方のblogへのリンクも是非教えてください。
 貴方が汚いウソつきで終わらないことを祈っています。
Posted by Jitoh at 2009年09月17日 22:50
あつこばさん、連続の投稿お許しください(__)

 通りすがりさん、まだ返答頂けませんが、その前にもう一点申し上げておきます。

 私は匿名ではありません。この点を記事にしましたので興味があればご覧になって下さい。
http://jitoh.seesaa.net/article/128376147.html
Posted by Jitoh at 2009年09月19日 14:23
人に向かって「汚いウソつき」呼ばわりですか。
ひどくネチケットに欠けたご発言ですね。

そもそも、ネット上で本人確認なんて
IPアドレスをISPに確認して初めて判明
するのですよ。個人のHPに自分の写真と
称するものを掲載しても、それがネット上
で拾った単なるjpeg画像かも知れない。
ここを普通に訪れる人が検証不可能なん
ですから、やっぱりJitohさんは本質的に
匿名の存在でしかない。

#ご自分の運転免許証をスキャンして掲載
 するというであれば、かなり匿名では
 なくなりますけどね。

いずれにせよ、ネットというヴァーチャルな
空間での議論は、誰が言ったかが重要なの
ではなく、何を言っているかが重要なのです。


Posted by 通りすがり at 2009年09月20日 00:07
果たして安全保障よりもジュゴンを優先
させるべきか?国の安全保障政策よりも
珊瑚を重要視すべきか?という問題に
戻りませんか?

先の大戦で日本人が学んだことは、国民の
生命及び財産を二度と危機にさらさない、
ということだと私は思うのですが・・・。
いつからジュゴンや珊瑚がその上に来る
ようになったのでしょう?
Posted by 通りすがり at 2009年09月20日 00:13
ちなみに、民主党が政権を取りましたが
民主党のマニュフェストでは、
「北朝鮮が繰り返す核実験とミサイル発射は、
わが国および国際の平和と安定に対する明白な
脅威であり、断じて容認できない。」
としています。国民の過半数が民主党を
支持した事実をもってすれば、間接的にで
あれ、国民の過半数が北朝鮮の軍事力を
同様に認識していると言えるでしょう。

『政府やメディアの話を鵜呑みにしてしまって
いるのかわかりませんが、国防に関するリスクが
実際どれほどあるというのでしょうか?』
などと呑気な発言をされるJitoh氏の認識は
国民の過半数の認識とかなり大きなズレが
あると言えるでしょう。

世界は70年前に比べて随分対話が進みましたが、
核の拡散1つをもって見ても、明らかに
軍事力が安全保障上の重要な要素と認識
されています。現実から眼をそむけ、あたかも
世界が非軍事だけで動いているかのように
誤解を与え、観念論だけで非武装へと向かう
のは、
現実を無視して神州不滅を信じた戦中の日本
同様の浅はかな精神論でしかありません。
Posted by 通りすがり at 2009年09月20日 16:25
あつこばさん、また書き込みさせていただくことを許して下さい(__)

通りすがりさん、

 確かに「名前を名乗っても匿名でも、大きな違いはない」とするのは、正しい場合がありますね。それは、ネットは足がつきやすく、本当は匿名にはなりえないという事実を指す場合です。

 名前を名乗るのは、ISPに照会する手間を事前に省くのが目的ということもあります。
 そもそもここで申し上げているのは、発言に責任を取ることの担保です。貴方が名乗れない、自分の発言に責任を取る意思がないというのは判りました。また、悪いことをするのに名前を名乗るのは都合が悪い、というのが正直なところなのでしょう。
 特に誰だか区別がつけられない「通りすがり」という一般名詞をハンドルに使って嫌がらせや、これら右翼の布教活動を個人のblogで行う事を、汚いと申し上げています。

 また幾つか貴方の論理破綻を指摘させてください。
 偽造することができる可能性があるから匿名だと言い張るのは、無理があります。その論理ならいずれもレタッチして変造できるのだから意味がないことになる筈ですが、免許証ならいいとするのも妙です。
 そもそも偽証が発覚すれば、自らの信用を落とすことになりますが、そんなリスクを冒す人が多いとは一般には考えません。

|いずれにせよ、ネットというヴァーチャルな空間での議論は、誰が言ったかが重要なのではなく、何を言っているかが重要なのです。

 面白いですね。メタバースでの話だったとして、ここで扱っているのは現実の沖縄の基地問題ですが、貴方はご自分の空想の書き込みをされていたのでしょうか?
 それとも貴方はご自身が人間としての人格ではなく、ネットに接続された一介のコンピュータープログラムだと仰っていますか? ではこれら論理の齟齬はバグ?
 違いますよね。そこにアクセスしているのは現実社会の人間であって、どんな場所にも現実の法律とルールが適用されます。blogのコメント欄は、単に書いた内容を伝えるツールでしかないのです。
 実社会とネットは違う。ネットなら許されるという意見を拝見しますが、責任を放棄し正当化する為の、甘えた見識です。

|誰が言ったかが重要なのではなく、何を言っているかが重要なのです。

 この部分大切なことだとおもいますので最後に触れさせてください。

 言葉は単独で存在しても意味がありません。誰の為の言葉なのか、本当は何を表しているのか、どんな動機や目的があって書かれているのかという解釈から、その主題を読むことが最も大切なのです。
 そこに心がないなら、何の意味もありません。それでは単なる便所の落書きです。

 私は貴方の行為を責めるのは、人として正しくないと思うからです。しかし貴方の人格を責める意思はないことも重ねて申し上げておきます。
 またこんなことに時間を潰されているのは惜しいと感じます。この連休を楽しく過ごされることをお祈りします。
Posted by Jitoh at 2009年09月21日 09:15
Jitohさん

言葉はそれ自体で十分意味があります。誰が言おうが
論理は論理です。「A=Bであると仰るが、それは
オカシイ。本当はA≠Bなのではないか?」と問う行為に
発言者の心、動機、目的などは直接関係しません。
ネットは万人に平等なのです。書き込み手の個人情報なんて
あまり意味がないのです。専門家だろうと、素人だろうと
納得できる発言をすれば共感を得られるし、おかしな発言は
批判を受けるでしょう。

Jitohさんのご意見は極端なものとして理解できますが、
結論から言うと、直接相手に会ってみないと、一切の
議論ができないタイプの人間なのであろうと思います。
ネットには全く向いていませんね。であれば、ブログの
一般公開を止めてMixiにでも移行して、ご自身の知り合い
のみに囲まれてご高説を存分に垂れてみては如何?
Posted by 通りすがり at 2009年09月21日 11:05
ちなみに、私はJitohさんの顔写真を見ても
ヤンバルクイナより国の安全保障の方が
重要であるという認識にはいささかも影響
しませんし、あなたの住所、職業、家族構成
その他の個人情報にも全く関心はありません。

反対に、どこの馬の骨とも知らない匿名の
意見であっても、私の考えを根本的に
ひっくり返すような強力な主張には、きっと
共感するでしょうね。そうなれば、私も
ヤンバルクイナ保護活動に参加しているかも
しれません。

必要なのは、説得力であり、論理です。
それができない、自信がないという人は
ブランドを盲信するしかないのですよね。

「朝日新聞が書いたのだから真実だ」
「NHKの報道だから真実だ」
「○○さんの言うことは常に真実だ」
Posted by 通りすがり at 2009年09月21日 11:17
ここからは一般論ですが、軍事力なんて無意味だ、全ては話し
合いで解決できる、と本来主張するべき人に限って、自分への
批判を安易に「荒らし」と断定したり、発言を削除して弾圧
に走ったり、ヒドイ時には警察権力を用いた脅迫まがいの
発言を行ったりしてしまう傾向が強いように感じます。
どうも理解できませんねぇ。それって特高まがいの言論統制ですし、
話し合いを拒否して国際連盟を脱退する松岡洋右ではないですか?

話し合い一本で安全保障を行うのは並の努力では無理ですよ。
それには自分と異なる意見の相手をむしろ懐柔し、自説に傾かせ、
自陣に引き入れる能力が必要不可欠です。じゃないと、支持者は
増えませんし、運動は広まりません。
Posted by 通りすがり at 2009年09月21日 11:26
あつこばさん、ためしで書いてみます。すみません、使わせてしまう結果になって(__)

通りすがりさん、

 ここにそれを書くなら、ご自分が書き込んだ内容公開しないとフェアではないですよ。
http://jitoh.seesaa.net/article/128402773.html

 ご自分の発言に責任を取らない貴方がどんな人間なのか、よく表して下さって感謝します。
Posted by Jitoh at 2009年09月22日 20:49
通りすがりさんて、すごいネガティブ思考で、根暗だね―
Posted by 焼き鳥 at 2009年11月06日 23:32

通りすがりさんて、すごいネガティブ思考で、根暗だね―

基本が否定から成り立ってる感じ

偉ぶりたいんだね、よしよし(^O^)

Posted by 焼き鳥 at 2009年11月06日 23:41
井上ひさしもそうだけど、9条の暴力って限度を知らないから恐ろしい。
ボコボコに殴る、何度も刺す・・・・


車の通行で口論、大学生が腹刺される
http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp0-20090714-518233.html

13日午後7時5分ごろ、大阪府箕面市箕面8丁目の路上で、軽乗用車の男が同市の男子大学生(23)と車の通行をめぐって口論になり、持っていたナイフで腹を数回刺して逃げた。大学生は重傷。

通行人が記憶していた軽乗用車のナンバーをもとに箕面署が捜査し、男を自宅で発見。殺人未遂の疑いで逮捕した。

同署によると、男は箕面市桜ケ丘の会社役員中井多賀宏容疑者(36)。大学生の乗用車と擦れ違う際に接触しそうになり、トラブルになった。当初「にらみ合いになり刺した」と認めていたが、その後の調べに「頭が真っ白で覚えていない」と否認している。

中井容疑者の自宅からは大学生の腹を刺したとみられる折り畳み式のナイフが見つかった。

------------------------------------------

↑↑↑
報道によると「頭が真っ白で覚えていない」と主張しているようですが、心神喪失で無罪を狙っているようです。法学部卒なら刑法もきっと詳しいでしょうね。

この凶悪な犯行で逮捕された中井多賀宏容疑者は、人権運動や平和運動で名の通った人物です。本なども多数書いています。

Wikipedia/中井多賀宏
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E4%BA%95%E5%A4%9A%E8%B3%80%E5%AE%8F


全てが虚構であり欺瞞で、ばれたら気狂いになったふりか逆切れで切り抜けようとする。頭真っ白?それは刺された大学生の台詞だよ、皆もそう思うでしょ?
私たちはもうそんな欺瞞にいつまでも騙されないのだ。
平和を望み、他人に無防備であるよう説いていた人物が、日常では違法な武装をし、無防備な人間に襲い掛かり、ナイフで刺す。
市民には無防備を説いて、自分はしっかり武装。揉め事は残酷な先制攻撃で解決。

皆さんもこういう、口では聞こえの良い事を並べて行動は伴わないおかしな連中に騙されないように気を付けて下さいね。

Posted by jitoh at 2009年11月08日 13:07
あつこばさん、こんにちは。

 いつも拝見しています。良い記事を公開してくださってありがたいです。

 さて、jitohというハンドルで書き込んでいる、私のなり済ましについて少し。

 ここまで幼稚だと明白すぎますが、「通りすがり」というハンドルで散々荒らしをしてきた本人である可能性が最も高いですね。
 jを小文字にしているから免罪されると思っているようですが、私のblogを盗用している時点でアウトです。

 こんなレベルの人を相手にする必要もありませんが、人間の屑のすることだという事は理解してもらう必要は感じます。って、そもそもそういった最低限の道徳も判らないからこうやって罪を重ね、いずれ重大な犯罪に手を染めるのでしょうね。
 一方でそうして被害に遭われるかたの事を考えると、早期に厳罰に処するべきだとも思います。
 そうなる前に自身で気づいて踏みとどまることができれば一番いいのですが...
Posted by Jitoh at 2009年11月09日 22:31
Jitoh さん、ご指摘ありがとうございます。
これは問題ですね。
このコメント欄でのjitoh というハンドル名での書き込みと、
http://atsukoba.seesaa.net/article/130184386.html#comment
のコメント欄での11月08日 15:07の書き込みは同一人物である可能性が高いです。
Posted by あつこば at 2009年11月10日 08:49
あつこばさん、こんにちは。

 こんなことにお手数おかけして、全く申し訳ないです(__)

 followありがとうございました。
Posted by Jitoh at 2009年11月11日 07:27
通りすがりさんの書き込み

>誰でも勝手にJitohを名乗れます。
>アナタが誰か区別する手だてが他に
>ない以上、アナタも私も匿名を名乗って
>いる点で本質的に同じです。


Jitohさんの書き込み

>それは無理ですよ。

> それは貴方も同じ程度の情報公開をして初めて
>言えることです。私は自分の所在もプロフィール
>も公開していますが、貴方はどうなのですか?

>名前を名乗るのは、ISPに照会する手間を事前に省くのが
>目的ということもあります。
> そもそもここで申し上げているのは、発言に責任を取る
>ことの担保です。貴方が名乗れない、自分の発言に責任を
>取る意思がないというのは判りました。また、悪いことを
>するのに名前を名乗るのは都合が悪い、というのが正直な
>ところなのでしょう。


さて上の成りすまし(小文字のjitoh)のように、ネット上では、他人の振りをすることも簡単にできてしまう。それはもちろん
良くない(犯罪まがい)ことなんだけれど。

通りすがりさんの
>誰でも勝手にJitohを名乗れます。
>アナタが誰か区別する手だてが他にない

という書き込みの内容はまさに正しいと思われる。

いくらネット上で個人情報を公開しているからといって、それが本人である証明にはならないのではないだろうか。
逆にプロフィールを公開しているからといって、その書き込みの内容が正しい(本人の意見そのもの)とはいえない。
小文字のjitohのように成りすまされる可能性もあるからね。

Posted by at 2009年11月13日 20:57
卑怯な名無しさん、

 これは通りすがりを名乗る荒らしが云ったことと全く同一で、それを補完したり増強するものはなにもありません。上記一連の書き込みでそれが全く筋が通らない言い逃れであることや、貴方がたがどうしてこれにこだわるのか、その目的も既に説明済みです。が、その本質の引用をわざとせず、幼稚な印象操作をする。典型的ですね。

 繰り返しますが、書き込み内容から、それが本人のものかは完全に区別できます。文章は書き手の人格を如実に表してしまうのですから。
 これは貴方についても云えるという事にも注意されてください。同罪ですよ。
Posted by Jitoh at 2009年11月14日 08:25
「通りすがり」さんの問題点については、
http://atsukoba.seesaa.net/article/132712998.html
に書きましたので、ご参照ください。

Posted by あつこば at 2009年11月14日 10:11
なにがどう全く筋が通らない言い逃れであることか
全然説明されていなから、Jitohの主張に
賛成できない。

第3者から見れば、Jitohが渡辺慎一を
名乗ったところで、それが本当に実在の
人物かはネット上では確認できない。

良く考えてみよう。いくら誠実を謳い文句
にしているデリ○ルが本名と称する氏名
と本人のものとされる豊満な裸体の画像を
公開していても、予約入れてホテルの部屋に
来る女性が100%その人物か、確証なんて
あるわけがないじゃないですか。結局、ネット
のみでは実在の人物かどうか検証は不可能。

Jitohの主張にはあまりに矛盾が多すぎて、
全く賛同できない。
Posted by at 2009年11月14日 20:38
匿名を肯定しているわりには「通りすがり」というハンドルにこだわっているので、「通りすがり」というハンドル名はみっともないということを指摘してあげたら、
簡単に名無しに変わって、その後、また「通りすがり」に戻ったり名無しになったり。
http://atsukoba.seesaa.net/article/132712998.html#comment

元「通りすがり」さんの行動は、「あまりに矛盾が多すぎて、全く賛同できない」です。

コメント欄でのやりとりが、グダグダの展開になっています。あまりにも意味がないので、そろそろ元「通りすがり」さんを以前のように無視することにしましょうか。

Posted by あつこば at 2009年11月14日 21:32
あはははは!そりゃオレだってミスする
こともあるよん♪

だって一度書き込んだら以前の名前が
残ることあるでしょ?

今後はハンドル無しにするからね。
Posted by at 2009年11月14日 23:20
ともかく非武装なんてのは現実を知らない幼稚な人間の言うことだ。

軍備を持たなければたちまち侵略されるだろう。

中国が仮に軍備を放棄して、日本の憲法9条のようなアホな憲法を持ったら、たちまちアメリカに侵略されるだろう。

だから、どの国も軍備を持つのは当然の権利であり常識なのだ。

なんで、こんな当たり前のことがわからないのか。
Posted by 通りすがり at 2009年11月20日 23:40
自衛力が必要なんて常識じゃん。
日本が丸腰乃なったら他の国が攻めてくるし、中国が日本の憲法九条みたいなあほな憲法を持っていたら、アメリカに侵略されていたわけでしょ。
軍備をもってこそ独立国ですよ。
Posted by at 2009年11月20日 23:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

right‐wingers in sick
Excerpt: The counseling with love is necessary for right‐wingers. 刃物をちらつかせる暴漢に対して、ダーティー・ハリーが一旦は家に戻って、ショットガン..
Weblog: クイナハウス
Tracked: 2009-09-12 11:12