2009年12月05日

普天間基地の部隊はグアムに行く。辺野古の基地は必要ない!

沖縄の普天間基地は米軍のヘリコプターが訓練をしている基地ですが、市街地の真ん中にあるため事故の危険性があり危険な基地です。自民党政権の時代に日米両政府は、沖縄の名護市(なごし)辺野古(へのこ)に「代替施設」という名目で基地を建設する計画を立てました。

普天間基地と辺野古
(画像は左側が宜野湾市のサイトより普天間基地。右側が防衛白書より辺野古の海)

この件に関して、鳩山首相が辺野古に「代替施設」を造るのではなく「新しい場所を探してほしい」と言ったとされ、大きく報道されました。

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00167730.html
によると、
↓ここから引用
--------------
鳩山首相は3日、首相官邸で岡田外相、北沢防衛相と会った際、外務省と防衛省で「新しい場所を探してください」と述べ、辺野古以外の移設先を検討するよう指示していたこともFNNの取材で明らかになった。
--------------
↑引用ここまで
とされています。

危険な基地を他のどの場所に持っていくのかというと、
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20091204-OYT1T00058.htm
↓ここから引用
--------------
複数の関係者によると、首相の念頭にあるのは、米領グアムだという。
--------------
↑引用ここまで

つまり、今の案のように沖縄の中でたらい回しをするのではなく、かといって本土の別の場所に負担を押し付けるわけでもなく、アメリカ領のグアム島を候補地にするということです。
(グアムでも基地の強化に反対している人達はいますが。)

ではなぜグアムなのでしょう?
実はその鍵は、普天間基地を抱える宜野湾市の伊波市長が11月26日に鳩山首相に渡した資料にありました。

ほぼ同じ内容が宜野湾市のサイトにあります。
http://www.city.ginowan.okinawa.jp/2556/2581/2582/37840/37844.html
記者会見でプレゼンテーションした際の資料。(pdfファイルなので少し重いです。)
http://www.city.ginowan.okinawa.jp/DAT/LIB/WEB/1/091126_mayor_1.pdf

ごく簡単に説明します。この資料は、米海軍のグアム統合計画室(JGPO)が11月20日に公開した「環境影響評価書」が元になっています。

基地を造るなど大規模な工事をするためには、環境への影響がどの程度あるのかをあらかじめ検討する必要があります。この「環境影響評価書」には基地の実際の計画が細かく書かれています。

日米両政府による2006年の合意では、沖縄の米軍海兵隊の司令部がグアムに移転することになっていました。しかし、この「環境影響評価書」によると司令部だけでなく普天間基地のヘリコプター部隊などもグアムに移転することになっているというのです。

そしてそれは日本側には明らかにされてきませんでしたが、今回、伊波市長がアメリカでの「環境影響評価書」を調べて確認できました。

プレゼンテーション資料よりg
(画像は前述のプレゼンテーション資料より)

つまり、米軍の計画通りだとすると、普天間基地のヘリコプター部隊はグアムに移転するのですから、辺野古に基地を造る必要も、日本のどこかに基地を造る必要も無いのです。

それなのにアメリカ側は日米間の交渉でヘリコプター部隊がグアムに移転することを隠したままで「辺野古に基地を造れ!」と言い続けてきた疑いがあるわけです。

この件は充分に報道されているとはいえません。まだまだ知らない人が多いです。
『週刊朝日』が記事にしていて以下で読むことができます。
http://news.nifty.com/cs/magazine/detail/asahi-20091202-02/1.htm
http://news.nifty.com/cs/magazine/detail/asahi-20091202-02/4.htm

4日に行なわれた日米の作業部会では、「与党内で浮上している米グアム島などへの移設案は話題に上らなかった」そうです。
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/091204/plc0912041948015-n1.htm

北澤防衛大臣は近々グアムに行くそうです。
http://www.mod.go.jp/j/kisha/2009/12/04.html

この問題は今後も要注目です。


【12月9日追記】
外務省によると、岡田外務大臣は5日の記者会見で以下のように話したとされています。

http://www.mofa.go.jp/mofaj/kaidan/g_okada/okinawa0912_ga.html
↓ここから引用
--------------
伊波宜野湾市長は、沖縄の海兵隊の殆どがグアムに行くと米国のグアム環境アセス文書に書いてあると述べていたが、自分の理解は8000人は行くが半分以上は残る。ヘリも、グアムに来るものがすべて沖縄から行くとは限らない。但し、市長のご発言であるから、どちらの読み方がより現実に近いか検証する。
--------------
↑引用ここまで


posted by あつこば at 18:17| Comment(6) | TrackBack(3) | 米軍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
沖縄県民のエゴより国益優先でしょ。さっさと辺野古に恒久的基地を建設すべき。綺麗な海やらジュゴンやらヤンバルクイナなんて2の次3の次で結構。
Posted by at 2009年12月05日 21:33
70年前、悪の枢軸国家だった日本を負かして、日本を民主主義国家にしてくれたアメリカが、無闇な侵略をするわけない。アメリカは民主主義国家だから一時的に間違えても、選挙で修正できる。一党独裁国家は修正がきかない。
インドネシア、マレーシアがイスラム原理主義国家になる危険性を予防するのも日本の国益だ。
Posted by at 2009年12月05日 23:09
あつこばさん、こんにちは。

 多くの識者が同様の事実を記事として上げて下さっていて、ありがたいです。
 そういえば最近、田中宇氏も取り上げましたね。
http://www.tanakanews.com/091210okinawa.htm

 TVを見ていないのでわかりませんが、どうやらメディアは沈黙を守っているようですが、不思議ですね。
Posted by Jitoh at 2009年12月12日 20:28
仮に海兵隊が全部出ていくことになるのであれば、陸自2個師団くらい本土から移駐させ、空自の戦闘機部隊をさらに2個飛行隊くらい増強するべきですね。各島には対空ミサイル部隊を新設すべきです。沖縄は重要な戦略拠点ですので、徹底して要塞化を推進するべきです。平和ボケした沖縄県民なんて泡盛飲んで酔っぱらったボケた意見ですので、全く聞く耳を持つ必要はありません。ジュゴンやらサンゴやらヤンバルクイナやら、笑っちゃうようなネタで基地反対運動を行う汚い心のサヨクは、中国や北朝鮮の基地問題を全く批判しないのはなぜでしょうか?それはサヨク思想のため心が腐り切っていて悪魔に魂を売っている悪党だからです。
Posted by at 2009年12月12日 22:02
事実誤認甚だしい。一例アメリカは、無闇な侵略をするはずがない。反論アメリカの国旗の星の数が13から今の数に増えた現象を何と説明しますか。彼らの理想は?そのためにどのような手段をとってきたか?異論を教えてください
Posted by 三浦一郎 at 2009年12月21日 07:13
三浦一郎さま
 アメリカがネイティブピープルの土地を奪ったというようなことをいうのは、近代的な国家を全て否定する論理で、アナーキーでしょう。ロシアだってシベリア、極東の諸民族の土地を奪った侵略国家という論議、北海道はアイヌに返還すべきだという議論をする意味はあるのか?
 侵略は大きな近代国家では全てやっている。また外国に侵略するばかりでなく、国内で内戦や弾圧も自国民に向けての帝国主義と考えれば、全ての大国は侵略国家だ。文革期の膨大な犠牲も、内戦や国内虐殺と考えれば中国政権の暴力主義的性格を表している。だが、だからどうなのか。中国は悪の帝国だなどいう規定は愚かしい。
「彼らの理想」といっても、ネオコンなどが主張する「アメリカの使命」が、アメリカの本質だという主張は、世界を共産化するのがソ連、中国の究極目的だという冷戦期の思考のちょうど裏返し。
 少なくとも現在のアメリカは、かつての植民地帝国のような領土併合や属国化を目指していない。
 しかもアメリカの新聞に「アフガン反戦」の広告を載せることは可能。中国の新聞や戦前の日本の新聞に、その政策に反対する広告を載せることは不可能でしょう。
Posted by at 2009年12月25日 10:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

普天間放置は保険の切れた車を運転しているようなものだ。
Excerpt: 「ただいま検討中政権」について  いま、この瞬間にも継続している普天間の危険は議論の余地がない。いつ、事故がおきても不思議ではない状況が継続しているわけだ。普天間や沖縄住民にとっては、その危険の未然の..
Weblog: 罵愚と話そう「日本からの発言」
Tracked: 2009-12-06 14:18

グアム島住民、アメリカによる太平洋の島への150億ドル軍事力集中計画に反対して団結
Excerpt: Democracy Now! フアン・ゴンザレス: 次は太平洋の島、グアム島の話題です。ここでアメリカ合州国は、150億ドルという膨大な額の巨大な軍事力の集中を
Weblog: マスコミに載らない海外記事
Tracked: 2009-12-08 14:13

進行中の米軍グアム統合計画の意図を探る
Excerpt: 普天間問題」のウラに隠された真実 ―進行中の米軍グアム統合計画の意図を探る―  沖縄の海兵隊の「7割」がグアムに移転する。日本が頼んだからではない。米軍自身の世界戦略による「再編計画」のためだ..
Weblog: JCJ機関紙部ブログ
Tracked: 2010-03-11 00:00
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。