2010年04月25日

徳之島の人たちは沖縄のことを考えている

本日は沖縄で県民大会があります。

この間、いろいろありましてこのブログは更新できませんでした。
DVD『どうするアンポ』のブログには多少書いていますが、
http://anpo50.seesaa.net/article/147043052.html
18日には徳之島で普天間基地の「移設」に反対する集会がありました。

徳之島の人たちは、けっして「自分たちの島に基地を持ってくるな!」とだけ言っているわけではありません。

3月から4月にかけての徳之島の人たちの発言や集会決議文から、沖縄について触れているところをピックアップしてみました。
(この情報は知り合いの方から教えてもらいました。どうもありがとうございます。)

↓ここから引用
--------------
「沖縄からも日本からも基地をなくそう」(高岡秀規・徳之島町長)
--------------
「日本の外交は、『沖縄の米軍基地削減』をアメリカと堂々と交渉してほしい」(大久保明伊仙町長)
--------------
↑引用ここまで
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik09/2010-03-09/2010030901_05_1.html

3月28日 基地移設反対郡民大会での決議文より
↓ここから引用
--------------
沖縄県の米軍基地は戦後、米軍の銃剣とブルドーザーによって土地を奪われ米軍の占領下に置かれました。今なお全国の米軍専用施設の75%が集中しています。米軍犯罪や墜落事故などによって沖縄県民の生活は日常的に脅かされ、経済発展にも大きな影響を与えています。そのために米軍基地の整理・縮小・撤去こそが沖縄県民の願いです。
--------------
米軍基地移設問題は、沖縄県民の整理・縮小・撤去の意思に反するもので、文化を共有する沖縄県民と奄美の人々を愚弄する、基地のたらい回しに他なりません。
--------------
↑引用ここまで
http://www.tokunoshima-himazin.com/katu/blog/blog.cgi?n=294&category=18

↓ここから引用
--------------
高岡秀規・徳之島町長は「私たちの反対運動は沖縄に負担してくれといっているわけではない。日本全国で基地がいらない世の中をつくる責務をもっていることを忘れずに進もう」と呼びかけました。
--------------
↑引用ここまで
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik09/2010-03-29/2010032901_01_1.html

↓ここから引用
--------------
徳之島町の高岡秀規町長は「米国がノーと言い、地元も反対で徳之島案はあり得ない。最後まで反対の輪を広げよう」と呼び掛けて、開会を宣言。沖縄の負担軽減に言及した高岡町長は「基地移設だけでなく、(日米)地位協定や騒音問題を沖縄県民が納得するようにまず取り組むべきだ」と述べた。
--------------
主催者代表であいさつした伊仙町の大久保明町長は大会後、記者団に「今回の件で沖縄の苦しみを感じた。公約にこだわらず海兵隊が本当に必要か。中国の脅威はどの程度かを議論するのが先ではないか」と述べた。
--------------
↑引用ここまで
沖縄タイムス 2010.04.19 朝刊

他には、このブログの
http://atsukoba.seesaa.net/article/146245387.html
で紹介した、
「これまで基地問題はどこか人ごとだった。騒音や事件・事故の負担をずっと抱えてきた沖縄の人を思うと、その痛みに心を寄せていなかった自分が恥ずかしい」
という発言がありました。

私は、こうした心が社会に広がっていくことに自分も力を尽くしたいと思っています。

posted by あつこば at 07:27| Comment(4) | TrackBack(1) | 米軍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「これまで安全保障はどこか人ごとだった。抑止や不測事態対処をずっと担当してきた在日米軍の人を思うと、その痛みに心を寄せていなかった自分が恥ずかしい」
という発言がありました。

私は、こうした心が社会に広がっていくことに自分も力を尽くしたいと思っています。
Posted by 左翼撲滅 at 2010年05月04日 19:16
「これまで安全保障はどこか人ごとだった。抑止や不測事態対処をずっと抱えてきた在日米軍の人を思うと、その痛みに心を寄せていなかった自分が恥ずかしい」
という発言がありました。

私は、こうした心が社会に広がっていくことに自分も力を尽くしたいと思っています。
Posted by めつこば at 2010年05月04日 19:21
普天間基地問題で鳩山政権の迷走が非難され鳩山総理の指導力不足、責任論が高まっていますが昨年9月の政権交代後も霞ヶ関の官僚機構が従来通りの実務権限を維持し、経験の浅い閣僚、政務三役が既得権益を維持しようとする官僚機構に翻弄されて問題の本質を見誤り、官僚が提示する誤った情報を基に判断せざるを得ない状況では迷走を繰り返すのも必然です。
普天間問題での対米交渉でも自民党政権での対米従属と利権絡みで米軍再編計画に関与して来た官僚に頼っていては政権交代に伴う新たな日米関係を構築する事は不可能であり米国側の意向に阿る結論に至る事も必然です。
防衛省、外務省の実務交渉に臨む官僚は沖縄米軍基地の無期限自由使用を前提として普天間代替施設でのオスプレイ運用に配慮して編隊飛行訓練で必要な最大値として1600m滑走路を目論んでいる。これは米国がSACO合意でも米軍再編ロードマップでも明言して来た「戦闘機の運用は想定せず」の歯止めを外して空母艦載機の運用を可能にしヘリとは桁違いの轟音を発生させる。
Posted by isao-pw大城 勲 at 2010年05月05日 22:20
これまで安全保障はどこか人ごとだった。抑止や不測事態対処をずっと担ってきた、日本軍国主義の復活を抑え、悪辣な悪の枢軸国家、大日本帝国から日本の民衆を解放し、日本に民主主義を定着させた在日米軍の人を思うと、その必要性と正義に心を寄せていなかった自分が恥ずかしい。

私は、こうした心が社会に広がっていくことに自分も力を尽くしたいと思っています。
Posted by あつこは at 2010年05月05日 23:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

★続、普天間移設政府案の荒唐無稽!
Excerpt: 画像はクリックで拡大します。★続、普天間移設政府案の荒唐無稽!鳩山政権が命運を賭
Weblog: ようこそイサオプロダクトワールドへisao-pw
Tracked: 2010-05-06 01:31