2010年06月02日

鳩山首相、最後に問題発言

本日、辞意を表明した鳩山首相は、民主党の両院議員総会で問題発言をしました。

「私は、つまるところニッポンの平和は、ニッポン人自身で作り上げていくことを、いつかは求めなければならない思っています。アメリカに依存し続ける安全保障をこれから50年100年続けていいとは思いません。」

これは自衛隊を軍隊にしようという憲法違反の発言ではないでしょうか。

そして、日本はアメリカに依存しているのではなく、アメリカ軍が日本に依存しているという事実を覆い隠しています。

日本は在日アメリカ軍に対して「思いやり予算」をはじめ年間約6500億円の駐留経費を負担しています。アメリカ軍にとっては日本にいたほうが安上がりなわけです。

また、在日米軍の施設には、アメリカ軍が世界で戦争をし続けられるだけの、膨大な量の燃料や弾薬が備蓄されています。これが無ければアメリカは戦争を続けることができないのです。

鳩山首相の功績は普天間の問題に多くの人の関心を集めたことですが、辺野古での新基地を自衛隊にも使わせようとするなど、非常に問題のある人物でした。

鳩山・クリントン会談 ^『基地はいらない、どこにも』より辺野古
(画像は首相官邸のサイトより鳩山・クリントン会談、『基地はいらない、どこにも』より辺野古)

辺野古の新基地での自衛隊の共同使用については以下に書いています。
http://atsukoba.seesaa.net/article/151492102.html

posted by あつこば at 10:37| Comment(25) | TrackBack(1) | 自衛隊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
鳩山の初心は「常時駐留なき安保」自衛隊国軍化」「靖国参拝」です。
過去はいいでしょう。管総理が平和省を作るようにドミノを倒して行きましょう。

ここで1首

 雲・大地・心も時代も皆動く動かすのは僕そして僕らで

僕のコミュ「010年安保を起こそう!」

http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=52861095&comm_id=4996350
Posted by トサマ at 2010年06月03日 11:39
管直人名言集

「自衛隊派遣は憲法違反だ!だが私の発言は気にしないで欲しい」
「公選法違反はケアレスミスのようなもの」
「さすがに真紀子さんを乗りこなす自信がない。なかなか大変だ」
「(沖縄の海兵隊について)政権をとったら、すぐに出て行ってもらう」
「靖国参拝は憲法違反だ。総辞職しろ」
    →小泉1/1に靖国参拝→「8/15に参拝しないのは公約違反だ。総辞職しろ」
「二世議員の存在は絶対に良くない!」→息子が出馬する→
  「(源太郎に)選挙区を譲ったわけではなく、二世議員の弊害はない」
  「優秀な人材を探したら、たまたま息子だった」
「君、ルートって知ってる?最近の人はルートも知らないんだよね。  いいかい、3.141592・・・」
「一夜を共にしたが、男女の関係は無い、こんなことに説明責任は無い」
「(諫早湾の干拓工事を)誰の許可でやっているんだ!」←自分が大臣時代に了承してる
「深く考えずに署名した」※シン・ガンスの無罪釈放を求める嘆願書
「状況によっては、監視衛星をうちあげることも考えたほうがいい」←打上げ日程も決まった時期に
「民主党が政権をとれば株価3倍」
「乾杯だとカンパイ(完敗)になりますから、カンショウ(完勝)と言いましょう。では、カンパ〜イ!」
Posted by praan at 2010年06月04日 00:58
>>「私は、つまるところニッポンの平和は、
>>ニッポン人自身で作り上げていくことを、
>>いつかは求めなければならない思っています。
>>アメリカに依存し続ける安全保障を
>>これから50年100年続けていいとは思いません。」

>これは自衛隊を軍隊にしようという憲法違反の発言ではないでしょうか。

一国としての自立がなぜ憲法違反なのですか?
そもそも国としての在り方、ヴィジョンを語ったことが憲法違反なのですか?

一国としての自立の中には、時には国民を守るための組織された集団としての軍隊も必要ではないかと考えます。

Posted by at 2010年06月05日 18:50
>一国としての自立の中には、時には国民を守るための組織された集団としての軍隊も必要ではないかと考えます。

 間違ってたらすいませんが、米側で解禁になった日米密約のなかには、有事には自衛隊は米軍の指揮下に入るという約束があったんじゃなかったでしたっけ。
 米軍ヘリが落ちても、警察の初動捜査ができないくらい主権が制限されていますけどねえ。
Posted by 属国の住民 at 2010年06月05日 23:14
米軍の指揮下に入るのは、自衛隊が自発的に行動できないからじゃないのでは?

有事を想定してない指揮系統だし。
正式な方針が決まるまでの措置だとして、
後方支援の後方支援くらいの位置づけじゃ?
Posted by at 2010年06月06日 16:48
 日本には深刻な利害があるけれど、アメリカとしては別に対処しないでもいいケースがあったとしても、自衛隊は動けない制度なのか。それを是正する法整備の前に、有事には米軍指揮下に入るという方針だけは確定しているというのだったら、なかなかの従属ぶりだと思われる。
Posted by a at 2010年06月06日 22:50
百歩譲って、鳩山の発言が現行憲法の範囲を
越える施策を提案しているとして、憲法改正
せぬままこれを実現するとは一言も言って
いない。

現行憲法・法律が絶対に正しく、改正が
許されないのなら、そもそも改正の手続きが
定められていないはずである。

現行法規を越えた施策を自由に論じることを
封じる行為の方こそ、表現の自由並びに思想
良心の自由を侵害する、明確な憲法違反です。

そのような弾圧を試みるサヨク勢力は
日本国民共通の敵であり、徹底的に孤立させ、
叩き、撲滅すべき。
Posted by 左翼撲滅 at 2010年06月19日 21:04
 公務員は憲法遵守義務があるというのは、個人の思想を曲げて憲法に対してあらゆる思想と発言を禁止するものではない。
 しかし、公的な立場にあるものが、「自由に論じる」こと一般が無制限に認められて、公人の発言が、全て問題視されないことがあり得るだろうか?
 右翼的思考の諸君は、朝鮮高校への補助について、「法律がどうあれ、実効的な扶助をすべきだ」と発言する政治家がいたら、それを封じようとするのではないか。
 
 日銀総裁が、自己の思想を自由に表現して市場に混乱を与えると思われる場合は、「その立場上」という論点で、発言が批判されることは、当然にあり得る。それとも、日銀総裁批判者の個人の表現に関するそのような弾圧は、徹底的に撲滅すべきだと、主張するのか。
 左翼撲滅氏は、左翼以外の言論抑圧にはどんなものがあるか例示できるだろうか?
 「相手が左翼だ」という前提がなければ、何も思考できないのではないのか?
Posted by g at 2010年06月21日 20:14
朝鮮高校の無償化に反対なのは【右翼・左翼】以前に
【朝鮮高校がその制度を受ける資格を有していないのに「無償化しろ」とさわいでいる事】
が問題なんですよ
日本の学校だって私立や「各種学校」といわれるトコロは対象外なんです
それを【民族差別だ!】などと問題のすり替えをしてまで【特別扱い】を要求するから批判されるんです

そして、あなたが言うような事を言い出す政治家は「その為に使われる金がどこから出ている金」なのかが理解出来ていない政治家だという事です

【法を作る側の立場】にある者が【法を蔑ろにする】のならばコレも右翼・左翼関係なく非難するべき事柄でしょうに

何の【例え】にもなってないですよソレ
Posted by 我王 at 2010年06月28日 08:48
現在の自衛隊は
攻撃を仕掛けられた時に【アメリカからの援軍が展開するまで持ちこたえればいい】程度の戦力しか持っていない
と見る意見が有るそうな

ソレが本当なら「国防の為に多国の軍事力を頼みにしなければならない状況」を作り出しているのは
【平和の名のもとに、自衛隊の存在を否定し、その力を削ぎ落とそうとしている者】
いわゆる【平和ボケした左翼的思想を持つ者】って事になるんですが、誰かそういった戦力分析のデータって知りませんか?
Posted by 我王 at 2010年06月28日 11:01
我王さま

 喩えているテーマが違います。
 −法務大臣が「法律はどうあれ」という法令無視の発言をしたらー
 という点を言っているので、「朝鮮高校への補助」とを比較しているわけではありません。
 
 >「自由に論じる」こと一般が無制限に認められて、公人の発言が、全て問題視されないことがあり得るだろうか?

 という部分はどう読んだのですか?

>現在の自衛隊は
攻撃を仕掛けられた時に【アメリカからの援軍が展開するまで持ちこたえればいい】程度の戦力しか持っていない
と見る意見が有るそうな

 こういう戦力分析があるとしたらたしかに興味深いですね。

 日本についてだけでなく、モンゴルやベトナムやフィリピンやラオスに関しても、何日持ちこたえられるのか、比較考量できるかもしれない。 


 
Posted by g at 2010年06月30日 17:31
g さん

>喩えているテーマが違います。
>−法務大臣が「法律はどうあれ」という法令無視の発言をしたらー
>という点を言っているので、「朝鮮高校への補助」とを比較しているわけではありません。
じゃあ何故ワザワザ「右翼的思考の諸君は」なんて書いたんですか?
言ったでしょ?「朝鮮高校への補助」への批判もソレを唱える政治家への批判も
「【右翼・左翼】以前の問題だ」
とね

>>「自由に論じる」こと一般が無制限に認められて、公人の発言が、全て問題視されないことがあり得るだろうか?

>という部分はどう読んだのですか?
オレが問題視したのは
【問題のすり替えによって「右翼」に対する印象操作が行われようとした事】
ですよ

もう一度たずねます
何故ワザワザ「右翼的思考の諸君は」なんて書いたんですか?
Posted by 我王 at 2010年07月01日 12:29
>何故ワザワザ「右翼的思考の諸君は」なんて書いたんですか?

話のきっかけが「左翼撲滅」氏の 「現行法規を越えた施策を自由に論じることを封じる行為の方こそ、」だからですよ。

 朝鮮高校が補助を受ける法的根拠があろうがなかろうが、「現行法規を越えた施策を自由に論じる」のをよしとする人は、朝鮮高校への補助を自由に論じる行為については、それをよしとするのか、はなはだ疑問だと推測されるからです。

 当該の学校がその法的要件がないとしても「朝鮮高校への補助を自由に論じる」ことを、「現行法規を越えた施策を自由に論じる」ことをよしとする立場からは、それを認められるとするのかどうなのか。


 右翼・左翼以前に【法を作る側の立場】にある者が【法を蔑ろにする】ことが非難されるべきだ、という場に合、「法をないがしろにする」ことの中には、「憲法をないがしろにする」こともふくまれますか。
Posted by g at 2010年07月01日 23:55
>朝鮮高校が補助を受ける法的根拠があろうがなかろうが
「法的根拠」が無いんですよ
「法的根拠が無い事」を知っているべき立場の者が「朝鮮高校への補助を自由に論じる」など許される行為ですか?

>「法をないがしろにする」ことの中には、「憲法をないがしろにする」こともふくまれますか
左翼撲滅さんは書き込み内でちゃんと言われてますよね?
【憲法改正の手続きは定められている】
ってね
元総理の言葉は「ないがしろ」なのか「事情に合わせた改正」なのかドッチだとおもいますか?

【特別扱い】となってしまう「朝鮮高校への補助」を政治家が論じるのとは違い過ぎます
Posted by 我王 at 2010年07月02日 14:00
>元総理の言葉は「ないがしろ」なのか「事情に合わせた改正」なのかドッチだとおもいますか?

「アメリカに依存し続ける安全保障をこれから50年100年続けていいとは思いません。」という発言ですか?
 自衛隊増強なのか、自衛隊縮小でアメリカ軍に頼らずに防衛なのか、この文章からは明示的にはわかりませんね。アメリカに依存しないと自衛隊による防衛にならざるを得ないと自動的に判断する人もいるでしょうが。

 鳩山発言が憲法をないがしろにしている、という結論をわたしはもっていません。
 ただ、政治家の発言はその影響力が現実にあるゆえに、個人的見解の如何を問わず(個人的見解から言えば、そもそも鳩山氏も小沢氏も改憲を著作で主張しています)、その発言が現行憲法の遵守義務のある公務員として如何かという批判はあり得ると思います。
 
Posted by g at 2010年07月04日 00:00
愛子さまが朝鮮学校に転校が決まったって噂は本当ですか?
Posted by トサマ at 2010年07月04日 12:51
gさん

>自衛隊増強なのか、自衛隊縮小でアメリカ軍に頼らずに防衛なのか、この文章からは明示的にはわかりませんね。アメリカに依存しないと自衛隊による防衛にならざるを得ないと自動的に判断する人もいるでしょうが。

そうですか「わからない」んですね?
わからないのにこの話の流れの中で
【右翼・左翼以前に【法を作る側の立場】にある者が【法を蔑ろにする】ことが非難されるべきだ、という場に合、「法をないがしろにする」ことの中には、「憲法をないがしろにする」こともふくまれますか。】
などという質問をしたんですね?
この質問の意図は【誰のどんな行為を指して「憲法をないがしろにする」行為】としたのかをぜひ教えてくださいな
少なくとも【元総理の「アメリカに依存し続ける安全保障をこれから50年100年続けていいとは思いません。」という発言】じゃないんでしょ?
Posted by 我王 at 2010年07月05日 15:47
この質問の意図は【誰のどんな行為を指して「憲法をないがしろにする」行為】としたのかをぜひ教えてくださいな

句点がないけど、これでまとまった一文ですか?

我王さんの「【法を作る側の立場】にある者が【法を蔑ろにする】のならばコレも右翼・左翼関係なく非難するべき事柄でしょうに」
という発言は、一般論としての言明でなく、「法を作る側の立場」が「法を蔑にした」という特定の場合を想定してのご発言なんですか?
Posted by g at 2010年07月06日 08:31
gさん
>句点がないけど、これでまとまった一文ですか?
句点の代わりに「」【】で括ってあるでしょ

>一般論としての言明でなく、「法を作る側の立場」が「法を蔑にした」という特定の場合を想定してのご発言なんですか?
「政治家」という事で「法」という言葉を用いましたが、コレは【ルール】と言い換えてもいいんです
【自分達が決めたルールを他人には守らせようとし、自分達はルール破りを当然のように主張する】
って許される事だとでも思ってます?
そんな事すれば非難されても当然でしょうに
コレって【一般論的な考え方】じゃないんですか?

で、わたしの【右翼・左翼以前に【法を作る側の立場】にある者が【法を蔑ろにする】ことが非難されるべきだ】という言葉に関連しての
【「法をないがしろにする」ことの中には、「憲法をないがしろにする」こともふくまれますか。】
というアナタの質問の【「憲法をないがしろにする」こと】は「【誰】の【どういった発言】」を想定しての質問ですか?
Posted by 我王 at 2010年07月06日 08:57
 >句点の代わりに「」【】で括ってあるでしょ

 この質問の意図は【誰のどんな行為を指して「憲法をないがしろにする」行為】としたのかをぜひ教えてくださいな

 わたしが言っているのは、くださいな、の後に「。」があるのか、の確認です。

【「法をないがしろにする」ことの中には、「憲法をないがしろにする」こともふくまれますか。】

 特定の発言を想定するのではなく、
【一般論的な考え方】
としての質問です。
Posted by g at 2010年07月08日 00:32
「アメリカに依存し続ける安全保障をこれから50年100年続けていいとは思いません。」

という発言は、自衛隊増強(自主防衛)を必ず意味するとは限らず、「軍縮」による平和の追求を意味することもあり得る。少なくとも、武力・武装に疑問を持っつ立場うの人はそう発送してもおかしくはないのではないか。
 その意味で、ブログ主に対しても揶揄を含む発言なのだが、気づく人は少ないようだ。
Posted by g at 2010年07月08日 00:59
>わたしが言っているのは、くださいな、の後に「。」があるのか、の確認です。
段落を変えてるんですがわかりません?

>特定の発言を想定するのではなく、
>【一般論的な考え方】
>としての質問です。
ならワザワザ「憲法を」などと強調せずとも【法を】とコチラが書いている事で理解出来ると思いますけど?
Posted by 我王 at 2010年07月08日 05:47
2010年07月08日 00:32 の「g」さんと
2010年07月08日 00:59 の「g」さんは
同一人物ですか?

>「軍縮」による平和の追求を意味することもあり得る。
国としての【安全保障のこれから】を語るのに【国防力の縮小】を語るなんて普通は考えませんよ
【世界規模での軍縮による平和】を語るのならそういった考え方もあるでしょうけどね
Posted by 我王 at 2010年07月08日 05:57
どうでもいいけど、文末に「。」を打ってくれないかな。


 【世界規模での軍縮による平和】のためには、自分の国から軍縮すべきだ、という意見もあって、日米安保否定派はそういう考え方に立つから、鳩山発言もその文脈で考えてもいいはずなのに、当然のように「自衛隊増強」に違いない、と前提しているのが矛盾ではないか、ということです。
Posted by g at 2010年07月08日 12:56
基地反対派の擁護をするワケじゃないけど

元総理には、それ以前にした「抑止力発言」をした事実がありますし、そんな考え方にはまずならないと思いますけどねぇ?
Posted by 我王 at 2010年07月08日 15:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

鳩山首相辞任、小沢幹事長とともに
Excerpt: 前の項で、「離れるほうも、離れられるほうも傷つくし、消耗する」と書いた。もはや政権には、消耗したダメージから立ち直る力は残っていなかったということである。 鳩山首相が両院議員総会で辞任を表明した..
Weblog: 虎哲徒然日記
Tracked: 2010-06-03 11:50