2010年06月13日

自民党と酷似していく民主党が、辺野古での基地建設を進め、米軍の訓練を全国に拡散

菅首相は今月11日に行った所信表明演説で、23日の慰霊の日に沖縄を訪問すると発表しました。そして、
「沖縄を襲った悲惨な過去に想いを致すとともに、長年の過重な負担に対する感謝の念を深めることから始めたい」
としました。
(所信表明演説より http://www.kantei.go.jp/jp/kan/statement/201006/11syosin.html

「長年の過重な負担に対」して「感謝」はするものの、その沖縄の辺野古(へのこ)に新しい米軍基地を造るつもりです。

所信表明演説と同じ11日、民主党は次の参議院選挙用の政権公約(マニフェスト)を決定しました。

↓ここから引用
--------------
米軍普天間飛行場移設問題では、名護市辺野古への移設を明記した5月末の日米共同声明に基づき対応する方針を明記する。
--中略--------
会議後に会見した細野豪志幹事長代理は、米軍再編について2009年の衆院選時のマニフェストでは「見直しの方向で臨む」としていた表現から、日米合意を踏まえる表現に「修正する」(細野氏)とし、同移設問題は「日米合意を前提として、どう(沖縄の)軽減を図っていくのかという、次の段階に来ている」と述べた。
--------------
↑引用ここまで
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-163404-storytopic-3.html

「日米合意を踏まえる」つまり辺野古に基地を造りながらも、沖縄の負担を「軽減」するなどと言っています。

そして、12日に菅首相が東京都内で行った就任後はじめての街頭演説では、

「国民が多少の代償を払っても国を守り、育てようというのが外交の力だ。国民がどれだけ国の在り方に責任を持とうとしているのかで決まる。」
と発言しました。
http://www.47news.jp/CN/201006/CN2010061201000531.html

菅首相は「代償」「責任」「国を守り」といった言葉で、全国各地に米軍の訓練を押しつけようとしています。

5月28日の日米外交・防衛担当の閣僚による共同声明では、
日米合同訓練と米軍単独での訓練など「米軍の活動」を沖縄から全国に「拡充することを決意した」
とされています。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/usa/hosho/joint_1005.html

2006年の米軍再編で自民党政権が「沖縄の負担軽減」という名目で全国各地の自衛隊基地に米軍の訓練を拡散したのを、民主党がさらに拡げようとしているのです。

iten.gif
(画像は防衛省のサイトより「訓練移転及び緊急時使用」)
http://www.mod.go.jp/j/approach/zaibeigun/saihen/iten.html

(訓練の移転等について以前書いた文章は以下です。)
http://atsukoba.seesaa.net/article/54180345.html
http://atsukoba.seesaa.net/article/144244573.html

(DVD『基地はいらない、どこにも』では米軍再編による訓練移転についても描いています。)
http://kichidoko.exblog.jp/

米軍再編で、沖縄の嘉手納基地で行われていた訓練は全国に拡散しましたが、嘉手納基地にはその後、米本土などからやってくる外来機が訓練を続け、結局、嘉手納基地での爆音は減りませんでした。

「負担軽減」の名目で全国で基地強をするという計画は、認めるべきではありません。

posted by あつこば at 11:12| Comment(23) | TrackBack(2) | 普天間「移設」関連 2010年6月〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そういった計画が出て来るのは
「あなた方のような【基地反対派】の行う【抗議行動】」
が元凶なんだという【自覚】を持って下さい
Posted by 我王 at 2010年06月29日 10:33
我王さん、こんにちは。

|そういった計画が出て来るのは
|「あなた方のような【基地反対派】の行う【抗議行動】」
|が元凶なんだという【自覚】を持って下さい

 一連のご発言いずれもそうなのですが、物事の考え方の本末が転倒していますね。

 基地が必要だといっている人が、その元にあるのをここで無視しないでください。そして、どうして基地が必要なのかという判断と、それによって利害を得ている人たちがいることを無視しないで下さい。
 元凶を遡らず、被害を受けている末端の人々を非難するのは、甚だおかしいのです。

 ただここではっきり判りますのは、貴方のようにこういうことをいう方によって、平和を壊し、戦争に進ませてきたというこれまでの過去の歴史です。
Posted by Jitoh at 2010年06月30日 13:57
Jitohさん

>貴方のようにこういうことをいう方によって、平和を壊し、戦争に進ませてきたというこれまでの過去の歴史
アナタの主張している事は、あくまでも【過去】であって【現在】でも【未来】でもゴザイマセン

現実は見えてますか?
いくら「日本はもう戦争はしない」と宣言したところで【他国に攻め込まれないだけの力】が無ければ何の効力も持ちませんよ
そんな言葉

そして、日本の隣国である韓国・北朝鮮の間で起こっていた「朝鮮戦争」は【終わっていない】という事実は認識出来ていますか?
日本はその韓国・北朝鮮、更には中国とも問題を抱えている事も認識して下さい
表面上の平和が続いてるってだけです、【戦闘行為】が起こっていないってだけなんですよ

ソレが認識出来れば【基地はいらない】などという主張をする事は、単なる「平和ボケ」でしかないと理解できる筈です
Posted by 我王 at 2010年07月02日 13:11
我王さん、

|ソレが認識出来れば【基地はいらない】などという主張をする事は、単なる「平和ボケ」でしかないと理解できる筈です

 現実は逆で「軍備があれば安全」と考えること自体が、あなたの言う呆けと指摘していますが、わからないようですね。
 また、海外の友人を持つと、他国を単純に敵視したりもできません。どうして、殺し合いをしたいと望むのでしうょうか。お労しく感じますが、こんなことをして恥ずかしいと感じる心もないのは問題だと思います。。
Posted by Jitoh at 2010年07月03日 08:56
>どうして、殺し合いをしたいと望むのでしうょうか
誰が殺し合いをしたいなんて言いましたか?
私は【他国に攻め込まれないだけの力】と言ったんですが?
【抑止力】って言葉知ってますか?
戦わないで済むならそれにこした事はないのは当たり前でしょ

>海外の友人を持つと、他国を単純に敵視したりもできません
あのね、誰が「単純に敵視しろ」なんて言ってます?
現実を認識した上で反論しなさいな
だいたいね、【個人レベルの付き合い】と【国家間の問題】を一緒にしないように
Posted by 我王 at 2010年07月03日 13:32
|【抑止力】って言葉知ってますか?
|戦わないで済むならそれにこした事はないのは当たり前でしょ

 そういって、他国と戦争をしてきたのでしょう。結局抑止力にもなにもならないのを誰もが知っています。

|だいたいね、【個人レベルの付き合い】と【国家間の問題】を一緒にしないように

 そんな馬鹿な。一番大切なことのはずですが。更に、国家間の問題ならさらにそうです。日本はいずれの国とも綿密な経済関係を持っていますが、それを知らないで「他国に攻め込まれる」って、馬鹿じゃないですか?
Posted by Jitoh at 2010年07月03日 14:09
戦争になるのは【抑止出来る限度をこえるから】ですよ
双方共にね
そうなる前に問題を解決すればいいんですよ
過去のあやまちを教訓にしてね
その時間を稼ぐ為にも必要なんですよ【抑止力】ってのはね


綿密な経済関係?
その【綿密な経済関係】とやらを築いているハズの韓国や中国と【領有権争い】をしている【現実】は無視ですかい?
しかも韓国は【武力による実行支配】までしているときたもんだ
日本側は平和的に【国際法廷で争いましょう】と言い続けているのに

オレにだって韓国人や中国人の知り合いぐらいいます
みんな日本人と同じように普通につきあえる人達ですよ
でも【国レベル】となるとそれぞれ立場が違ってくるのは当たり前でしょ
そんな事もわかりせんか?
Posted by 我王 at 2010年07月03日 15:00
【領有権争い】程度では【戦争】にはならないのも現実ですね。

自衛隊があっても、日米安保があっても韓国による【武力による実行支配】(あるいは【実効支配】)は阻止できない。
という言い方もできるのかな。


それで、どういうのが日本のあるべき姿とお思いなのかな。
米軍に日米共同で竹島から韓国軍を排除しようと日本が提案すべき、という意見なのかなな?
「左翼は空想的」というのはいいけど、その先の意見も伺いたいものだ。
Posted by a at 2010年07月04日 00:49
我王さん、

|綿密な経済関係?
|その【綿密な経済関係】とやらを築いているハズの韓国や中国と【領有権争い】をしている【現実】は無視ですかい?

 領有権を争うのは当然ですよ、経済の問題なので。しかし、その解決方法として武力行使にはならない。この当たり前に気づかないのはおかしいのです。
Posted by Jitoh at 2010年07月04日 11:37
アメリカ大使館からオバマの接待場所に関する問い合わせがありました。
上社本宮に行きたいが、案内してくれだそうです。
俺、喪中だから神社の鳥居は潜れないんだよ。

案内役は藤原正彦さんが適当かねぇ?

俺の祖父の子分の息子だし。
Posted by トサマ at 2010年07月04日 13:01
aさん
>自衛隊があっても、日米安保があっても韓国による【武力による実行支配】(あるいは【実効支配】)は阻止できない。
>という言い方もできるのかな。

Jitohさん
>領有権を争うのは当然ですよ、経済の問題なので。しかし、その解決方法として武力行使にはならない。この当たり前に気づかないのはおかしいのです。

どちらさまも
【現在、「自衛隊が存在する事」、プラス「米軍が日本国内に駐留している事」】
が他国からの【武力行使に対する抑止力】になってなどいない事を証明してくださいな

aさんは
韓国に対しては「法的な場」による【武力を使わない平和的解決】をあえて選択し続けた結果だという事実
を踏まえて【武力による抑止力は効果が無い】という証明を

Jitohさんは
「領有権問題」および「経済的問題」が行き着いた結果の武力行使は有り得ない事
を「あなたが2010年06月30日 13:57に言っていた【過去の(戦争の)歴史】」を踏まえての証明をお願いします
Posted by 我王 at 2010年07月05日 18:15
我王さん、

 小学校低学年から教えている歴史と道徳からここで講義するのと同じです。
 自分では何も反証を示さずによく知られた常識である事柄の証明を要求するのは、甘えの極みですね。自分で考えることができず、コピペするだけのあなたに説明したところで、何も理解できないのは最初から知っています。
 膨大なコメントを書き込んで荒らしをするための、大義名分が欲しいだけなんでしょうね。相手にすると思っていたら間違いですよ。
Posted by Jitoh at 2010年07月05日 22:30
Jitohさん

>小学校低学年から教えている歴史と道徳からここで講義するのと同じです。
「領有権問題」「経済的問題」が原因で戦争が起きる事は無いんでしょ?
アナタの主張なら
でもね、アナタが持ち出した【過去の(戦争の)歴史】には「戦争の原因」として存在してますよね
「矛盾してしまうから説明出来ない」ってハッキリ言ったらどうですか?

>自分では何も反証を示さずによく知られた常識である事柄の証明を要求
「根拠とする事実」も示さずに反論してるのはそちらでしょ?
それで「自論の方が正しいんだ、コチラのいう事を信じろ!」なんて言ってるアナタの方こそ
【甘えの極み】
ですよ

>自分で考えることができず、コピペするだけのあなた
コピペする【だけ】?
自分が相手の【どの意見に対して反論しているのか】をハッキリとさせる為に【引用】としてつかってるんですけどねぇ
その後に書いてある私の意見が見えないんですか?

>膨大なコメントを書き込んで荒らしをするための、大義名分が欲しいだけ
「自分の考え」を正当化する為に【事実】を付き付ける者を「右翼」だ「荒らし」だと認定して
【荒らしを排除する】
という【大義名分】を掲げて逃げてるのはそちらでしょ

>相手にすると思っていたら間違いですよ。
相手してるじゃん
反論できなくなって逃げたがってる者の捨てゼリフにしか聞こえません
Posted by 我王 at 2010年07月06日 08:29
 >韓国に対しては「法的な場」による【武力を使わない平和的解決】をあえて選択し続けた結果だという事実
を踏まえて【武力による抑止力は効果が無い】という証明を

まず、「“あえて”選択し続けた」ということは、武力を使う解決も現実にあり得た、という主張ですね?

 韓国が、「日本の固有の領土」(両国で係争中の領土)を武力による実効支配をした時、日本は自衛隊を派遣して排除しようとしたとします。そうすると韓国は、「米韓相互防衛条約」(名前は後で確かめてもいいけど)に、一方が攻撃されたら協力して反撃するという条項があるから、米軍の協力を要求できることになります。断れば米・韓関係がおかしくなるでしょう。しかし、米軍は日本との関係も悪くはしたくない。米軍としてどうするかといえば、日本が韓国に対し軍事的行動をとろうとした場合、政治的に圧力をかけてやめさせることを選択するでしょう。
日本が韓国に対して軍事行動を起こし、日韓関係が武力紛争を抱える状態になることは、北朝鮮を利するだけだし、中国のプレゼンスに対抗するという長期的、根本的なアメリカの利益に違背します。
かりに日本が憲法9条を持たず、日米安保条約だけがあったとしても、アメリカは日本の領土的主張を支持して、現実に北朝鮮の脅威と対峙している韓国を攻めるのに協力することはないし、日本の攻撃を支持することもないというほうが、日本を支持して日米安保条約を発動して、韓国攻撃をする可能性よりもずっと大きい。

その点では、反日感情を政権の支持に利用とするような韓国の政権の「冒険主義」に対して、日米安保による米軍の存在は、韓国の意図を抑止することにはつながりません。
わたしは、それが現実的な判断だと思います。

それとも、日本が「あえて武力解決」を選ばなければ、在日米軍は自衛隊と共同して韓国軍に軍事行動をするに違いないというご主張ですか?

質問して、問われたことにこたえないという見え透いた手を使わずに、自分の判断を示してほしいものです。
Posted by a at 2010年07月07日 09:56
>まず、「“あえて”選択し続けた」ということは、武力を使う解決も現実にあり得た、という主張ですね?
そりゃあ有るでしょ
日本側からみれば【武力による侵略行為】を行われたと判断してもおかしくない行為ですからね
【国土防衛】の為に武力を使っての排除を選択したっておかしくはないでしょ?

>一方が攻撃されたら協力して反撃するという条項があるから、米軍の協力を要求できることになります。
ソレは【自らが仕掛けて反撃された場合】も含まれますか?

>日本が韓国に対し軍事的行動をとろうとした場合、政治的に圧力をかけてやめさせることを選択するでしょう。
そうですねぇ、おそらく日本の軍事的行動をおさえようとするでしょうねぇ
でもね、米軍が【日本との関係も悪くはしたくない】と考えるのならば、【日本にのみ圧力をかける】などという事はしないでしょう
日本に対して軍事的行動を起こすのをやめさせると同時に、その原因である韓国の【武力による実効支配】もやめさせようとするでしょうね、常識的な判断が出来るのなら
つまり、(日米安保による)日本国内の米軍の存在が、韓国の【武力による実効支配】に対する抑止力となります
日米間・韓米間の両方の関係悪化を望まないんならそうするしかないでしょ?

>日米安保による米軍の存在は、韓国の意図を抑止することにはつながりません。
>わたしは、それが現実的な判断だと思います。
アナタが言ったように、日本が「軍事力」を使おうとすれば確かにアメリカが出張ってくるでしょう
と同時に上記したように【韓国側に対しての動き】も当然起こすハズです
日本と韓国の間に入って仲裁しようとするでしょうね
日米安保によって日本国内に米軍を存在させているからこそね
そちらの方が現実的な判断でしょ

>日本が「あえて武力解決」を選ばなければ、在日米軍は自衛隊と共同して韓国軍に軍事行動をするに違いないというご主張ですか?
誰もそんな事は言ってませんが?っていうか、もしかして間違えました?コレ→【日本が「あえて武力解決」を選ばなければ】
いくら日本が「武力解決」を選んだところで、「在日米軍は自衛隊と共同して韓国軍に軍事行動をする」事は無いでしょうね
逆に「どちらの国にも肩入れしない【中立的立場】」を取るでしょうね
Posted by 我王 at 2010年07月07日 21:04
>質問して、問われたことにこたえないという見え透いた手を使わずに
コレ↓の事?
>それで、どういうのが日本のあるべき姿とお思いなのかな。
>米軍に日米共同で竹島から韓国軍を排除しようと日本が提案すべき、という意見なのかなな?
もっと「日本として、武力を使って牽制」ぐらいはした方がいいと思ってますよ
米軍とは関係無く、ね
コチラが手を出さないのがわかってるから、向こうも好き放題やるんですし
【武力の持つ抑止力】をもっと有効に使えばいいんですよ

最初から言ってる事でしょ


で、こちらが出した質問
韓国に対しては「法的な場」による【武力を使わない平和的解決】をあえて選択し続けた結果だという事実
を踏まえて【武力による抑止力は効果が無い】という証明
はまだですか?
「武力を使わない【平和的解決】」がもたらした「韓国側の【武力による実効支配】の継続」という事実は現在の状況で証明できてるでしょ

もう一度言いますね
いくら「日本はもう戦争はしない」と宣言したところで【他国に攻め込まれないだけの力】が無ければ何の効力も持ちませんよ
そんな言葉
Posted by 我王 at 2010年07月07日 21:08
>そうですねぇ、おそらく日本の軍事的行動をおさえようとするでしょうねぇ
 でもね、米軍が【日本との関係も悪くはしたくない】と考えるのならば、【日本にのみ圧力をかける】などという事はしないでしょう
日本に対して軍事的行動を起こすのをやめさせると同時に、その原因である韓国の【武力による実効支配】もやめさせようとするでしょうね。

 >いくら日本が「武力解決」を選んだところで、「在日米軍は自衛隊と共同して韓国軍に軍事行動をする」事は無いでしょうね
逆に「どちらの国にも肩入れしない【中立的立場】」を取るでしょうね

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AB%B9%E5%B3%B6_(%E5%B3%B6%E6%A0%B9%E7%9C%8C)

 「韓国に対しては「法的な場」による【武力を使わない平和的解決】をあえて選択し続けた結果だという事実を踏まえて【武力による抑止力は効果が無い】という証明」というのは、具体的にどういうことをいうのか、今ひとつ理解できない。武力を使わない平和的解決をあえて選択しない、ということは軍事行動を起こすということでしょうか。
 この日韓の係争地は竹島と日本では呼ばれるので、以後は竹島で通します。
 抑止というのはそれを起こさせないということだけど、ここでは事後的に現状である竹島の【韓国による実効支配】をやめさせる、あるいは1953年ころ、韓国が占領して武装化してきた状態を未然に防ぐこと、の両方を含めて抑止と呼ぶことにします。

 まず李承晩時代に竹島が韓国に占有されるときに、日本が軍事力や日米安保があったかというと、旧日米安保条約があり、警察予備隊ができ保安隊になったころですね。保安隊は国内の治安維持が目的だから、竹島の保全ができたかわからないけど、韓国の方も大した軍事力ではないだろうから、実力行使をすれば竹島を占拠した「部隊」を排除することはできたでしょう。竹島を占拠したメンバーは海上保安庁の船に発砲をしたといいます。
 そのころ、日本が竹島に対して軍事行動を起こすとしたら、アメリカに制止されたし、アメリカが韓国に退去を要求したら拒否されたでしょう。李承晩大統領は反日姿勢のつよい強硬派の独裁者です。アメリカの説得を聞くはずがない。日本が攻めてくるなら別に構わない。日本との関係など悪くなってもいい。(そもそも日韓に国交はない)そう主張して突っぱねたでしょう。アメリカはそんならお前の事など知らないと韓国政権を切って捨てるわけにはいかない。朝鮮戦争が休戦したばかりのころです。反共の最前線を弱体化させることはできない。まあクーデターを起こさせて政権を代えるのは、アメリカのやりがちなことですが、次の政権が素直にいうことを聞くのかは疑問です。
 その当時は軍事的圧力と言っても海上保安庁の小さな機関砲がついた船を差し向ける。韓国の方も機関銃を応射する程度の軍事行動でしょう。でも日本はサンフランシスコ講和で国際社会に再デビューするころ合いです。もう一度日本が軍事行動をするなんて、とんでもないことです。領土の係争で日本の方が正しいと思う国でも、日本が実力で占有を排除することを認めることは考えにくい。島を占拠するのは人身を傷つけませんが、それを排除するのは相手の身体を拘束しなければならない。軍事的・警察的実務として難しい。 (続く)
Posted by a at 2010年07月10日 15:34
 独裁者は竹島の部隊が殺されたって、日本が悪者になり自分への批判が日本にそらされて好都合だから言うことを聞かない。アメリカの圧力には、「反共の砦」を盾に抵抗する。
 それでも日本が軍事的手段を使うとすごむとしたら、アメリカは日本だけをやめさせるか、では中立を守るからと仲介をやめるでしょう。ボールを投げ返された日本は、軍事行動に追い込まれます。振り上げた拳を引っ込めるのは技術が要ります。
 当時の日本は1960年のオリンピックと1964年のオリンピックに立候補していた時期です。国際紛争を起こすなど正気の沙汰ではありません。
 李承晩時代に竹島をめぐって軍事行動を起こしたら、東京オリンピックはないし日本の高度経済成長もずっと低めのものになったはずです。国益の面から見て、軍事行動など選択できる政策ではありません。

 その後、李承晩政権が倒れ、日韓国交回復交渉が始まった。そのタイミングで日本が軍事行動をするのも無理です。アメリカは国際司法の場で話し合うように薦めたようですが、韓国はずっと拒否した。そこで日本が軍事行動を起こすとなると、アメリカが韓国を秘密裏に説得しようとするかもしれません。しかし、そこで韓国が撤退したら韓国の政権は倒れます。反日意識は燃え上がり更に不安定になる。アメリカは韓国を説得しきれない
 このほうが歴史の推定としてあり得ます。いくら韓国政府の現実派が占有をやめる程度の妥協をしてもいいと考えても、韓国の反日的な世論、その当時は日本文化の輸入なんて厳禁ですから、日本が軍事力をちらつかせて、それで政府が竹島(韓国では独島)から引き上げるなど、政権の基盤に関わります。日本が武力行使するのなら好きにしていい。それに反撃はしないまではアメリカの顔を立てよう。でも竹島にいる部隊はひかないといって拒否するのが一番ありそうな展開。説得するなら日本の方を説得しろと、アメリカの説得を拒否しますよ。
 特に軍事独裁政権の間は、韓国では日本と戦争になっては困るからという世論が仮に一部にあっても、それを弾圧できるし、強硬姿勢を貫いているほうが政権は安定する。朴政権は大統領が日本の士官学校でだし、朴大統領は竹島を米軍の射爆場にして海に沈めてしまえばいい、と発言したといいますから、自国の領土保全というメンツより実利を優先したかもしれません。その場合でも、日本が軍事行動を起こそうとしたら、かえってアメリカの説得など聞けなくなります。形の上では、日本の圧力に負けたことになります。

 ともかく、米軍は軍事的には中立の立場をとります。政治的にアメリカは、日本が軍事行動を起こそうとしたら、そのことに不快感を示して、日本に対してかなりな圧力をかけるはずです。日本の政治家のスキャンダルを暴くとかも含め。韓国にも絶対に妥協させなければ日米関係が壊れるなんて配慮はしませんよ。韓国が妥協しなくても日米関係が壊れることはない。韓国をアメリカが説得しなくても、困るのは日本だけで、ならばアメリカとの関係を見直す、などとは日本の保守政権はいえない。アメリカに圧力をかけるなら、竹島に対して軍事行動を起こす(そぶりをして)アメリカに圧力をかけるより、思いやり予算の見直しの方が手っり早いけど、そんなことはできない。韓国に軍事行動を起こす方が政策としてやりやすいというなら、どうぞご勝手に米軍抜きで軍事行動をしてみればいいんですよ。
 アメリカがあたふたして、韓国を説得してくれるだろうなんて自分勝手な希望的観測です。
Posted by a at 2010年07月10日 16:42
 考え方が甘ちゃんすぎますよ。
 国際政治なんて、「毅然とした態度をとれば」なんて口先でいっても相手は動かないでしょう。
 あえて平和的解決を選択しない、なら、韓国と「戦争」と言わないまでも「武力衝突」になるわけです。なるべく警察的な行動で人命を尊重しながら竹島に駐留する韓国の部隊を追い出そうとするけど抵抗されて武力衝突になる。海上保安庁ではなく自衛隊が出ていくとなると、自衛隊の初めての実戦になる。それで実力排除しても、日本の世論は「勝った、勝った」と大喜びはしないでしょう。大人の国ですからね。その後、韓国の世論は沸騰するけど、日本は占有しないで撤退してどうなるか。再占領はしないことぐらいは国際圧力で達成できるかな。


 軍事行動を起こすという選択をするのなら、当然に自衛隊が人を殺す場合が起こりえることを覚悟しなければなりません。その覚悟がなくて、強い態度を日本が示せば、アメリカが相手をなんとか説得してくれるだろうなどとは虫のいい話。
 福田恒存氏は、日本の進歩的文化人が実はいざとなればアメリカが守ってくれるという依頼心があると指摘したけど。
「毅然とした日本の姿勢」という場合に、そうすればアメリカがなんとか動いてくれるなどと頼ったことをいうのは進歩的文化人と同じ甘えです。


Posted by a at 2010年07月10日 17:06
現実的な想定としては、日本が軍事力の発動をしようと試みれば、初期の段階でアメリカはつぶそうとするでしょう。まず文化人、経済人、官僚OBなどに働きかけて、軍事力行使などという政策を打ち出さないように、猛烈に圧力をかけます。フルブライト留学組など幅広い人脈をこういう時に使わないでいつ使うんだという勢いで、大圧力をかけます。またマスコミ工作もするでしょう。
 自衛隊にも圧力をかけるでしょうね。向こう数年間の日米合同軍事演習は都合により延期というような、理由をあえて言わなくても圧力とわかる措置を取る。
 あからさまに圧力をかけると日本政府の引っ込みがつかなくなるという判断から、公然とした圧力はコントロールされたものになるかもしれません。その場合でも、軍事的には中立、政治的には、日本の姿勢が強行ならば、基本的には日韓関係だから仲介はしない、という姿勢になるでしょう。全ては日本の責任でやれと突き放さないと、自分の方に責任が回ってくる。表面は中立とか偏らないといいながら、陰では日本政府に大圧力をかける。野党と米大使が会談とか、いろんな方策をとるでしょう。自民党政権を倒すぐらいは躊躇しません。野党も強硬姿勢だとちょっと困るし、日本の世論が強硬策支持だとするともっと困るけど、韓国に圧力をかけるより、日本を制止する。
 アメリカにしてみれば、韓国がちょろちょろ竹島を占領したって、大したことではありません。それを日本が武力解決しようと動くというのは、アメリカのメンツをつぶす行為、同盟関係への裏切り行為ととるはずです。
 先に占領したのは韓国だなんて中学生じみた議論は、国際政治で通用しません。
 考えてみればわかると思いますが、シンガポールとかインドネシアとか、あるいはヨーロッパでもいい。韓国が竹島を占領したとしても新聞記事にはなりませんよ。日本が軍事行動の準備をして、軍艦の艤装をしたとなったら大ニュースとして世界で報道されます。

Posted by a at 2010年07月10日 23:15
 そこで問われるのは、どちらが先に係争地を占拠した等ということではありません。軍事行動(戦争)によって国際問題に対処しようとしたことが問題となる。
 韓国の占拠がアジア地域の平和と安定を損なっていると思う国はないけど、日本が軍事行動をするとなったら、日米安保による地域の平和と安定など、実際は果たされてないではないか、と大反発が、アメリカ国内からも起こります。
 朝鮮戦争で一緒に戦った韓国軍兵士と米軍兵士の記念写真とか、アメリカのメディアははやし立てる。もっと後ならベトナム戦争でも米韓の兵士は戦友だったなどという話が、韓国のメディアにはあふれかえり、一部はアメリカのメディアにも報じられる。日本は孤立します。
 
 アメリカにしてみれば、日本が軍事行動を起こさなければ、日韓の領土問題には関与しないだけ言っていれば済むものを、日本が軍事行動を起こそうとすると、竹島は日米安保で定める日本の領域か、という問題が出てくる。それに対して、アメリカは否定するでしょう。米韓の安保の方も、竹島を保全する韓国の領域とすることは否定すると思うけど。そんな事態を引き起こした日本の政権を、何としても倒そうとするでしょう。
実際には、アメリカのインテリジェンスは、そんな事態が起こる前に日本政府が軍事行動など起こさないようにあらゆる手をうつ。
事態が防げなかったら駐米大使は更迭、在日米軍司令官も、これは責任問題でなく日本へのメッセージとして移動させる。
 アメリカのアジアでのプレゼンスの大きな目的の一つは、日本に単独の国家主義的な軍事行動を起こさせないことです。
 アメリカの新聞には「飼い犬に手をかまれた」、「日本の軍国主義は復活か?」ぐらいの見出しは平気で載りますよ。そのとき、どっちが先に無主の係争地にちょっかいを出したなんて子供じみたことは問題になりません。ニュースバリューとしては、かつての敵国・日本が戦争で物事を解決しようとした、というところが大きく扱われる。
 くどいようですが、これは、親日とか日本の領有権の主張が正しいかどうかではない。
 自分が、東南アジアとか他の国の特派員で、日本文化も日本も大好きだと想定します。日本の政治も、韓国の軍事独裁政権よりずっと民主主義的だとして尊敬している。日本の領有権の主張の方が理解できる。韓国の竹島占有は独裁政権が外に向かって敵を作る意図ではないか、と批判的に思っている。例えそうであっても日本が軍事行動を起こすとなったら、ニュースバリューは、「日本は再び戦争をする国になったのか」というところにあると思い、その線で取材するでしょう。なるべくエキセントリックな日本悪者論にはのらないようにしようと配慮はするでしょうけど、日本の軍事政策を理解も容認もすることはないと思いますね。
Posted by a at 2010年07月10日 23:21
これまでは、「【武力を使わない平和的解決】をあえて選択し続けた結果」と云々の言い方、これを言いかえれば、「武力行使を辞さない選択」を言うとき、「それは憲法違反」という反論しか想定しないで、相手を「空想的平和主義」とマ言えば済むと、マスコミの口真似をしてきたというのが一般の右派言論ではないのか。
 自分がどれだけ現実の国際情勢を把握できているのかという自己点検が、そこには欠如していると思える。
Posted by a at 2010年07月11日 23:42
自分は反米保守の立場。はっきり言って、親米保守は目障りでしょうがない。
「ネトウヨ」と呼ばれる類の連中には、朝鮮学校の高校無償化に反対する人はいても、アメリカンスクールに反対する人は見ない。
アメリカンスクールに通うアメリカ人達にも日本国籍を取れって迫らないのか?
「在特会」に代表されるように、この類の連中は強い相手には攻撃しない。
愛国だの国防だのと威勢だけは一人前。
「中国の軍拡に備えるために沖縄以外の都道府県にも新たな米軍基地を建設して国防強化だ」
くらいのことは言えないのかね。
覚悟も勇気も中途半端。
だからいくら虚勢張っても説得力ゼロ。
弱い犬ほどよく吠える。
「親米ポチ」とはよく言ったものだ。
Posted by ふらんく at 2010年07月16日 20:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

★沖縄は再び日米同盟の生け贄か?
Excerpt: 画像はクリックで拡大します。★沖縄は再び日米同盟の生け贄か?参議院選挙を前にした
Weblog: ようこそイサオプロダクトワールドへisao-pw
Tracked: 2010-06-13 23:32

日米安保を問い直す 新聞の責任を問い直す
Excerpt:  新聞労連結成60周年記念しプレシンポ  「日米安保を問い直す−新聞の責任を考える」 記念講演  「日米安保とジャーナリストの課題」ジャーナリスト 原 寿雄 氏 ドキュメンタリー上..
Weblog: JCJ機関紙部ブログ
Tracked: 2010-06-24 10:54