2010年07月18日

辺野古でみ生息している新種?の海藻を発見!

【滑走路は一本になるかも】

普天間「移設」をめぐる日米専門家協議についてはあまり報道が見つかりません。災害報道で埋もれがちなのに加え、協議の内容を公表していないためでしよう。

http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100718/plc1007180145000-n1.htm
によると、アメリカ側は
「複数案は受け入れられない」ので「V字か1本か滑走路案を絞り込むよう日本側に要請を強めている」そうですが、「現行案のV字滑走路ではなく、日本側が修正を検討している1本の滑走路でも受け入れ可能」としたそうです。
理由としては「14年までに移設を終えるには、1本の滑走路の方が工事が簡略で済む」ということですが、
http://www.yomiuri.co.jp/feature/20091215-481540/news/20100717-OYT1T00015.htm
によると、
同時に進めている海兵隊の一部グアム移転に関しては「グアム側がインフラ整備計画の不備などを理由に移転完了時期の延期を求めている」ために米上院歳出委員会が予算を75%カットしたため「米側の事情で、日米両政府が06年に合意した14年までの移転完了が遅れる可能性が出てきた」そうです。

辺野古での計画は、滑走路を一本にしても騒音や事故の危険性、そしそて環境破壊の問題は解決にはなりません。

そして、環境面でも新たな問題が出てきました。

【辺野古でみ生息している新種?の海藻を発見!】


http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-165068-storytopic-53.html
に地図が掲載されていますが、まさしく現行案で埋め立てるとされている場所で、新種とみられる海藻4種が生息していることがわかりました!

2006年に日米合意したV字滑走路案

新種とみられるのは、

イソノハナの仲間
スジコノリの仲間
ウミウチワの仲間
ミルモドキの仲間

で、調査をした東京海洋大海洋科学部の大葉英雄助教(熱帯海藻学)によると、「ここが埋め立てられたら即絶滅につながる」そうです。

http://www.asahi.com/special/futenma/TKY201007150648.html
では、「見つかった海藻は、琉球列島の中でもこの海域にだけ分布している可能性がある」と書かれています。

http://www.okinawatimes.co.jp/article/2010-07-17_8155/
によると、大葉助教は辺野古周辺が「海藻の宝庫であることは間違いない」としたうえで、
↓ここから引用
--------------
国が実施している環境影響評価(アセスメント)について「琉球列島の海藻は季節性があり、毎年7月から12月の間はなくなってしまう特徴がある。アセスはその時期に調査されており、不適切だ」と不備を指摘した
--------------
↑引用ここまで
そうです。

ジュゴンだけではなく、サンゴやさまざまな貴重な生物が大浦湾には生息しています。今年10月には名古屋でCOP10(コップテン/生物多様性条約 第10回締約国会議)も開催されます。環境問題からも辺野古での基地建設は絶対にしてはいけないと言えるでしょう。


【追記】
この問題について、8月31日以降の動きについては以下にまとめていきます。
http://atsukoba.seesaa.net/category/8713942-1.html

posted by あつこば at 07:52| Comment(3) | TrackBack(2) | 普天間「移設」関連 2010年6月〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
元々がV字型二本の滑走路は埋め立て利権拡大の為に風向きで飛行経路を変えて騒音を抑えるという屁理屈から出た物で米国側が要求した事は無いのです。
一番の問題はSACO合意でもロードマップでも米国が明言している「戦闘機の運用は想定せず」1300m滑走路の筈が地元とゼネコンの意向で1600m滑走路を前提に計画されている事です。
これでは米国側が厚木基地から岩国基地へ移転する空母艦載機の夜間離着陸訓練実施に最適と考えるのも必然です。
これが私が前々から指摘して来た偽装ヘリ基地の正体です。
Posted by isao-pw大城 勲 at 2010年07月18日 22:53
辺野古テント村で、琉球新報の新種の海藻の記事を読みました。
みんな「防衛局はきっとこんなの見つけても、隠しているに違いない!」と憤ったり、あきれたりしておりました。
そうそう、「どうするアンポ」DVDも辺野古テント村で入手し、さっそく見てみました。
初心者にも分かりやすい、学習会なんかに使えそうないい作品ですね。
Posted by にしかわ at 2010年07月21日 23:07
にしかわさん、ありがとうございます。
ブログも見せていただきました。なかなか精力的ですね。
DVD『どうするアンポ』、ぜひ、ご活用ください。
http://anpo50.seesaa.net/

Posted by あつこば at 2010年07月22日 08:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

辺野古の海から
Excerpt: 何回か辺野古に出かけているのですが、実は初めて船に乗せてもらって海に出ました。 水の透明度が、違います(^^) しかし、キャンプシュワ...
Weblog: 辺野古・普天間に基地はいらない高松行動
Tracked: 2010-07-21 23:02

主権国家の気概が問われる普天間問題!
Excerpt: 画像はクリックで拡大します。主権国家の気概が問われる普天間基地問題!官僚頼みで統
Weblog: ようこそイサオプロダクトワールドへisao-pw
Tracked: 2010-08-03 00:35