2010年11月22日

沖縄県知事選挙「なかいま弘多後援会」パンフレットの不思議

28日に投開票が行われる沖縄県知事選挙に出馬している仲井真氏の後援会が出しているバンフレットがあります。
http://nakaima-okinawa.net/common/pdf/association.pdf

「なかいま弘多後援会」のパンフレットより

これが非常に奇妙な内容です。

普天間基地の危険性除去を掲げ当選をし

普天間基地についての質問に対する仲井真氏の答の中で、
「私は四年前、世界有数の危険性をはらんだ普天間基地の危険性除去を掲げ当選をし、」
とあります。

仲井真氏が当選した前回の県知事選挙当日に朝日新聞と沖縄タイムスが行った出口調査では、「新しい知事に最も力を入れてほしい点」という質問に対し「経済の活性化」が56%で「基地問題」が28%でした。そして、
↓ここから引用
--------------
新知事に最も力を入れてほしい点が「基地問題」と答えた人は、84%が糸数氏に投票し、仲井真氏は15%にとどまった。
--------------
↑引用ここまで
(11月20日、朝日新聞)

つまり、沖縄電力の会長で県商工会議所の会長をしていた仲井真氏は、基地問題に関する主張で支持を得て当選したのではなく、経済問題で当選したのです。

「普天間基地の危険性除去」に関しても、当時の稲嶺県政が主張していたキャンプ・シュワブ暫定ヘリポート案について「危険性の早期除去の点では考え得る案だ」と述べていた程度で、辺野古での基地建設については「現行のV字形案のままでは賛成しない」という微妙な言い回しで、基地問題が選挙の争点になるのを避けたのです。

そして当選後は、以下のように自分でハードルを低くしています。

↓ここから引用
--------------
政府への要求として公約に掲げた普天間飛行場の「3年以内の閉鎖状態」について、在沖米海兵隊のヘリ部隊が2004年から05年にかけてイラクに派遣されていた間、普天間飛行場周辺で騒音が激減したことを例示して「私が言っている閉鎖状態とはまさしくそれだ」と述べた。
--------------
↑引用ここまで
(12月10日、琉球新報)

辺野古での計画については、少しでもいいから沖合いに移動させろと主張し、反対なのか賛成なのか曖昧な姿勢を続けていました。

沖合い移動にこだわり続けた理由は、埋め立ての面積を少しでも増やすことで、地元の建設会社の利益になるようにしようとしたためだと言われていました。

今年1月に、名護市で辺野古での基地建設に反対する稲嶺市長が誕生し、鳩山政権の「迷走」によって沖縄県民のなかで「県外移転」の意識が高まると、仲井真知事も徐々に姿勢を変え、4月に行われた県民大会に間際になって出席することを決めましたが、結局、県民大会では「県内移設反対」とは明言しませんでした。

相手候補者は「共産党の主張する」国外移設を掲げております

仲井真氏の後援会が出しているバンフレットで、もうひとつ驚いたのが、仲井真氏への質問という体裁が取られている上記の部分です。

「相手候補者は共産党の主張する国外移設を掲げております」
と書いていますが、これは間違っています。

共産党は普天間基地の「無条件撤去」を主張していて、「国外移設を掲げて」はいません。
県内移設に反対する点で一致して共産党も伊波氏を応援していますが、このパンフレットを作った「なかいま弘多後援会」の人たちは事実関係も理解していないようです。

そして、わざわざ「共産党の主張する」という部分を赤い文字にしている意図は、なんなのでしょうか?

県民100人に聞きました。なかいま知事への基地問題に関する質問トップ3

そもそも、パンフレットのこのページには、
「県民100人に聞きました。なかいま知事への基地問題に関する質問トップ3」
と書かれています。

100人に聞いた結果のトップ3にランクされた質問が、
「相手候補者は共産党の主張する国外移設を掲げております」
で始まる質問なのでしょうか?

一体、100人に対してどんなアンケートを取れば、このような結果になるのでしょう?

まったく不思議なパンフレットです。

posted by あつこば at 19:56| Comment(6) | TrackBack(1) | 米軍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も、このパンフレットを読みました。
伊波候補の主張を「共産党の主張」とすり替えるのは、筋の通らない自己陣営の主張を、反共「アカ攻撃」でかわすと同時に、伊波氏支持5党の団結をかく乱し、あわせて、極端な反共体質を持つ、公明党=創価学会と自民党右翼部分の反共活力を引き出そうというものだと思います。
伊波猛追の情勢を生かしテンポを速めて、時間切れで仲井真の逃げ切りを許さない、テンポが必要でしょう。
Posted by 平山基生 at 2010年11月22日 22:59
あつこばさん、こんにちは。

 このパンフレットの内容のご紹介参考になります。風評の操作を行うやり口は常套手段で今更ではありますが、この内容はやりすぎに感じますね。
 共産党を担ぎ出して攻撃に利用しようとするあたり、右翼政党化した自民党が前回配布した異常なビラの内容を思い出します。

 それより政府から金を引き出せず財政を悪化させた現実を指摘されたら勝てない筈ですが、しかし再び金で総動員の選挙態勢を敷いている仲井真氏はとても強いです。沖電とその関連会社絡みで、不本意な選挙協力を強いられている友人が沢山いますが、総勢何千人、数万人に上るかわかりません。

 昨夕福島瑞穂さんが沖縄県庁前で伊波氏応援演説されているのを見ましたが、この中で伊波氏がどこまで支持されるか、沖縄県民の良識と本気度が試される重要な選挙となると感じます。
Posted by Jitoh at 2010年11月23日 08:31
すいません。あまりよくわからないんだけど沖縄の人って基地のことが今回の選挙で重要だったのですか?投票率低かっですし
基地基地と騒いでいるのはむしろ本土の左翼の人だけじゃないんですか?
本土の職業左翼のかたがむしろ問題をこじらせてるようなきがしてなりません。
Posted by けんじ at 2010年11月28日 23:06
沖縄県知事選挙について私なりの分析を以下にまとめました。
http://atsukoba.seesaa.net/article/173035228.html
Posted by あつこば at 2010年12月18日 07:12
基地移設反対の県民は少ない。
辺野古区民に関してはほぼ100パーセント移設賛成なのである。

県外からの自称平和団体を名乗る人達が押し寄せただ騒いでるだけ。しかも左翼新聞の県新聞2紙は、この『反対運動だけ』しか取り上げない。もはや全県民が反対かの様に。

『異常なビラ』とほざいてるアホがいるが、10月26日朝刊の大田昌秀のチラシの方が、異常でもはや脅迫状にしか見えない!

辺野古区民の真実の声を全国に広げる
http://www.youtube.com/watch?v=NBPxooQTY-g

チーム沖縄 辺野古の漁師さんに聞いてみた
http://www.youtube.com/watch?v=omcciwCiUfo

直撃取材!「民意」を名乗る反基地運動にダマされるな!
http://www.youtube.com/watch?v=0e1fpmKbuV4

沖縄 反米活動の真実
http://www.youtube.com/watch?v=SR3f4tiwPfc

速報 史上初 沖繩辺野古テントに抗議!
http://www.youtube.com/watch?v=7n3Y0MerrMU

拡散希望!沖縄選挙管理委員会へ電話してみた
http://www.youtube.com/watch?v=UjQmbNIhvH8&list=PLGlgk2NtymEeB76bBxkOUR-fkkt8d2hX5&index=32

沖縄の埋め立て事情を見た 人工ビーチと埋め立て
http://bokugamitaokinawa.ti-da.net/e5074524.html

Posted by まともな沖縄県民 at 2014年10月26日 09:35
「まともな沖縄県民」を名乗る方が書かれているのは、その手の人たちの典型的な主張ですね。
相手にしている暇はありません。
コメント、ありがとうございました。
Posted by あつこば at 2014年10月26日 11:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

Prefectural governor election
Excerpt: Which do you think better, Iha or Nakaima?  各所で引用されていますが、あつこばさんが仲井真氏の後援会のパンフレットを取り上げられています。 あつこばのブ..
Weblog: クイナハウス
Tracked: 2010-11-23 08:44