2006年04月29日

グアム移転案のウラオモテ

昨日ある友人から、このブログはビジュアル的にもっとなんとかしたほうがいい、という助言をいただきました。
まあ、確かにそうなんですけどね。
版権を無視してパクった画像を掲載するのもなんですし、かといって画面を作ってるヒマも無くて、まあ、画像が無いのも軽くていいのかな、というのは言い訳ですが、とりあえず……。

■グアム移転案のウラオモテ

25日に書いた文章の中で、http://atsukoba.seesaa.net/article/17025016.html
沖縄の海兵隊の一部移転は「日本政府が沖縄の負担軽減をアメリカに求めた結果」という書き方をしたのですが、日本政府が求めたからそうなったのか、アメリカが自分の都合で移転するのか、実はどうもよくわかりません。

米軍の中にも、沖縄から移転したほうがいいという意見と移転しないほうがいいという意見と両方あるでしょうし、もちろん沖縄での基地反対の声を少しでもやわらげるという意図もあるでしょう。

今日の朝、放送されたNHKの『週刊ニュース』では比較的詳しく説明をしていました。

以下、ワシントン支局の油井秀樹という人の報告内容です。

----------------------------------------------------
アメリカ国防総省内には当初、沖縄の海兵隊をグアムに移せば
朝鮮半島の有事に備える戦力が低下しかねないとの懸念がありました。

しかし、世界規模で軍の再編を進める中、海軍と空軍はグアムを新たな拠点と位置づけ、機能の強化を進めている事から、海兵隊を輸送する能力も高まり、対応は可能だと判断しました。

急速に軍事力を高める中国が沖縄を攻撃できるミサイルを開発しているとして海兵隊を沖縄とグアムに分散する利点を唱える意見があった事も移転の受入を促す事につながりました。

さらにテロとの戦いを重視するアメリカにとって、グアムはイスラム教徒の多いアジア地域に展開する拠点になるという見方も出ています。

(中略)

海兵隊はグアム移転後、独自の高速輸送船を配備して機動力を高めるとしています。グアム周辺では新たな訓練施設も整備して、沖縄では制限されている訓練も実施する方針です。
----------------------------------------------------

なるほど、たしかにいろんな観点から検討された結果というワケですね。

忘れてはならないのは、海兵隊が沖縄からまったくいなくなるわけではない、という事です。
また、「軍事のプロにとってみれば、司令部と前線部隊の分離は極めて異様に映る」という指摘もあります。
http://www.nikkei.co.jp/neteye5/tamura/20051201n18c1000_01.html

朝日新聞の記事によるとhttp://www.asahi.com/politics/update/0427/017.html
移転先施設の工事は「2012年までの完成を目指す」とあります。

日本のお金を使って工事は完成したけど「普天間基地の移設が進まないから海兵隊の移転もやーめた」なんて事になって単にグアムの建設費だけ取られた、なんて事にならなければいいですが……。
だからといって普天間の移設を沖縄で進めよって話じゃないですけど。

グアムの米軍基地に関しては、4月3日の報道ステーションで現地取材のレポートを放送していました。
なかなか丁寧な取材でしたが「地元は歓迎ムード一色」というナレーションはちょっとなあ……と思いました。

グアムはアメリカが植民地にした島で、先住民の人達は米軍基地強化に反対しています。
http://www.commirai.org/journal/0065/0065-3.htm

■5月1日に「2プラス2」

「5月2日にやるのでは?」と報道されていた安全保障協議委員会(2プラス2)ですが、1日に行うというニュースが入ってきました。
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20060429AT3K2900929042006.html

26日に書いた文章で
http://atsukoba.seesaa.net/article/17052431.html
グアム移転費の日本負担が59%が57.6%になった、という報道を紹介しましたが、その後、各社の報道は「59%」のままです。なんでだろう?
あの読売新聞の報道はリークによる記事で正式発表じゃないからって事かな?
それとも、他社に抜かれたのが悔しいから無かった事にしているのでしょうか?
posted by あつこば at 16:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 米軍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック