2006年05月20日

【沖縄】で、何が問題なの?

沖縄の問題について書き始めると、とてもフクザツなんですが、今回は沖縄に対する差別とか歴史とかはあえて思いっきりすっ飛ばして、沖縄の事にはほとんど関心が無い人に向けて書きます。

■何人減るのかわからない!


まず、日本が7100億円を負担すると言われている海兵隊グアム移転の話です。

「沖縄の負担軽減」のためにグアムに移転するという話になっています。

そもそもそこが違っていて、軍事アナリスト 神浦元彰さんの5月16日付の文章によると
http://www.kamiura.com/new.html

-----------------------------------
あくまでグアム強化は東南アジアなどイスラム勢力へ米軍の睨みをきかすためである。
(中略)
沖縄の米軍基地は東アジア戦域であったが、今まではその一部が東南アジア戦域と混在していた。それを切り離すために米海兵隊は司令部をグアムに移転させるのである。
-----------------------------------

と書かれています。

やっぱり
「負担軽減」というよりも
アメリカの軍事戦略上の都合
みたいです。

世論調査などでも、「負担軽減にはならない」という事が多いようです。http://atsukoba.seesaa.net/article/17883097.html

まあ、それはさておき、海兵隊が移転するという事で日米政府が合意したのは事実です。
それを「負担軽減だ」と言っている人もいますね。

しかし、沖縄で犯罪を犯す下っ端の海兵隊員は移転しませんし、そもそも米軍基地の中にいる米兵がホントに減るのかどうかわかりません。

沖縄タイムス
[グアム移転 人数の「怪」/削減後、家族マイナスに]
http://www.okinawatimes.co.jp/day/200605171300_02.html

しんぶん赤旗
[グアム移転 削減 2500人にすぎず 在沖海兵隊 1万人残留]
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2006-05-17/2006051701_03_0.html

要するに
米軍基地の中に何人いるのかなんて、
よくわかんない
んですね。

仮に一時的に「削減」したとしても、米軍基地が無くなるわけじゃないので、知らない間に人数が増えて、結局はぜんぜん「負担軽減」にならなかったという可能性は大アリですね。

まだ問題があります。

■金だけ取られるかもしれない!

先日出た日米合意によると、海兵隊の一部がが沖縄からグアムに移転するのは
-----------------------------------
(1)普天間飛行場代替施設の完成に向けた具体的な進展、
(2)グアムにおける所要の施設及びインフラ整備のための日本の資金的貢献
に揃かっている。
-----------------------------------
とされています。

「普天間飛行場代替施設」は名護市の辺野古に作る予定でしたが、環境の問題で国際的な批判を受けたり、地元の人達などの強い反対で、何年も進みませんでした。

という事は、グアムに海兵隊のための施設を作って日本がそのためにお金を出したけど、結局、「普天間飛行場代替施設」の建設がなかなか進まないから
「海兵隊の移転は、やーめた」って事になってしまう可能性があると思います。


今回の米軍再編で、おかしなところは他にもたくさんあります。

普天間基地の「代替施設」というけれど、実際には「替わり」というよりも、もっと凄い最新鋭の基地を作ろうとしているという事、

さらに、その基地を作ろうとしている名護市の東海岸(辺野古・大浦湾)では、基地を造る事によって環境に深刻な被害を与えそうな事、

沖縄の基地を一部「返還」すると言っているけど、上記と同様、そのタイミングがいつなのかという問題と、そもそもとっくのむかしに返還されているはずなんじゃないか、という問題など、書いていくとキリがないので、今回はこのへんにします。
posted by あつこば at 11:42| Comment(2) | TrackBack(1) | 米軍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
その後、いくつか書き足しています。

【沖縄】負担軽減にはならない
http://atsukoba.seesaa.net/article/17883097.html

NHKの米軍再編に関する番組はマトモか?
http://atsukoba.seesaa.net/article/18949938.html

「NHKスペシャル」と「日本の、これから」の問題点
http://atsukoba.seesaa.net/article/19164109.html

米軍再編に隠された本当の狙い
http://atsukoba.seesaa.net/article/19265503.html

われわれは「差別している側」だ
http://atsukoba.seesaa.net/article/17927575.html

Posted by あつこば at 2006年06月15日 15:51
沖縄で……というよりも日本での米軍再編で最も大きな問題である辺野古(キャンプシュワブ沿岸)での新基地建設計画に関しては、以下に書きました。
http://atsukoba.seesaa.net/article/39912507.html
Posted by あつこば at 2007年04月26日 02:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

辺野古と、パインギャップ
Excerpt: 辺野古 こないだから多くのネットブログで辺野古のことを取り上げている。 ほとんどの政治関連ブログで取り上げてるので、ここでは基本的にみんなのあまり知らない情報を・・・ということが一番の目的なの..
Weblog: 4つの目で世の中を考える
Tracked: 2007-05-25 13:15