2006年06月12日

「NHKスペシャル」と「日本の、これから」の問題点

NHKで3日間の特集が放送されました。
最初は「細かい問題はあるものの、全体としてはまあまあかなあ……」と思っていましたが、観ていなかった2日目のNHKスペシャルの後半と「日本の、これから」の後半を観て、考えが変わりました。

細かい点でいいところはあったものの、
全体としてはかなり問題ありです。

とにかく額賀長官に都合のいいように喋らせすぎです。
それに対する反論を誰かがきちんと言える構成にしていません。
討論の形式を取っていますが、三宅アナウンサーの進行の仕方は
防衛庁長官の言い分を全面的に押し出す進行になっていました。
政府や防衛庁に対して
批判的な意見が出ても、ほとんど免罪符のような役割にされていました。

ご参考までに、「日本の、これから」キャスター紹介
http://www.nhk.or.jp/korekara/cas.html

政府や防衛庁長官の言い分は、いままでに何度も報道されています。
マスメディアにとって大切な役割のひとつは
「政府や権力がおかしな事をしないか監視する」事です。
ところが、NHKは、まるで「政府の広報機関」になっています。

前にも書きましたが、今回のNHKの番組では予告の段階からその兆候がありました。
http://atsukoba.seesaa.net/article/18949938.html

「負担軽減」を全面に出す事で、
アメリカの都合で始まった米軍再編の本質を見えなくしています。

そしてNHKの番組で額賀長官がとくとくと説明した「負担軽減」は、本当に「負担軽減」なのかというと大いに問題があります。

隠されている米軍再編の本質は何か、「負担軽減」は本当なのか、という点を追求していく必要がありますね。

posted by あつこば at 12:20| Comment(2) | TrackBack(2) | 米軍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「隠されている米軍再編の本質は何か」という点について、以下に書きました。
http://atsukoba.seesaa.net/article/19265503.html

Posted by あつこば at 2006年06月15日 19:26
もうひとつ、この番組の問題点として、「アメリカ側の要求は陸軍第一軍団の座間への移転だけだった」という問題発言がありました。

という事で、再編協議でアメリカが当初、なにを要求してきたのかを、以下に書きました。http://atsukoba.seesaa.net/article/19607820.html
Posted by at 2006年06月21日 14:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19164109

この記事へのトラックバック

日本の,これから
Excerpt:  米軍再編を受けたNHKの討論番組。見るつもりはなかったのだけれど,一部見ました。朝まで生テレビなんかと比べると,市民参加型だったので,割合落ち着いた議論ができていたのではないかと思います(もちろん,..
Weblog: dubdub雑記帳
Tracked: 2006-06-12 14:45

自治体の政府不信
Excerpt: 先週のNHKの番組で米軍再編について特集を組んでいた。 1日目はドキュメント、2日目は識者を呼んで討論、3日目は「日本のこれから」と題して視聴者参加型のスタイルでやるというのは??
Weblog: コラムニストになるために書く訓練をするのだ!!!
Tracked: 2006-06-14 13:45