2013年03月23日

米軍基地建設のため、辺野古の海を埋め立てる申請を政府が提出

政府・防衛省は22日、沖縄県に辺野古の海を埋め立てる申請を提出しました。
henoko_kusatsu.jpg

2011年末に環境アセスの「評価書」を提出した際には反対の声が強くて大混乱になりました。
http://togetter.com/li/233704

今回は、報道陣の目を避け、別のフロアの直接担当ではない部署に別の入口から入って届けるという用意周到で姑息な方法で不意打ち・抜き打ち的な提出だったそうです。
http://article.okinawatimes.co.jp/article/2013-03-23_46917

政府・防衛省がこうした方法を取らざるを得ないのは、沖縄のすべての市町村が反対しているなか、少しでも騒ぎを小さくして、なんとか沖縄県の仲井真知事に埋め立てを承認させようとしているからでしょう。
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130323/plc13032310470006-n1.htm

埋め立てを承認するかどうかを判断するのは仲井真知事です。(沖縄県による)審査では移設に反対している地元の名護市長からの意見聴取をしなければならないそうですので、仲井真知事は簡単に埋め立てを承認することはできないでしょう。

ただし、知事が埋め立てを承認しない場合でも、国は地方自治法に基づいて是正の指示や代執行を行うことができるとされていますので、政府がこうした強硬姿勢もちらつかせることで仲井真知事に諦めさせようとしてくる可能性はあり得ます。

前防衛大臣の森本敏は、大臣になる以前に出演したテレビ番組で「県知事に、もう次に立候補はしないという決断をして苦渋の判断で受け入れてもらえるようにするのが政府の方針」などと言っていました。
選挙制度と民主主義を否定するかのようなこうした発言をする人物が防衛大臣をしていたというのも驚きですが、こうした展開になるのはなんとしても避けなければなりません。
 
posted by あつこば at 18:43| Comment(3) | TrackBack(0) | 米軍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
記事のネタ捜しに、苦労されていませんか。もしそうでしたら、記事のネタ捜しが楽になるツールがあります。このツールは動画をランダムに選び出すサイトなのですが、もちろん無料です。日本を含め、ヨーロッパ、アジアなど世界中の動画の中から選び出すので、斬新なアイデアや、新しい記事のためのネタ捜しができます。問題はパソコンの性能です。ルーレットで使われる単語数は2万語、外国語数は33言語、検索される動画数は数知れず、しかも新しい動画がスマートフォンの普及と共に次々とアップされるので、一生使えるツールです。私のパソコンでは、スラスラと動画が動かないので、ストレスだらけなのですが、動画がスラスラ見れるパソコンをお持ちの方は、一見の価値があります。
「Video Roulette Start」
http://owlsunflower.com/en/01/index.html
Posted by Video Roulette Start at 2013年03月23日 22:28
「「木に学べ」法隆寺・薬師寺の美 西岡常一」
近江聖人のお話が出ましたのでhttp://iiyama16.blog.fc2.com/?no=4029
私も鵤の聖人聖徳太子の心を1500年後のいま現代に伝えてくださった匠のお話をご紹介したく思いました。
タイトルの本は1987年「BE-PAL」誌上に連載されたエッセイ形式を1988年3月小学館ライブラリーとして刊行されたものです。
最後の棟梁鵤之郷大工西岡常一氏の「あとがき」を全文転載します。(誤字校正済)

 田舎大工の口から出放題の戯言を、「BE-PAL」誌上に区切りよく連載して下さった白井康介さん、今また、その連載を一冊の本にお纏め下さった石塚郁雄さん、其の他のスタッフの皆々様に深く御礼申し上げます。
 学者への不用意な放言も、歯に衣を着せて上手にお纏め下さったことに感心いたします。私は、学問を軽んずるような心は毛頭もっておりませんが、よく考えてみて下さい。科学知識は日進月歩で、今日の正論は明日の正論では有り得ないのではないでしょうか。今日をもって千年後の建築の命を証明出来ないのではないかと思います。千年どころか、明日をも律し得ないのが科学知識の天気予報やありませんか。
 それはなんでかと言うたら、科学はまだまだ未完成やからだっしゃろ。未完成の今日を科学で総てを律しようと考えがちなのが、学者さん方やおまへんやろか。科学知識のない我々工人の言い分にも耳を傾けるような学者さんこそ、ほんとうの学者やと思いまんな。
 私どもの、仕事に対する考え方や思い入れは、神代以来の体験の上に体験を重ねた伝統というものをしっかり踏まえて、仕事に打ち込んでますのやがな。例えば、法隆寺伝統の大工には口伝というものがありますのやが、その中の一つに「堂組の木組は寸法で組まずに、木の癖を組め」と言うのがありますけど、どんな建築の本を読んでも、こんな言葉にはお目にかかりまへんな。寸法や形式・様式には詳しいことですが、建物を造営する木の癖に触れた本には、いまだお目にかかっていまへん。それは私の本を読む範囲がせまいのかも知れまへん。浅学のせいでっしゃろな。もっともっと勉強せなあかんとゆうことかいな。
 何れにしても、堂塔伽藍を造営するのには、様式や形式に先だって、造営の意義と言うものがありまんがな。例えば、法隆寺の場合には、英邁限りない聖徳太子が仏法の慈悲をもって国を治めようとなさったんやと思いますが、多くの仏法者を養成するための道場としての伽藍ですがな。薬師寺もまた、天武・持統の両帝が、仏法興隆治国平天下の大願をもってなされた大伽藍でっせ。仏法の慈悲ゆうたら、母が子を思う心だっせ。火事や地震やと火急の場合、自分の一身にかえても子を救おうとする、それが慈悲でんがな。
 世のお母さん方、自分の心の内をようよう振り返ってみて下され。ようわかるはずだすが。わからなんだら、法隆寺や薬師寺のような心構えで造営された、魂のこもる寺に、観光でなく心から参拝して祈ってみて下され。仏法こそが、世界を最後に救う法やと感得しますし、慈悲心で国を治めようとなさった太子や天武・持統の魂が、皆様方の心にも宿りまっせ。
 大工の喋ることやないことを喋りましたな。笑ってお許し下さい。
一九八七年十二月

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
この本の他にも、NHKブックス318「法隆寺を支えた木」(西岡常一、小原二郎)と言う本で、西岡常一師の口伝を読むことが出来ます。
Posted by 通りがけ at 2013年03月24日 13:00
「アメリカの正体」

《悲報》 東京 ガチで超絶汚染されていたことが判明!!!!!!!!! (原発問題) 
http://www.asyura2.com/13/genpatu30/msg/871.html

90. 2013年3月29日 22:48:50 : rWn9PLlcps (ちょっと推敲)
沖縄を除く日本列島隈無く死の灰で被曝、がユダ金フリーメーソンの至上命令である。
過去2発の(3発との説もある)原爆投下でも為し得なかった本土放射能化を、福一一つでヒロシマ型原爆300発ぶんという大量の死の灰を日本の本土すべてに各地の原発からのと併せて拡散させてアメリカ建国以来の虚仮の一念で達成しようとしているだけだ。
まーこの期に及んでまでごちゃごちゃ言っとらんで、さっさと日米地位協定を破棄してやれば、たったの10分で本土と沖縄がいっぺんに明治時代以前並みにきれいになるよ。ユダ金CIAに占領されている朝鮮半島モナーw

92. 2013年3月29日 22:55:26 : rWn9PLlcps
>>90が正しいという証拠の長周新聞記事
辺野古埋立て申請を強行 米軍に基地差出す売国ぶり 
>>http://www.h5.dion.ne.jp/~chosyu/beigunnikitisasidasubaikokuburi.html


「危険保障」の日米安保 沖縄戦で基地奪い

 アメリカは沖縄戦で1500隻の艦船と55万人の兵力を動員し、18万7000人も大殺戮して沖縄を奪いとり基地にした。それから戦後67年へた現実は、新しく基地を整備して永続的に居座り続け、日本中を核攻撃の標的にさらす危険な現実が浮き彫りになっている。
 沖縄侵攻にさいしてアメリカがやった「アイスバーグ作戦」では沖縄戦の任務を「沖縄を解放し、基地として整備し、沖縄諸島における制空、制海権の確保」と規定。当時の沖縄戦米艦隊司令官ハルゼーは「ジャップを殺して殺しまくれ。もしみんなが自分の任務を立派に遂行すれば各人が黄色い野郎どもを殺すのに寄与することになる」と檄を飛ばした。当時の米陸軍参謀長マーシャルも「戦後に予想される紛争地域のなかに黄海周辺がふくまれる。従って琉球に基地を置き、残りの地域を非軍事化して友好国にゆだねることが望ましい」とのべている。
 1945年8月15日付のニューヨーク・タイムスは「太平洋の覇権をわが手に」と題して「われわれはペルリ(ペリー)以来の願望を達した。もはや太平洋に邪魔者はいない。これで中国大陸のマーケットはわれわれのものになる」との記事を掲載した。アメリカは明確に沖縄、そして広島、長崎に原爆を投げつけ、全国空襲で焼き払って日本全体を占領し、中国の侵攻拠点とする目的をもって武力で基地を奪いとった。
 そして戦後67年間、日本を占領し続けたうえまだ沖縄や岩国に新たな基地増強を押しつけている。「日米安全保障」の現実は「危険保障」である。それがTPPで対中国包囲網をつくって日本の富を根こそぎ奪いとり、日本全土を基地化する米軍再編を強行してアジア諸国との対立を煽り、あげ句の果てはアメリカのための対中国戦争の盾となる屈辱に通じている。
 失業や生活苦など国民生活でのあらゆる苦難の根源は敗戦後から続くアメリカの日本支配、国益を売り飛ばす日米安保体制を軸にした売国政治にある。日本とアジアを再び原水爆戦争の火の海にさせないため米軍基地を撤去させ、日本の独立・平和をめざす生産点を基礎にした全国的な下からの大衆行動が求められている。
Posted by 通りがけ at 2013年03月29日 23:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック