2014年04月19日

辺野古での本格的な座り込みが10年!

沖縄県名護市辺野古での米軍基地建設をさせないための座り込みが本格的に始まってから、本日で10年になりました。
「本格的」とあえて書いたのは、それ以前にも8年間、地元のおじい、おばあが中心になって座り込みを続けていたからです。辺野古テント村にある日数表示もそうなっています。

10年前の2004年4月19日は、那覇防衛施設局(当時)が辺野古にだまし討ちをした日でした。
私が辺野古に初めて行ったのは、その年の9月です。4月19日の事をよく知っている方にインタビューさせていただきました。

那覇防衛施設局の役人が基地建設の調査のために辺野古に来て、基地建設に反対している人たちと話し、「今日は帰ります」と言って帰ったのに、しばらくして反対している人たちがいなくなったのを見計らって、再びこっそりと現れました。
それを見つけた人が指笛を鳴らし、かけつけた人たちと那覇防衛施設局の役人との間で揉み合いになったそうです。

それ以来、「那覇防衛施設局は、いつだまし討ちをするかわからない」ということで、毎日の座り込みが始まり、10年間続けられてきました。
私は、そこにいる多くの方にインタビューをさせていただきましたが、それぞれの人が沖縄に対して、戦争に対して、平和に対して、環境に対して、さまざまな想いを抱えてそこにいることがわかりました。

『基地はいらない、どこにも』

10年間の間には、亡くなられた方もたくさんいます。そうした方々の想いを受け継ぎながら、辺野古での今の座り込みがあります。
以下は私が最初に伺った2004年の、小禄信子さんへのインタビューです。
https://www.youtube.com/watch?v=JNr0392Tbmg


2005年には、日米両政府が決めた辺野古沖案が頓挫し、もともとは「海の上に基地を造れば安全」と説明していたのにもかかわらず、陸上に米軍基地を造る計画に変更されました。
なりふり構わない日米両政府のやり方に対し、辺野古では、いまでも座り込みが続けられているわけです。

本日行われた辺野古の浜で集会と海上抗議パレードについては、以下で報道されています。

【沖縄タイムス】
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=67194
【琉球新報】
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-223863-storytopic-53.html
【共同通信】
http://mainichi.jp/select/news/20140419k0000e010208000c.html
 
posted by あつこば at 17:23| Comment(5) | TrackBack(1) | 米軍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
★『GHQテレビ廃棄&地位協定破棄』
「犬丸かつこ イヌマルミツカ」から全頁紹介します。
http://tokio92.seesaa.net/article/395093999.html

 麻生氏が政治資金パーティーで「安倍晋三首相や私が集団的自衛権のことをいえば『危ねえんじゃねえか』といわれるが、高村正彦自民党副総裁(安倍首相と同じ山口出身)がいうと『いいんじゃねえの』となる」と高村氏をこう持ち上げたらしい。(2014.4.17 21:06 msn産経ニュースより抜粋)

 高村氏のような地味で目立たない政治家が言おうと誰が言おうと日本国民にとって良くないことには変わらない。

 主権者国民の意見など全くお構いなしで、ひたすら「我らの道だけを突き進む政治家、政党」。

 そもそも、集団的自衛権の「自衛」とは、名ばかりで、この集団的自衛権とは「アメリカが兵隊と資金を出したくないために日本に対しお金と自衛隊を出せ」と言ってるのでは?

 この集団的自衛権をアメリカが求めるのは「アメリカの身勝手」でしょ?

 太平洋戦争で、昭和天皇がポツダム宣言を受諾し
「白旗上げ」無条件降伏をしたとき、

 アメリカ等GHQは

日本が再軍備を出来ないように

「陸軍」と「軍隊」を東京裁判で滅茶苦茶に「解体」した。

それでいて、戦後、約70年経つと、

世界の状況に変化が生じ、

アメリカは今では軍を維持するための費用さえ賄えない状況に陥っている

(戦争ばかりするからお金が無くなるのよと言いた)。

 そのため、日本に「自衛の名目で、集団的自衛権(交戦権)に参加」を強要してきた。

 本来ならば、日本の政治家や官僚は

「アメリカさん、今になって再軍備で、自衛隊を軍隊として、国外に出せとは、身勝手でしょ」と、

アメリカに対して主張する「外交」を行うべきである。

 ところが、この政治家、官僚は、アメリカの身勝手さに「NO」とは言えず

「はいはいわかりました。」と引き受ける有様だ。

 そして、アメリカの身勝手な言い分を日本が承諾するようにと、

政治家を太平洋戦争で白旗上げたときの、官僚の子孫たちを国会議員(世襲政治家)として並べている。

 その代表格が安倍晋三首相、麻生太郎副総理、

そして、高村正彦自民党議員。

 この三者とも、祖父、父などが、太平洋戦争中に「官僚」で、

戦後政治家に転身した岸、吉田、高村等人物たちの子孫である。

 そして、更に、ここで、麻生氏と高村氏の共通点がある。

 最近、特集することが続くが、ここでも、またまた宗教である。

 その名は、「神道政治連盟。」

 日本が軍国主義で、とんでもない戦争に突き進んだのは

「国家神道」の責いだとして、

GHQが「国家神道」の廃止を決めた。

(覚書によれば、信教の自由の確立と軍国主義の排除、国家神道を廃止、神祇院を解体し政教分離を果たすためとある。)

 だから、現行憲法では「政教分離」が謳(うた)われているのである。
 ところが、今の政治家たちは、

この政教分離の憲法に違反する「宗教」と「密接した関係」になっていた。

 概ね公明党と創価学会の関係は多くの人が知っており、

ここに目が集中していたが、それ以上に政治の中枢にいる「自民党」

は宗教界と切っても切り離せない関係になっていた。

この高村氏は前職が弁護士。

 弁護士時代には、あの世界基督教統一神霊協会の訴訟代理人を務めていた。
1989年の政治資金収支報告書によれば、霊感商法の元締め的会社であるとされる「ハッピーワールド」から時価380万円の高級車(日産・セドリック)を提供されているという。

そして、「神道政治連盟」のサイトを見ると、

(平成26年4月11日現在)

神道政治連盟国会議員懇談会の会員として

高村正彦議員の名が記されている。

 また、麻生副総理はクリスチャンとなっているが、

神道政治連盟(神社関係者などの神道の政治団体)から支援を受けている。

 2009年(平成21年)12月9日には、

神道政治連盟国会議員懇談会の名誉顧問に就任しているという。

表向きはクリスチャンで、裏では「神道」の中心人物だった!

 また、麻生氏は公明党と太いパイプを持っているらしい。

「麻生氏2008年総裁選出馬表明直後には、

公明党支持母体の創価学会婦人部・公明代表代行の浜四津敏子が異例のスピードで支持を表明し、麻生が総裁選で優位となる流れを作ったとある。」(以上ウィキペディアより)

 日本の政治は、

GHQにより解体されたはずの「国家神道」のゾンビ、亡霊の宗教団体が、マスコミの報道しない裏社会で、国会議員を動かす力を持ち、

ひいては、官僚、裁判所の裁判までも動かすようになっている。

アメリカも今では

「特定の宗教に支えられる日本の政治はアメリカにとっても都合がよいのであろう」。

 しかし、日本国民にとっては、最悪政治である。

 どうすれば、この憲法違反の偏った宗教政治から脱却できるのだろうか?

以下に「神政連」webNEWSにUPしている国会議員の名と

選出都道府県を
載せてますが、写りが悪いので、直接、

「神政連」のサイトでご覧ください。

http://www.sinseiren.org/ouenshiteimasu/ouensimasu.htm
通りがけ | 2014-04-22(火) 00:06 | URL [コメント:編集]
Posted by 通りがけ at 2014年04月22日 00:23
『GHQ=憲法違反=安倍シンゾウ』

米タイム誌が「愛国者・安倍首相」特集 保守の姿勢紹介
http://www.asahi.com/articles/ASG4L4RXBG4LUTFK00K.html?iref=comtop_photo

ふーん。愛国者かなんか知らんが安倍シンゾウが公選法違反の刑事犯罪者であることにはなんの変わりもないが。

「確信犯公選法違反刑事犯罪者安倍シンゾウ」
安倍シンゾウは下記の中学生向け文部省文書もまったく読めないだろうね、小学校から学習障害の学歴捏造詐称公選法違反犯罪者だからな。学歴捏造は中学校までは親の責任だが高校生以上は本人の責任の確信犯である。
>「あたらしい憲法のはなし」文部省http://www.aozora.gr.jp/cards/001128/files/43037_15804.html

[毎日起こる警察の犯罪]blog

『警察は自らの犯罪を隠蔽する組織である。そこを焦点に警察の犯罪を綴っていく。
http://policecrime.blog.jp/
「警察の不祥事」と言葉を濁してはいけない。
「警察の犯罪」である。』

「胸を触りました・・・」警視庁牛込署警備課警部・稲田晃(53)が痴漢して走って逃げ、大捕物の末、通行人に制圧され逮捕 2014/04/18

吉松(国松)長官狙撃、上告棄却 2014/04/18
http://policecrime.blog.jp/archives/1001865070.html
Posted by 通りがけ at 2014年04月22日 00:25
「GHQテレビ日本人皆殺し作戦」

>喫煙者が減っとるのに肺がん患者数は増え続けとるしね。
http://saigaijyouhou.com/?no=1618

この事実からわかることは喫煙は健康によいということだねw
つまり喫煙者が減って肺がんが増えたということは肺がんの原因はもともとタバコではなかった、ほかの原因で肺がんが増加していたのを喫煙の習慣が抑えていたということだ。だから肺がん抑制因子喫煙者が減ったら肺がんが増えたという至極当然の結果が現れた。

GHQ霞ヶ関厚労省がGHQテレビマスゴミを使って嘘八百を並べ立てて大昔から日本人が男女とも愛煙していたタバコの健康促進効果を隠蔽して官権力を用いて禁煙させて日本人に古来非常に少なかった肺がんを多発させて皆殺しを早めようという策謀である。


メタボ検診もまたGHQ厚労省とGHQテレビマスゴミの嘘八百日本人皆殺し計画のひとつである。古来日本人の健康と富を約束してきた七福神の大黒様布袋様を見ればわかるように、日本人はメタボ体型を長寿をもたらす一つの理想形として持っていたのである。

GHQテレビが日本人の命よりも大切な宝である可愛いこどもたちを脳症で殺しているという真実を隠すためにGHQ霞ヶ関厚労省と総務省NHKが全力で100%嘘八百を並べ立てて情報撹乱しているさまがくっきりと現れている。
Posted by 通りがけ at 2014年04月24日 08:22
★製薬会社と医学部の癒着、現役国立大学教授が実名で現状告発!製薬会社と大学教授がグルになって患者を騙す!

真実を探すブログからテキスト全文転載
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-1792.html

製薬会社と医学部の癒着、現役国立大学教授が実名で現状告発!製薬会社と大学教授がグルになって患者を騙す!

現役の国立大学教授が実名で製薬会社と医学部の癒着問題を暴露しました。癒着を暴露したのは岡山大学の森山薬学部長で、彼は雑誌などの取材に対して「大学の研究者が製薬会社にとって都合がいいように研究データを改竄し、それを根拠に執筆された不正論文は、この大学にもヤマのようにあります」と述べています。

子宮頸がんワクチンでも厚生労働省の監査委員会と製薬会社の癒着が判明していますが、大学教授と製薬会社の癒着について、実名と証拠をセットで暴露した方は極めて稀です。森山氏は不正の証拠となる写真や論文も公開しており、この騒動の行方次第では、原子力村に匹敵する医療利権の裏側が世間に広がるかもしれません。
また、このような不正論文は日本各地の有名大学でも日常的に行われているようなので、この騒動が他の大学にも拡大して欲しいと私は思います。
*基本的には「原発マフィア」と「医療マフィア」は全く同じ存在です。


☆製薬会社と医学部の癒着 現役国立大学教授が実名で現状告発
URL http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140210-00000010-pseven-soci
引用:
NEWS ポストセブン 2月10日(月)7時6分配信
 日本の医薬業界が、製薬大手「ノバルティスファーマ」の薬に関わるデータ改竄事件で揺れている。同社は、血圧を下げる降圧剤「バルサルタン(商品名・ディオバン)」を販売する際、改竄したデータに基づき、「血圧だけでなく脳卒中、狭心症にも効果がある」として販売した事件だ。
 
 こうした事件が発生する背景には、製薬会社が大学医学部の教授を“籠絡”すれば、いとも簡単に現場の医師と患者を騙せ、巨額の利益を得られるという構図がある。今回、現役の国立大学教授が実名で、あまりに生々しい「製薬会社と医学部」の癒着の現場を告発した──。
 
●レポート/伊藤博敏(ジャーナリスト)

 * * *
「大学の研究者が製薬会社にとって都合がいいように研究データを改竄し、それを根拠に執筆された不正論文は、この大学にもヤマのようにあります」

 不正の証拠となる写真や論文を示しながら、岡山大学の森山芳則・薬学部長はこう言い切った。

 岡山大の森山氏と榎本秀一・副薬学部長が本誌に告発した内容は、昨春から医薬業界を揺るがせているノバルティス事件が、日本の医学部において氷山の一角でしかないことを示す重大な証言である。

 昨年12月10日、森山氏は岡山大学長宛てに「告発書」を提出した。大学の規則「研究活動に係る不正行為への対応に関する規定第4条」に基づく、公式の内部告発である。内容は、大学執行部を含む医学部の5人の有力教授と准教授、そしてその研究室スタッフの不正行為を暴くものだ。

「発端は、大学院生の博士論文の不正に気づいたことでした。ある教授の研究室で、実際に実験を行なっていないのに、研究論文を提出している院生が数人いた。論文内容を質問しても、ろくに答えられず、あまりに低レベル。おかしいと思い調べると、他人の論文をコピーして繋ぎ合わせただけだった。そして問題は、不正論文の手引きをしたのはその担当教授だったということです。すぐに私たちはその実態を学長に訴えた。

 しかし、学長は、『この件については騒がないでほしい』という。さらには『こんなこと(不正の暴露)をやったら、ウチの大学はたいへんなことになる』とも話しました。そこで、不正が横行する容易ならざる事態に、大学が陥っていることに気づきました」(森山氏)

 森山氏は榎本氏らとともに、岡山大学医学部が発表してきた論文の精査にとりかかった。学生の論文から有名教授の研究発表までその数は200本以上にのぼる。そこで、とんでもない事態になっていることが判明する。榎本氏が続ける。

「この数年の論文を調べただけで、出るわ出るわ……あまりの多さに声を失いました。当たり前のように研究データの改竄が行なわれ、それをもとに論文が作成されていた。学生の論文というレベルではなく、医学部を代表する著名教授の研究室でも、当然のように不正が行なわれていた。不正論文の数は、現在、判明しているものだけで28本にのぼります」

 その著名教授とは、腎臓病や高血圧など最も薬の需要が高い分野で、学会・製薬業界で知らぬ者はいないというX教授や、泌尿器や先駆的遺伝子治療の権威であるY教授らだ。まずX教授について。

「複数の論文で“細胞映像の使い回し”が確認されました。実験を繰り返すうちに、理想的な結果を示す細胞の状態が現われることがある。偶然に過ぎないのですが、その細胞の映像を光の露出も微妙に変えるなど細工をして何度も使い回すことによって、理想の研究結果が得られたかのように見せかけていた。完全に不正な手法です。

 また、基礎研究、臨床研究を通じて、統計データが非常に杜撰。何度も同じ数値が現われるはずがないような研究にもかかわらず、不自然に数値が一致することも多数確認できました。データの扱い方に、深刻な問題がある」(榎本氏)
:引用終了

☆原発利権 抗ガン剤で殺される 船瀬俊介 57分
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=IYEB8BMrAC8
Posted by 通りがけ at 2014年04月25日 23:23
★遠山金四郎さん
久しぶりにニュース以外の、テレビを、見たら、あまりの、悪魔的な内容に、唖然。ドラマのタイトルが、「悪魔ちゃん」に、「死神くん」。悪魔ちゃんというドラマは、超美人女優の北川景子さんが、主役。「死神くん」というドラマは、今をときめくジャニーズの一番の出世頭の「嵐」の大野くん。あまりの、悪趣味な内容に、唖然。もちろん、これは、ユダヤ金融悪魔CIAの策略だということは、わかりますが、このようなあまりにも不道徳な内容のドラマが、平然と、制作され、平気で、公の電波に乗って垂れ流されている現状に唖然としました。しばらく、テレビを、見ない間に、日本のテレビドラマ界は、ここまでユダヤ金融悪魔に乗っ取られ、このような醜悪なドラマが、平気で制作されている現状になっているとは。私たち、コシミズ大将の理論を、知っている大人は、「ああ、ユダヤ金融悪魔の仕業だな」とわかりますが、何も知らない「嵐」ファンの小学生とか、幼稚園児とか、中学生が、見たらどうでしょうか?本当にテレビは、もう捨てるべきです。「奴ら」のやり方が、あまりにも露骨になっています。
>遠山金四郎さん2014/04/26 01:02
http://richardkoshimizu.at.webry.info/201404/article_252.html
Posted by 通りがけ at 2014年04月26日 06:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

辺野古座り込み10周年!
Excerpt: 琉球新報WEBより、辺野古座り込み10年、会場パレードと集会 【名護】米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設に反対する人々が、辺野古の海辺で座り込む活動が19日で10年を迎えた。同日、住民らは漁船と..
Weblog: 辺野古・普天間に基地はいらない高松行動
Tracked: 2014-04-19 21:13