2007年05月26日

久間防衛相が「さっぽろ雪まつりと同様」!

沖縄 辺野古で強行されようとしている米軍の新基地建設計画ですが、違法とも言われている今回の「事前調査」に自衛隊を動員した法的根拠について、以下の文章で疑問を書きました。
http://atsukoba.seesaa.net/article/42216684.html

この中で、
--------------------------------------------------------------------
今回の作業は「さっぽろ雪まつり」に協力するようなものなんでしょうか?
--------------------------------------------------------------------
となかば皮肉を込めた冗談で書いたのですが、なんと防衛大臣が同じような発言をしました。

琉球新報
久間防衛相「海自動員雪まつり同様」 自衛隊法根拠示せず
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-24044-storytopic-3.html
----------------------------------------------------ここから引用----
「自衛隊法のどの条項に基づいているのか」との辻元清美氏(社民)の質問に対し、「さっぽろ雪まつりも自衛隊が応援するが、自衛隊法のどの条項に基づいて出るのか問われると非常に難しい」と説明。自衛隊が協力している同様な事例として「さっぽろ雪まつり」を挙げた。
 これに対し辻元氏は「自衛隊法に根拠のない行為ができるのはおかしい」と強調。「雪まつりと辺野古への艦船出動を同列に考えるのは見識が問われる」と批判した。
-----------------------------------------------------引用ここまで---

防衛大臣のこの発言は失言でしょうね。

kyuma.jpg
画像はオフィシャルサイトより

衆議院議員 長崎県第二区 久間章生
http://www.f-kyuma.com/


「法的根拠」については、上記の琉球新報の記事には以下の記述もあります。
----------------------------------------------------ここから引用----
 防衛省の山崎信之郎運用企画局長は海自動員について「自衛隊法の中には明示的な規定はない」と述べた。
-------------------------------------------------------中略---------
 山崎運用企画局長は、環境現況調査への海自動員の法的根拠を「官庁間協力」(国家行政組織法)の考えに基づいた部内の業務支援と説明。
--------------------------------------------------------------------
環境現況調査の法的根拠については防衛省設置法4条19号の「駐留軍に提供した施設および区域の使用条件の変更および返還に関すること」とする規定を示した。「自衛隊法も防衛庁設置法の所掌事務を受けて定められている」と述べた。
-----------------------------------------------------引用ここまで---

前述の「しんぶん赤旗」の記事によると
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2007-05-26/2007052603_01_0.html
----------------------------------------------------ここから引用----
この問題でいま政府が、法的根拠について説明不能に陥るという事態になっています。
-------------------------------------------------------中略---------
防衛省の山崎信之郎運用企画局長は「(自衛隊法には掃海母艦派遣の)明示的な規定はない」と述べました(二十四日の衆院安全保障委員会)。もともと法的根拠がないことを認めたのです。
--------------------------------------------------------------------
 軍事力を動かすのに、法的根拠も示せないというのは、法治国家にあってはならない事態です。
-----------------------------------------------------引用ここまで---

そして、山崎運用企画局長が「官庁間協力」と説明した件については、
----------------------------------------------------ここから引用----
 防衛省は「官庁間協力」の要件として、(1)事務の公共性(2)手段等の非代替性(3)緊急性―の三点を挙げています。

 しかし、米軍に新たな出撃拠点を差し出す基地建設に、「公共性」などあるはずがありません。
--------------------------------------------------------------------

 では、「非代替性」や「緊急性」にもとづき、“自衛隊が出動しない限り、調査ができない”と現地が要請したのでしょうか。

 赤嶺氏が、調査を直接担う民間業者、現地の那覇防衛施設局の要請の有無をただしたのに対し、北原巌男防衛施設庁長官は「施設庁長官として、調査をしっかりやらなければならない。責任ある立場から(私が)要請した」と述べ、民間業者らからの要請がなかったことを認めました。
-----------------------------------------------------引用ここまで---

政府はかなり苦しい言い訳をしています。

「自衛隊は、なぜ夜中に作業を終わらせたのか?」
http://atsukoba.seesaa.net/article/42212863.html
にも書きましたが、

今回の自衛隊の動員は、
自衛隊を動員するとどの程度の反発が起きるかを知りたかった
という「観測気球」的な側面と、

「いざとなったら自衛隊を使って鎮圧するぞ!」
と言って、
今後の治安出動・警護出動をちらつかせる側面と、
ふたつの意図があったのではないかと思います。

posted by あつこば at 13:04| Comment(1) | TrackBack(0) | 米軍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
では、雪まつりはどの条文に従っているのですか?
雪まつりで、自衛隊が「協力しない可能性がある」と言ったとき、
えらく反対していた方を見たことがありますが。

結局は、雪まつりはいいけど辺野古はダメと言うのは、
ただのご都合主義にしか見えません。
Posted by チャコ at 2007年06月08日 01:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック