2016年08月16日

【天皇メッセージ】「皇室典範」は「象徴天皇」は、どうする?

今月8日に宮内庁が「象徴としてのお務めについての天皇陛下のおことば」を発表しました。

特定の身分の人にだけ「陛下」という特殊な敬称を付けるのは平等ではないと思いますので、ここでは役割としては「天皇」、現在天皇である人物については「平成天皇」と書く事にします。
「大正天皇」や「昭和天皇」などという呼び方はその人物が死んでから使うものだと主張している人たちもいるようですが、ここではわかりやすくするために「平成天皇」または「今の天皇」と書きます。

人によっては「明仁」と呼び捨てで呼ぶ人もいます。そう呼ぶべきだとする意見もわからなくはありません。私自身は、「天皇制」という制度には問題があるものの、今の天皇はなかなかの人格者で、もの凄く考えて努力しているんじゃないかと思っていますので、親しみを込めて「明仁さん」と書いてもいいと思いますけど、まあ知り合いでもないですしね。

そして今回の「おことば」は、英語でのタイトルが「Message from His Majesty The Emperor」となっていますので、「天皇メッセージ」または「メッセージ」と表記する事にします。

天皇メッセージは、以下で動画と文章が公開されています。
http://www.kunaicho.go.jp/page/okotoba/detail/12

20160808天皇メッセージより

■高齢になったら引退できるように「皇室典範(てんばん)」を改訂したほうがいい

このメッセージの中で平成天皇が主に訴えたかった事は、天皇が年老いて体が動かなくなっても死ぬまで天皇を続けるのではなく、健在なうちに次の天皇に引き継ぐ、いわゆる「生前退位」を認めてほしいという内容だと理解できます。そして今の天皇は、昭和天皇が死んだ時のような大騒ぎで、今後、国民や天皇家に影響が及ぶ事も心配しています。

ただし、天皇は憲法で「国政に関する権能を有しない」とされていますので、平成天皇が直接「こうしてくれ」と言うわけにはいきません。
そこで今回のメッセージでは平成天皇が「個人として、これまでに考えてきた事」や「気持ちをお話し」したわけです。

平成天皇は82歳だそうで、外科手術も二度受けていて、最近では公務でちょっとした間違いをする事もあったとされています。彼は「完璧主義者」と言われていますので、おそらく自分が天皇としての役割を完璧にできなくなっているのに続ける事がイヤで、そして次の天皇になる人がまだ若いうちに引き継がないと、次の天皇にも負担をかけてしまうと案じているのではないかと思います。

天皇の生前退位を認めるためには、皇室に関する法律、つまり「皇室典範」を改訂する必要があります。一部の政治家やマスメディアは、今回の天皇メッセージを理由にして憲法を変えようとしていますが、生前退位を認めるのに必要なのは憲法ではなく皇室典範の改訂だそうです。

20160808天皇メッセージより

■「皇室典範」を変えるならば、女性も天皇になれるようにしたほうがいい

皇室典範を変えるのであれば、ホントは「男だけしか天皇になれない」という決まりも変えたほうが良さそうです。

この時代に男しか天皇になれないというのは、かなり時代遅れな感じです。現実問題として天皇家の中に後を継げる男の子がいなかったので、2005年頃に皇室典範を変えようという動きがありました。

女性天皇を認めようとすると頑固な人たちがかたくなに反対して、なかなか議論が進まず、やがて今の天皇の次男夫婦に男の子が生まれて、皇室典範を変える議論は止まってしまったそうです。今回も女性天皇を認めるかどうかの議論をすると話が進まなくなりそうですので、とりあえずは生前退位を認めるだけの改定にするのがいいかもしれませんね。


■「象徴天皇」は、どうするのか?

さて、今回の天皇メッセージでは、「象徴」や「象徴天皇」という言葉が何度も繰り返して出てきます。

日本が戦争をしていた時代の昭和天皇の息子である今の天皇は、戦後、「象徴天皇」として引継ぎ、「象徴天皇」としての自分の役割をよく考え、本人の言葉を借りれば「人々の傍らに立ち」「その声に耳を傾け」「思いに寄り添うこと」が大切だと考え「全身全霊」でその勤めを果たしてきたと思います。

「天皇制」自体に問題があるという人もいます。私も、現在のシステムでは、今後ろくでもない人物が天皇になってしまう懸念はあると思います。そして、そもそも世襲制度は人間を平等に扱うものではありませんし、天皇制は天皇家の人たちに対しても人権侵害だと感じています。

-----ここから引用-----
「職業選択の自由も無く、世襲で強制的に天皇という地位に就かされた上に、その地位から離脱する自由もなく、死ぬまで公務を全うし続けなければならない」
「天皇家の人々は結婚ですら政府の承認を必要としていて、自分だけの意思で決めることができない。」
-----引用ここまで-----
(「ニュース専門ネット局 ビデオニュース・ドットコム」のサイトより
http://www.videonews.com/marugeki-talk/800/

そして、現在の天皇は立場上、さすがに「天皇制はイヤだ!」と言う事はできません。あくまで、象徴天皇としての自分がなすべき事を考え、「象徴天皇」として完璧に行動する事しかできないのです。

しかし、その「象徴天皇」という仕組みも、あやうい状況にあります。
現在の憲法では「天皇は、日本国の【象徴】であり」となっていますが、自民党の改憲案では「天皇は、日本国の【元首】であり」に変えられています。天皇が元首であるとの規定は明治時代に制定された「大日本帝国憲法」の時代に戻るものです。

今回、平成天皇はメッセージの中で「象徴」や「象徴天皇」という言葉を何度も使う事で、立場上はっきりとは言えないながらも、自分は平和憲法のなかの「象徴」であり、将来の天皇家もそうあり続けてほしいという事を示したかったのではないかと思います。
 

posted by あつこば at 16:41| Comment(1) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「モサドさまのNHK悪魔王と森永電通鬼畜」

★阿修羅♪
≪醜態≫稲田防衛相が会見で側近にブチ切れる!質問に答えらず30秒間の沈黙も!沖縄・高江の自衛隊ヘリ使用問題で
www.asyura2.com/16/senkyo212/msg/773.html#c19

多重連続投稿しようとしたら、ホスト規制がかけられた(笑)ので、こっちへ投稿。

___________________________________________________________

日本対中国:経済と安全保障の対立 c AFP 2016/ Kazuhiro Nogi
オピニオン
2016年09月17日 23:55(アップデート 2016年09月18日 00:02)

sptnkne.ws/ckz9

リュドミラ サーキャン2989310


この10年間で世代の変化に伴い日本と中国、互いの認識が変わりつつある。それでも今のところ、どちらも互いを信頼しようとせず、第二次世界大戦に関して意見が食い違い、将来の軍事的衝突を危惧している。


これがこの春、米ピューリサーチセンターが日本と中国で行った調査の結果だ。

調査結果とその考察が13日に同組織のウェブサイトで発表された。

それによると、日本人の42%、中国人の53%が互いを信頼していない。

互いをよく思っているのはそれぞれ11%および14%しかいない。



中国人の77%が1930年代と1940年代における日本の戦争犯罪に対する日本の悔悟は十分ではないとし、十分だとするのはわずか10%だった。

一方の日本では、回答者の約半数が日本は十分に謝罪していると述べ、23%が不十分とし、17%はそもそも謝罪など必要ないとしている。




極東研究所日本研究センター上級研究員ヴィクトル・パヴリャチェンコ氏は次のように述べた。

「多くのアジア諸国の人々が互いに対して恨みを持っている。

理由は過去の歴史にあり、それが紛争や相互不信を頻発させている。

もちろん、戦争はすべての大陸で発生したが、ロシア人とヨーロッパ人の歴史的恨みはそれほどでもないのに対し、東洋では過去の恨みの記憶をいつまでも覚えているという心理的特性がものを言う。

戦後数十年、日本の政治家は繰り返し、アジアの多くの国に対する帝国軍の行動を謝罪したが、東京と北京が関係悪化するたびに、中国は、過去のことを日本に思い出させる」



共有する歴史の認識が大きく異なるのに対し、将来への期待はより均等だ。

日本人の約80%と中国人の約60%が中国と近隣諸国との間の領土紛争が軍事衝突につながる可能性を危惧している。

注目すべきは、この危惧を抱いている日本人はほとんどが50歳以上であり、18〜34歳はほとんど心配していない。



日本と中国の指導部は繰り返し、反目を克服し、強固な友好関係を構築する意向を表明している。

しかし、これらの声明、強い経済関係、強烈な文化、観光客や学生の交流にもかかわらず、両国の国民は互いについて主に否定的な固定観念を再生産し続けている。


ヴィクトル・パヴリャチェンコ氏は次のように述べた。

「今日アジアの主要な危険因子は経済と安全保障の間の対立だ。

日本と中国間の貿易高は3000億ドルを超えている。

これはかなりの量であり、両国は、係争諸島は軍事キャンペーンを起こすに値するものではなく、損失は、取得よりもはるかに大きいであろうと十分認識していると思う」



中国と近隣諸国間の領土紛争に関与しているのは日本だけではない。

そのため、2015年にピューリサーチセンターが行った調査の結果と現在のデータを比較することも興味深い。


当時フィリピン人の91%、ベトナム人の83%が、南シナ海における中国の領有権主張が軍事衝突につながる可能性に懸念を表明していた。

韓国でも中国の領土的野心が回答者の78%に懸念を呼んでいた。


...

関連:
稲田防衛大臣、中国の活動活発化で米国との協力強化を呼びかけ
日本、史上最大規模の軍事予算:要因は中国以外にも
タグ
日本, 中国
_______________________________

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメント


豊岳正彦
06:55 18.09.2016

なんといってもモサドさまのNHKが病原体だけど。

率先して中国の悪口を煽ってるでしょ。

日本中の家庭内や公共の場所でw



豊岳正彦
07:01 18.09.2016

私はテレビないから知らないが、NHKモサドと森永電通が露国大統領や中国主席の会見を放送したことなどないんじゃないのかな。



豊岳正彦
07:10 18.09.2016

今度のウラジオストクと中国G20でロシアのプーチンさんの談話とか中国習近平さんの談話とか日本国内でまとまった放送があったのかな?



豊岳正彦
07:14 18.09.2016

15年以上常連投稿の森永電通東大話法(NHKと同じw)掲示板「阿修羅」でも、そんなタイトルにはとんとお目にかからないけどね(笑)



豊岳正彦
07:27 18.09.2016

私が今度のウラジオストクで一番期待したのは、ロシアのテレビ局の日本語放送が日本国内の全国放送網に参入することだったが、どうなったことやら(笑)



豊岳正彦
07:32 18.09.2016

フジテレビとか、どうせつぶれそうなんだから(笑)、ロシアのテレビ局に身売りして、円ルーブル決済で買い取ってもらったらいいんでないかい(笑)



豊岳正彦
07:37 18.09.2016

若い頃に観た6時間超大作「カラマーゾフの兄弟」を日本語字幕付きでノーカットでテレビで見たいものだ(笑)



コメント
Posted by ほうがくしょうげん拝 at 2016年09月18日 17:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/441091956

この記事へのトラックバック