2017年01月18日

DVD『基地はいらない、どこにも』が発売して10年!

DVD『基地はいらない、どこにも』ができたのは10年前。
2007年の1月18日に、東京の中野ZEROで完成試写会を行いました。

『基地はいらない、どこにも』

この作品をつくり始めたのが、いつ頃なのかははっきりしていません。それまでに私が別の映像作品やテレビ番組のために取材した映像を集大成し、この作品のために長期間の追加取材をして完成させたからです。

さらに以前の、過去のアーカイブスからの映像も使用していますが、私自身が取材した映像でもっとも古いのは、2004年に初めて沖縄の辺野古で取材した映像です。ですので、そこから数えると『基地はいらない、どこにも』が完成するまでに2年以上かかった事になります。

その間の仕事としては、神奈川県の基地に反対する運動を中心にした『黙っていると100年先も基地の街』という作品もありました。
その作品をつくった頃、プロデューサーと「神奈川だけじゃなくて日本中の米軍基地の問題として捉えた作品をつくりたい」という話をしていました。

ところが、その作品をつくるためのお金を出してくれるところがなく、どうしようかと思っていたらプロデューサーが自分の退職金の一部を出してくれて、制作会社の日本電波ニュース社が出せるお金と合わせて、自主制作の映像作品としてつくる事ができました。

そうして完成した『基地はいらない、どこにも』は、DVDを買ってくださった方はいたものの、結果的には、赤字になってしまいました。とはいえ、私がつくった社会的な映像作品としては、自分自身でいちばん納得ができる作品をつくることができました。

その後、『どうするアンボ』というDVDをつくった後は、社会的な映像作品はあまりつくらなくなりました。そのひとつの理由は、自分がいちばん伝えたかったことは、『基地はいらない、どこにも』で出し切ったという感覚があるからです。

取材をしている間はこの作品をどうまとめようか悩みましたが、全国各地の基地を取材している間に、すこしずつ「これを伝えるべきだ」という確信が持てるようになりました。

基地問題で翻弄される人たち、米軍基地や軍需産業で働く人たち、日本の基地から出撃した軍隊に殺される人たち……、さまざまな人を見て、取材して、この作品ができました。

DVD『基地はいらない、どこにも』、ぜひ、ご覧いただければと思います。

http://www.ndn-news.co.jp/shop/order.cgi

以下の画像は、完成試写会当時のチラシです。
shisha-B01.jpg
posted by あつこば at 10:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 米軍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/446036347

この記事へのトラックバック