2007年10月01日

10月12日(金)福岡で『基地はいらない、どこにも』上映!

米軍再編ドキュメンタリー『基地はいらない、どこにも』が福岡で上映していただけることになりました。
鹿児島県に続いて九州は二度目になります。
私もトークでおうかがいします。ぜひ、よろしくお願いします。

henoko+title.jpg

■「ハートフルフェスタ2007」参加行事■
ビデオ上映&講演会
「 基 地 は い ら な い 、 ど こ に も 」

日時:2007年10月12日(金)18:30〜21:00

場所:福岡市人権啓発センター「ココロンセンター」研修室
   http://jinken.city.fukuoka.jp/
   博多リバレイン・リバレインオフィス10階
    福岡市営地下鉄/「中洲川端」駅下車 地下より直結
    バス/明治通り「川端町(博多座前)」下車すぐ
    天神から徒歩約10分
   地図 http://jinken.city.fukuoka.jp/shisetsu/access.html

参加費:500円(高校生以下無料)

主催:沖縄とむすぶ市民行動・福岡

主催者のブログは以下です。
http://kshibata7.cocolog-nifty.com/okinawa/2007/09/post_240a.html

posted by あつこば at 15:56| Comment(4) | TrackBack(0) | 米軍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「基地がいらない」ってのはいいんだけど、その基地を擁した都道府県や市町村って
それに関した補助金とか特別予算とかを受け取っていないんですかね?(特に沖縄)
Posted by 我王 at 2007年10月02日 07:40
いや、それはいいでしょ。
基地に賛成でも反対でも、結局はある程度
の「痛み」は負うわけですから。それを
名誉であると感じるか、基地は要らない
と感じているかは別の問題。

政府は、どんなブサヨク地方公共団体でも
一律補助金を支給すべき。これは思想の
自由にも通じます。
Posted by 左翼撲滅 at 2007年10月02日 23:07
いや、その「痛み」に対する対価を受け取っておいてその対価の対象に対して「要らない」なんて主張するってのはねぇ
対価の対象を否定しながら対価を受け取っていたんじゃその主張は筋が通らないと思いませんか?
Posted by 我王 at 2007年10月02日 23:56
確かに筋は通らない。
Posted by 左翼撲滅 at 2007年10月03日 23:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック