2007年10月22日

DVD『黙っていると100年先も基地の街』

今回は『基地はいらない、どこにも』のベースになった作品を紹介します。

神奈川県の平和団体の依頼で制作した『黙っていると100年先も基地の街』です。
2005年の夏から着手、制作途中で米軍再編のいわゆる「中間報告」が発表され環境が激変する中、2006年2月に完成しました。

damakichi_400.jpg

神奈川県は沖縄に次いで全国で二番目に米軍基地が多い県です。
この『黙っていると100年先も基地の街』(43分)では、在日米軍基地と反対運動の歴史を紹介し、軍事レポーター 石川厳さんへのインタビューなどを収録しています。

『基地はいらない、どこにも』でも紹介したキャンプ座間や相模総合補給廠、厚木基地の問題についてもさらに詳しく解説。また時間の関係で『基地はいらない、どこにも』では紹介できなかった横須賀での原子力空母の危険性、その横須賀で起きた米兵による強盗殺人事件、空母艦載機の墜落事故、池子の米軍住宅の追加建設問題、思いやり予算で立てられた相模原の米軍住宅、使われていないにもかかわらず返還されない基地、返還された基地の跡地利用などを紹介しています。

『基地はいらない、どこにも』と合わせて『黙っていると100年先も基地の街』も、ぜひ、ご覧ください。(DVD/VHSがあります。)

購入申込み・問合せ先
http://homepage1.nifty.com/anpohaikikanagawa/video.htm

予告編
http://homepage1.nifty.com/anpohaikikanagawa/damatte.wmv
posted by あつこば at 09:11| Comment(11) | TrackBack(0) | 米軍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あれっ、(消極的に)私のコメントを肯定したんじゃなかったんですかい?
Posted by 我王 at 2007年10月22日 23:33
基地外はいらない
Posted by ぷひ〜〜 at 2007年10月23日 01:05
そりゃあ彼らからしてみれば、
『(アメリカ軍の)基地はいらない、どこにも』
でしょうねぇ。
Posted by ねも at 2007年10月23日 12:37
 いや、私は見てみたいですよ、ツッコミが趣味なもんですから。

 でも、ちょっと高いですね。

 この人の仕事ならば、林慎吾氏の新書判の本くらいの値段にしていただきたい。
Posted by ガガガ at 2007年10月23日 21:31
こうやって市民からお金を巻き上げるんですね。会計報告を出さない市民団体なんて信じられません
Posted by   at 2007年10月23日 22:58
原子力空母が危険ならそもそも米軍自体使わないだろうし、外人による犯罪は
某国の方が圧倒的に多い
航空機の墜落の危険性は基地・空母だけでなくどの空港にも付き物な事
住宅問題なんか民間でも山ほどあるわな
Posted by 我王 at 2007年10月24日 08:50
どうでしょう?確かに米軍が駐留すること
による痛みはあると思います。

問題は、その痛みが安全保障全体にとって
許容できるものか否かであり、現在のとこ
ろ、我々は安全保障上のメリットに比べて
これらは軽微であるとして受け入れて来た
わけです。

自分の利益を最優先し、公共の福祉を
一切度外視するなら、基地は要りませんよ。
そりゃ。

「清掃工場はいらない、どこにも。」
「発電所はいらない、どこにも。」
「臭いゴミ処理場はいらない、どこにも。」
「牛のと殺場は要らない、どこにも。」
「臭い下水処理場は要らない、どこにも。」
Posted by 左翼撲滅 at 2007年10月24日 21:58
てか米軍基地を無くしたら
基地にモノを納入してる業者
基地で働いてる日本人
基地周辺の米兵相手の商売やってる店
米軍に土地貸して借地料貰ってる地主
米軍の払い下げ物資扱ってる業者
などみんな失業ですがそれはいいの?
それに基地負担の見返りとして沖縄は税収の面で優遇されてるし、援助金も出てる
それも無くなりますが?
Posted by ・・・・・・ at 2007年10月27日 09:12
画像にある「許せない米兵の犯罪」というのもおかしい事なんですよね
米兵であろうが日本人であろうが、はたまた特亜の人間であろうが犯罪は許されないものですよね
これって「人種差別」&「職業差別」ですよハッキリ言って
Posted by 我王 at 2007年10月28日 19:38
米軍がいなくなったら人民解放軍が
来るだけでしょ?
まあ、琉球はもともと中国に柵封されて
たんだからそれもいいかもしれんがww
でも、中国が太平洋に進出するのを
アメリカが黙って見てると思うか?
そうなれば、運が悪けりゃベトナムの
二の舞だろうねw
まあ、その前に先手打って独立してスイスみたいに永世中立国にでもなるこったな
Posted by 123 at 2007年10月30日 21:44
ちなみに、石垣島の役所に昔清帝国が
中国漁民の救助をしてくれた尖閣島に
住んでいた漁民に感謝状を贈っている
のが残っている。
そこには日本国沖縄県尖閣島とちゃんと日本の住所を中国の役所が書いている訳だ。
なのに、何で今頃尖閣島は中国の領土
と喚きたてるのか?
「琉球は中国の属国だったのに、ああ
おしいことをした。下手打った・・・あのときあんなの書かなきゃよかった」というのがあるんだなw
太平洋をグランドに見立てて
サッカー風に言えば、台湾と沖縄を押
さえてる米軍がフォアードを押しあげて攻めているような形だ。
中国から見れば台湾と沖縄を奪い返す
ことで少しでも前に押し出したいんだよw
そこに米軍が出て行けばどうなる?
力の空白が出来ればそこは取り合いに
なるのは歴史が証明しているでしょ?
米軍出てけというのなら、中立だけど
国民皆兵のスイスみたいになるしかないねえ。
そうなれば双方とも、多少は安心する
だろうからな。
ところで君たちは、薩摩に支配されてた琉球王朝時代、なぜ武装解除された琉球の武士たちが薩摩に隠れて何百年もの間琉球空手を修練して発達させてきたのか考えたことある?




Posted by 123 at 2007年10月30日 22:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック