2007年11月30日

やんばるの森での座り込み

沖縄島の北部に広がる「やんばるの森」で座り込みをしている人達がいます。
辺野古(へのこ)での米軍の新基地建設を止めるための座り込みと海上阻止行動は、全国的にも世界的にも有名になりましたが、ここでの座り込みはまだあまり知られていません。

takaeN4-3_400.jpg

ここは辺野古よりもさらに北にある、東村(ひがしそん)の高江(たかえ)という集落です。高江は現在、人口157人。そのうち小中学生が14人、まだ学校に通っていない小さな子が11人という子供の多いところです。

その集落を取り囲むように、6つのヘリパッド(着陸帯)が作られようとしているのです。
東村には現在でもすでに15ヶ所のヘリパッドがあり昼夜を問わずヘリコプターの訓練が行なわれています。新しく作られようとしているヘリパッドはこれまでのものよりも大きく、作られてしまうとこれまで以上の騒音と事故の危険性にさらされることになりそうなのです。

高江区の人達は、2006年2月23日に「ヘリパッド反対」の決議をしました。

takaeN1-1_400.jpg

この日、座り込みのテント内は、和気あいあいとした雰囲気でした。
今年7月と8月にはヘリパッド建設の動きがあり、集まった人達が非暴力で必死で止めたのですが、その後、作業は行なわれていません。

takaeN4-6_400.jpg

ただ、油断して気を抜いてしまうとヘリパッド建設の作業を強行されてしまいます。何ヶ所かあるゲートを守る必要があるため、座り込みに参加する人が不足しています。「ここはワシが守る」と言って毎晩、テントに泊まり込んでいる方もいます。

以下のブログに最新の情報が掲載されています。

「やんばる東村 高江の現状」
http://takae.ti-da.net/
タグ:沖縄 米軍 高江
posted by あつこば at 17:04| Comment(0) | TrackBack(1) | 米軍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/70185607

この記事へのトラックバック

本日、沖縄防衛局が、東村(ひがしそん)高江(たかえ)で、米軍ヘリパットの工事を強行しようとしました。
Excerpt: 【転載歓迎】 本日、沖縄防衛局が、東村(ひがしそん)高江(たかえ)で、米軍ヘリパットの工事を強行しようとしました。 東村高江は、世界でもこの地域にしか生存しないとされるヤンバルクイナやノグチ..
Weblog: kayophoto info
Tracked: 2008-02-04 14:56