2013年09月30日

寿町フリーコンサート・映像記録を見る会

横浜のドヤ街で行われている寿町フリーコンサートは、今年も8月に行われて、雨のなか盛り上がって終わりました。

寿町フリーコンサートの「映像記録を見る会」というのが行われて、現在、そこで上映する動画を編集中です。
今年の寿町フリーコンサート全出演者の演奏を1曲ずつ。さらに過去の映像のなかから約40分に編集したものを上映する予定です。

2013年、寿[kotobuki]「もう愛しかない」

----------------------------------------
寿町フリーコンサート・映像記録を見る会
http://kotobukifree.web.fc2.com/news20131013.html
----------------------------------------
●日時:2013年10月13日(日曜)
開場13:30 開始14:00〜終了16:30

●会場:寿町内会館(寿生活館2F)
横浜市中区寿町3-12-2/JR石川町北口から徒歩5分
●入場無料
●編集・構成:小林アツシ

◎同日開催「寿まち歩きミニツアー」
JR石川町北口改札に13:00集合・出発
※フリーコンサートスタッフの案内で、職安前広場などを巡りながら上映会場へ向かいます。

■主催:寿町フリーコンサート実行委員会
http://kotobukifree.web.fc2.com/
<お問い合せ>
でんわ:090-6107-7662
メール:fullswingrecord@yahoo.co.jp
(担当;小林直樹)
 
posted by あつこば at 17:44| Comment(0) | TrackBack(0) | メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月19日

【無料!】9月7日(土)明治大学駿河台校舎で上映。トークあり

東京では、久しぶりの『基地はいらない、どこにも』の上映会です。
『基地はいらない、どこにも』は、『どうするアンポ』の前につくった作品ですが、「今はこの作品をやりたい!」と希望して実現しました。

『基地はいらない、どこにも』
http://www.ndn-news.co.jp/shop/pickup/kichidoko.html

以下、案内文です。

-----

○●○●○●○●○ ドキュメンタリー映画上映会 ●○●○●○●○●○

映画『基地はいらない、どこにも』by 小林アツシ

軍事基地は沖縄だけの問題なの?
いま、あらためて基地を考える

日時:9月7日(土)17:30〜19:30
会場:明治大学駿河台校舎研究棟4階第1会議室
http://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/access.html
※上映後、監督トークあり・入場無料

主催:一橋大学大学院社会学研究科フェアレイバー研究教育センター
   明治大学労働教育メディア研究センター
   Labor Now

参加申込み:資料準備の都合上、9月6日までに事務局・高須宛にご一報下さい。
 電子メール h_takasu(a)jca.apc.org (a)を半角の@に置き換えて送信下さい。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

軍事基地問題の本質とは?

2013.8.11
小林アツシ


2012年に続いて今年もオスプレイが普天間基地に配備されつつある。そしてオスプレイは東京の横田基地にも配備されるのでは?、自衛隊も導入するのでは?、という報道もされている。
橋下徹大阪市長らからは、大阪でオスプレイの訓練を受けて入れられないか、などという発言も飛び出していた。

こうした状況を見るたびに『基地はいらない、どこにも』をつくっていた当時のことを思い出す。いまの状況とそっくりなのだ。
『基地はいらない、どこにも』は、全国規模の大騒ぎとなった「米軍再編」の動きを取材し、2006年12月に完成した映像作品である。
私自身は、その後『どうするアンポ』という作品もつくったが、『基地はいらない、どこにも』のほうが、基地問題の本質を描けたのではないかと思っている。

沖縄の過剰な負担を減らすべきだというのは正しい。しかし「米軍再編」のその後の動きを見ていても「沖縄の負担軽減」を名目に本土に移転させたものの本質的な解決にはならなかった。
こんなことを書くと、「お前のそういう発言こそが、沖縄に対する差別を固定化させている」という批判を受ける。
沖縄に対する差別の解消という意味では「本土移転」は理にかなっている面もある。沖縄の人たちにはそれを要求する権利もある。そして過剰負担を押し付けた側は、その主張に耳を傾けるべきである。
しかし、残念ながら「沖縄の負担軽減」を名目に行われた米軍再編も、結果的には沖縄の負担軽減にはならず、基地被害を拡散し、沖縄の負担も減らないという結果になっている。

「軍隊」は自分たちが便利に使える「陣地」を増やしたがるのだ。「出ていけ!」という声があまりに強いと使っていない基地を少しだけ返還したりするが、基地に対する反対の声が弱い場所では、基地強化が進められる。

そして、軍事基地の問題は「迷惑施設」の問題としてだけ考えれば良いわけではない。軍事基地は、そこから軍隊が海外に行って人殺しをするのだ。沖縄だろうがヤマトだろうがグアムだろうが同じだ。「負担軽減」で移転しても、その本質はなにも解決しない。

本質はなのかをとらえるのはむずかしい。基地問題は、基地関係で働く人たちの労働問題ともつながる。そして軍需産業をはじめ、多くの人たちが、基地があるこの構造のなかで生活を営んでいる。この複雑な問題をどう解決していくか。やはり本質はなにかを考えながら行動するしかないだろう。
 

posted by あつこば at 09:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 米軍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月08日

「奇跡の詩」ブログ

新作DVD『奇跡の詩』のブログができました。
http://kisekinouta.seesaa.net/

『奇跡の詩』についてはもちろん、寿[kotobuki]や寿町フリーコンサートなどについても書いていきます。
2000年『A−YO』
DVDは、8月12日、寿町フリーコンサートの会場で発売開始です。

ぜひ、よろしくお願いします。
 
posted by あつこば at 17:22| Comment(0) | TrackBack(0) | メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月15日

【動画】『辺野古埋め立ての怪』

皆さん、ご存知かと思いますが、辺野古での基地建設をさせないためには、
いま、沖縄県知事が埋め立てを認めないことがポイントになっています。

7月18日まで(消印有効)、沖縄県知事にハガキで意見を出せます。

●参考↓
http://henoko.ti-da.net/e5005419.html
http://henoko.ti-da.net/e5010304.html

-----
私なりに現在の辺野古での埋め立て計画の問題点を短い動画にしてみました。
http://www.youtube.com/watch?v=JhXitMnSULU


仮に「辺野古での基地建設を容認する」という立場の人からみても、やはり今の
埋め立て計画はおかしい、と思っていただける内容にしました。

よろしければ、ご活用ください。
 
posted by あつこば at 10:21| Comment(4) | TrackBack(0) | 米軍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新作DVD『奇跡の詩 寿[kotobuki]@寿町フリーコンサート』8月12日発売!

2013年8月12日に、新作DVDを発売します。

『奇跡の詩 寿[kotobuki]@寿町フリーコンサート』予告編
http://www.youtube.com/watch?v=nD_csiKOgEo


寿町フリーコンサートのDVDなんだから、今年の寿町フリーコンサートが行われるその日に、その会場で、なんとしても発売開始しなくては!
……ということで、現在、編集の追い込み中。明日はスタジオで整音の作業です。
 
posted by あつこば at 10:17| Comment(0) | TrackBack(0) | メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DVD『シーサーズ/ウタノゲンバ』動画告知!

私にとっては最初に出した音楽DVD。いまの自分のきっかけになったバンドの歴史的映像集『シーサーズ/ウタノゲンバ』のネット用動画告知をつくりました。
http://www.youtube.com/watch?v=2mr1bpsvaZ4


『シーサーズ/ウタノゲンバ』は、以下から注文できます。
http://form1.fc2.com/form/?id=585939
 
posted by あつこば at 10:04| Comment(0) | TrackBack(0) | メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月31日

6月1日(土)13時30分〜 名古屋で『基地はいらない、どこにも』上映!



■日時
2013年6月1日(土)
開場:13時15分
開会:13時30分

■場所
日本特殊陶業市民会館
(金山総合駅北口より徒歩5分!)
http://www.bunka758.or.jp/scd01_access.html

■作品
『基地はいらない、どこにも』
http://kichidoko.exblog.jp/
※上映後:映像ディレクター 小林アツシの講演あり

■資料代
500円(会員の方は無料です。)

■お問い合わせ先
なんぶ法律九条の会
(弁護士法人名古屋南部法律事務所内)
052-682-3211

posted by あつこば at 07:37| Comment(1) | TrackBack(1) | 米軍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月11日

光学20倍のデジカメ

またデジカメを買ってしまいました〜。
デジカメには大きく分けて3種類あります。値段の安い順から書くと、
■コンパクトデジカメ(コンデジ)
■ミラーレス一眼
■一眼レフ
ですが、今回買ったのはコンパクトデジカメ(コンデジ)です。

数週間前に店頭でたまたま見かけて、小さいボディなのに光学20倍のズームがあるので「凄い!」と思ったのですが、買うのをガマンしてました。

カメラにはそれぞれ用途がありますので「小さい」というのも重要な要素です。とにかくサッと出してパッと撮れるカメラは、大きくて立派なカメラには無い魅力があります。
というわけで買ってしまいました。
DSC-WX300
SONY「サイバーショットWX300」
DSC-WX300SONY「サイバーショットWX300」レンズを閉じた状態

最近のカメラはデジタルでズームできるのですが、性能が良くなってきたとはいえ、デジタルズームは画質が落ちます。「光学20倍」はレンズそのものでズームしますので画質がいいわけです。(画像自体はデジタルで補正しているようですが。)

「光学20倍」のカメラは各社からいろいろ出ていますが、この小ささは今のところソニーだけでしょう。
ソニーといえば「永遠のライバル」はパナソニックです。パナソニックの「DMC-TZ40」というカメラもけっこう小さいですが、ソニーの「WX300」の小ささにはかないません。小ささではソニーの勝ちというのは、昔からさまざまな電気製品でよくあるパターンでしたが(笑)。

2月に買ったミラーレス一眼の「Nikon 1 V1」に比べると「サイバーショットWX300」は色の再現性などに限界はありますが、小さなボティでそこそこ撮れるという意味ではいいカメラです。

実際に「WX300」で撮った写真も紹介しましょう。
早大通りにて
 
早大通りにて
「サイバーショットWX300」は「Nikon 1 V1」より被写体に近づいてもピントが合いました。
注:正確な形名は「DSC-WX300」ですが、このブログではわかりやすく表現するために「サイバーショットWX300」としました。
 
 
posted by あつこば at 08:41| Comment(0) | TrackBack(0) | メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月03日

憲法記念日にちなんで3分間の映像。

自民党小泉政権下の2005年にビデオアクトが募集した3分間映像『憲法万華鏡』に応募した自分の作品をYouTubeで再公開させていただきました。

いま、自分で見直すとちょっと恥ずかしいところもありますが、ご覧いただけると幸いです。

「最後のよりどころ」
http://www.youtube.com/watch?v=0Z6MNYJEhkI&feature=youtu.be

「軍隊を持たない」「戦争はしない」という憲法を掲げながら、実質的には軍隊である自衛隊を持ち、アメリカが起こした戦争の手伝いをするためにイラクに派兵(派遣)している日本は、ある意味ではずるいんじゃないか?

横須賀で市民運動をしている新倉裕史さんに、そんな問いかけをしてみました。

3分間の制限時間ギリギリに編集していますので、突然終わった感じがしますが、終わった後で、皆さんがそれぞれ考えていただければと思います。


P.S.
なお、私がスタッフもしているビデオアクトでは、今年、『幕の内憲法』と題して3分間の映像を募集しています。
http://www.videoact.jp/3min/
締め切りは6月15日で、7月11日に無審査で一挙に上映します。
みなさんも、ぜひ、ご応募ください!
 
posted by あつこば at 10:24| Comment(1) | TrackBack(0) | 自衛隊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする