2013年03月23日

米軍基地建設のため、辺野古の海を埋め立てる申請を政府が提出

政府・防衛省は22日、沖縄県に辺野古の海を埋め立てる申請を提出しました。
henoko_kusatsu.jpg

2011年末に環境アセスの「評価書」を提出した際には反対の声が強くて大混乱になりました。
http://togetter.com/li/233704

今回は、報道陣の目を避け、別のフロアの直接担当ではない部署に別の入口から入って届けるという用意周到で姑息な方法で不意打ち・抜き打ち的な提出だったそうです。
http://article.okinawatimes.co.jp/article/2013-03-23_46917

政府・防衛省がこうした方法を取らざるを得ないのは、沖縄のすべての市町村が反対しているなか、少しでも騒ぎを小さくして、なんとか沖縄県の仲井真知事に埋め立てを承認させようとしているからでしょう。
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130323/plc13032310470006-n1.htm

埋め立てを承認するかどうかを判断するのは仲井真知事です。(沖縄県による)審査では移設に反対している地元の名護市長からの意見聴取をしなければならないそうですので、仲井真知事は簡単に埋め立てを承認することはできないでしょう。

ただし、知事が埋め立てを承認しない場合でも、国は地方自治法に基づいて是正の指示や代執行を行うことができるとされていますので、政府がこうした強硬姿勢もちらつかせることで仲井真知事に諦めさせようとしてくる可能性はあり得ます。

前防衛大臣の森本敏は、大臣になる以前に出演したテレビ番組で「県知事に、もう次に立候補はしないという決断をして苦渋の判断で受け入れてもらえるようにするのが政府の方針」などと言っていました。
選挙制度と民主主義を否定するかのようなこうした発言をする人物が防衛大臣をしていたというのも驚きですが、こうした展開になるのはなんとしても避けなければなりません。
 
posted by あつこば at 18:43| Comment(3) | TrackBack(0) | 米軍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月19日

【イラク戦争10年】当時の動画を再公開しました。

2003年、アメリカが一方的にイラクに戦争をしかけてから明日で10年になります。そこで、10年前に「ビデオアクト反戦プロジェクト」で公開していた映像を、再公開しました。(撮影:小林アツシ、松原明、遠藤大輔)
http://www.youtube.com/watch?v=r0KDmGLAsfE


今回、再公開したのは2003年1月18日に行われた「WORLD PEACE NOW 1.18」の映像で、当時、公開していたものと同じ映像です。まだYouTubeが始まる前でネット環境もそれほど整っていない時代ですので、当時はご覧になれなかった方も多いかと思います。

さまざまな団体や個人が、それぞれの違いを乗り越え、イラク戦争に反対するためにともに行動しました。通常、テレビ局などの取材はデモやパレードの頭だけ撮ってすぐに帰ってしまいますが、私たち自主制作のスタッフは最初から最後まで撮り続けました。
この映像からも、参加している団体や個人の多様性を感じていただけると思います。このあと、2月15日の世界共通行動を経た「WORLD PEACE NOW 3.8」では個人参加の人たちの割合が圧倒的に多くなりました。

参考:
ビデオアクト反戦プロジェクト(← 現在、動画はご覧いただけません。)
http://homepage3.nifty.com/atsukoba/vact/war/
WORLD PEACE NOW! 3.8
http://www.youtube.com/watch?v=EZm13O5kGlY&list=UUqQywDxQKMdnV5kWvtxqspg
  
posted by あつこば at 14:19| Comment(1) | TrackBack(0) | 米軍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月14日

寿[kotobuki]の写真を撮った。

まえから「スチールカメラをもうちょっとやりたい」と思ってました。「スチールカメラ」って言葉はわかりづらいですが、つまり動画じゃなく普通の静止画のカメラのことです。
一般的に「カメラ」というと静止画のカメラのことですね。僕は基本的に動画屋でして、動画の業界内では「カメラ」と呼ぶと動画用のカメラで、静止画用のカメラのことは「スチールカメラ」とか「パチカメ」とか呼んでるんです。
最近は静止画用のカメラも動画が撮れたり、動画用のカメラも静止画が撮れたりするので、ややっこしいんですが……。

友人のミュージシャンからライヴ写真の撮影を頼まれたので、この機会に「えいっ」とカメラを買ってしまいました。

640-465.jpg

今回、撮影したミュージシャンは、寿[kotobuki]です。http://kotobuki-nn.com/ 僕は横浜のいわゆるドヤ街、寿町で毎年、夏祭りの期間に行われている「横浜寿町フリーコンサート」http://kotobukifree.web.fc2.com/ を毎年、撮影させてもらっていて、その映像の一部は前作のDVD『ウタノゲンバ 〜シーサーズ活動の記録〜』に収録しています。http://atsukoba.seesaa.net/article/161893463.html
そして、寿[kotobuki]は、その寿町フリーコンサートにほぼ毎年出演してます。そんな縁で、今回の撮影を頼まれたのですが、なかなか楽しかったです。

寿[kotobuki]の音楽は歌詞だけではなく音楽や体を使った表現全体にメッセージ性があり、ライヴではそれがわかりやすくお客さんに伝わります。この日のコンサートも、もの凄く盛り上がりました。

640-448.jpg

左がナビィ、右が宮城善光(ナーグシク ヨシミツ)、真ん中に写っているのが丹波リン太郎先生こと大熊ワタル。

この日のために(?)買ったカメラは「Nikon 1 V1」という機種で、最近増えてきた「ミラーレス一眼」つまり「一眼レフ」と「コンパクトデジカメ」の間で新しいジャンルのカメラ。この「Nikon 1」シリーズの凄いところは、カメラをちゃんとやったことがない僕のような者でも、1〜2日練習すればそれなりの写真が撮れてしまうところ。
そして動画と同じ秒60コマというスピードで連写できるのが凄い。「写真は一瞬の勝負だから、いい表情をするちょっと前にシャッターを押すんだ。気合だよ。気合。」と、昔は習ったような気がするけど……。ライヴの場合、特に歌ってる人の表情は瞬間ごとに変わります。動画から静止画をおこす作業を長年やっていたので、静止画のカメラを買うのなら「邪道」かもしれないけど秒60コマで撮れるカメラを買うしかないと思いました。

640-490.jpg

なかにはこんなにブレてる写真もあるんですけど、ミュージシャンの凄い気迫が伝わってくるでしょ(言い訳)。

ということで、静止画カメラマン・デビューの報告をさせていただきました。もっと写真が上手い人は、たくさんいると思いますけど(笑)。
 
posted by あつこば at 10:09| Comment(0) | TrackBack(0) | メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月15日

知花竜海のソロアルバム『新しい世界』

『Peace Misic Fasta! 辺野古』などのイベントを伊丹英子たちと主催しているDUTY FREE SHOPP.の知花竜海がソロアルバム『新しい世界』を出した。

ChibanaTatsumi_Artist_Photo.jpg
トップに収録されているアルバム・タイトル曲では、「辺野古」「泡瀬」「高江」といった言葉が含まれていて、本人の立ち位置を明確にしている。
かといって「社会派」な曲ばかりのゴリゴリの作品ではない。高校時代に書いたラブソングや、32歳になって書いたアンサーソングも入っていて、POPなアルバムになっている。

沖縄の音楽や楽器をはじめ、レゲエ、ラップ、ヒップホップ、ジャズ、ロック、ソウル……さまざまな音楽を吸収した多彩な曲が並ぶ。曲間のタイミングが絶妙で、全編を通してひとつの組曲のように聴ける。沖縄の若い世代が、悩み、楽しみ、考え、創りだした、緻密かつ自由な作品群だ。

DUTY FREE SHOPP.に比べると、今回のソロアルバムは、本人の真面目でやさしいキャラクターが、より身近に感じられる。

AtarashiiSekai_jacket.jpg

ジャケットも凝っていて、筋ジストロフィーを患いながらも地域で自立して活動し続けた沖縄の画家、新門登さんによる絵と裏側の写真の赤瓦が、デジパックの背中で微妙につながっているあたり、中身の音と同様、かなり凝って作られている。写真がいいなと思ったら、撮ったのは石川真生さんだった。そりゃあもう……。

そして、「目が怖い」に入っている子どもたちのコーラスが、めっちゃかわいいんですけど。
 
posted by あつこば at 14:25| Comment(2) | TrackBack(0) | メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月27日

『原発の町を追われて〜避難民・双葉町の記録』

福島第1原発の一部が町の中にあり、経済的にも原発に依存してきた福島県双葉町。
原発事故が起こり、町役場の機能も住民の人たちも埼玉県の元高校の校舎に移転した。
『原発の町を追われて〜避難民・双葉町の記録』
そこで起きた出来事や、避難してきた人たちの言葉を丹念に取材した堀切さとみさん制作のドキュメンタリー『原発の町を追われて〜避難民・双葉町の記録』について書きました。

お読みいただけると幸いです。

http://videoact.seesaa.net/article/299219118.html



posted by あつこば at 13:25| Comment(0) | TrackBack(1) | メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月17日

「これでいいのか!? 北朝鮮報道」2002年11月22日

2002年9月17日に出された『日朝平壌宣言』では「10月中に日朝国交正常化交渉を再開する」とされていました。

10年たちましたが、日本と北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)との間には国交が回復するメドはたっていません。
(10年後の現在、北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)政府は「拉致問題は解決済み」としたがっているようですが、私個人の見解としては拉致問題は解決していませんし、それ以前の日本による犯罪も解決していません。)

小泉首相が訪朝した際に北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)が拉致事件を認めましたが、その後、マスメディアによる北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)バッシング、そして、在日の人たちに対する暴力や嫌がらせが続きました。

当時、東京の参議院議員会館で行なわれた集会「これでいいのか!? 北朝鮮報道」を取材し、ビデオアクトのWebサイトで公開しました。
その後、サーバーの都合で見られない状態になっていましたが、『日朝平壌宣言』から10年という機会に再度、公開させていただきます。

YouTube「ビデオアクト」チャンネル

「これでいいのか!? 北朝鮮報道」2002年11月22日【前編】
http://youtu.be/SZoMStofrB4


「これでいいのか!? 北朝鮮報道」2002年11月22日【後編】
http://youtu.be/oTu6ulv2PEw


以下は、当時の説明文です。

-----
3時間43分(若干の休憩時間を含む)に渡る内容の中から編集者の主観に基づき前
編・後編にまとめた。

前編は当日のパート1である「北朝鮮政権による拉致犯罪を糾弾し、真相究明を
求め、在日への嫌がらせ・暴力・脅迫行為に抗議する」記者会見(『許すな!国
家テロ、止めろ!在日への暴力』)と、パート2である「北朝鮮報道のあり方」を考える記者会見のなかから、辛 淑玉さん・金 石範さん・李 政美さん・田中 宏さん・魚住 昭さん・神保 哲生さんの発言の一部を収録。

後編はパート3である討論会の中から、太田 昌国さん・朴 慶南さん・石丸 次郎さん・梁 澄子さん・佐藤 信行さん・姜 誠さん・富永さとるさん・朴 容福さん・辛 淑玉さんの発言の一部を収録。

【撮影・編集:小林アツシ】公開:2002年12月7日
-----

上記に加え、
日朝ピョンヤン宣言から1年後の2003年9月17日、
東京・明治公園で「PEACE NOW KOREA JAPAN」の呼びかけで東アジアの平和を願ってキャンドル人文字を作る行われたイベントの映像も、再公開いたしました。

PNKJ01.jpg PNKJ02.jpg

キャンドル人文字「オッケドンム(=友)」2003年9月17日
http://youtu.be/na3hwox0zaY

作られたのは、ハングル4文字の『オッケドンム』と漢字の『友』の5文字。キャンドル人文字作成の様子に加えて、参加者インタビュー・朴保さんのライブ
演奏を編集しています。

【撮影:小林アツシ・土屋トカチ、編集:小林アツシ】

PNKJ03.jpg
posted by あつこば at 13:49| Comment(0) | TrackBack(1) | メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月12日

6月14日『基地はいらない、どこにも』川崎で上映!

2006年に作った『基地はいらない、どこにも』を川崎で上映します。
実は、自分で作った映像作品の中では、この作品と『ウタノゲンバ』が一番好きだったりします。

川崎は、むかし沖縄から来た女工さんや、その親戚や知り合いなどが結構来ていて、沖縄出身の人が多いらしいです。
今回の上映会を企画してくれたのは「川崎水曜パトロールの会」の人たちです。川崎周辺で野宿している人たちを訪ねてつながっている集まりです。

『基地はいらない、どこにも』を全編上映するほか、『どうするアンポ』『ウタノゲンバ』他の作品からの一部も上映しながら、私も話をしたいと思います。



■日時
6月14日 13時〜
(ゆるい感じでやります。)

■参加費
無料!

■場所
川崎市川崎区貝塚 2-8-7 貝塚ホール「川崎水曜パトロールの会」
044-230-0560
地図はこちら

http://bit.ly/LOFDix

■上映作品
『基地はいらない、どこにも』、他

posted by あつこば at 15:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 米軍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月25日

日本の軍需産業で働く人たちのドキュメンタリーを鹿児島で上映します。

【転載歓迎】です。

直前のお知らせでたいへん恐縮ですが、明日、26日。日本の軍需産業で働く人た
ちのドキュメンタリーを鹿児島で上映します。
kanaami+logo500.jpg
昨年末、武器輸出三原則が緩和されました。上映後、この件についても考え、軍
需産業で働く人たちを取材したエピソードなどもお話ししたいと思います。

■上映作品『軍需工場は、今』(ディレクター:小林アツシ)

■上映後、トークあり

5月26日(土)18時〜
鹿児島市「よかセンター第1会議室」
(鹿児島中央駅前 ダイエー7階)

チラシ(Jpeg)http://9joiryokagoshima.web.fc2.com/9jonewsno25.jpg
チラシ(pdf)http://9joiryokagoshima.web.fc2.com/9jonewsno25.pdf
 
posted by あつこば at 09:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 自衛隊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月05日

山本英夫写真展『沖縄 基地の重圧をゆるがす』

【転載歓迎】

本日から始まった山本英夫さんの写真展『沖縄 基地の重圧をゆるがす』を紹介させていただきます。

明日(6日)の14時からは、私も会場でのギャラリートークで参加します。
以下、案内文です。
よろしくお願いします。

小林アツシ

(以下、写真展の案内文)
-----------
       山本英夫写真展『沖縄 基地の重圧をゆるがす』   

http://ayasegawa.cocolog-nifty.com/photos/yamahide7th/index.html

yamamoto-hideo-shashin-ten.jpg
●この国は終わっているのではないですか。3月11日に起こった原発事故を小さく見せ、解決に向かっているふりをし、再稼動しようとしています。「儲かりさえすれば、何でもありさ」と考える連中が、この国の政治を動かしています。
 他方、沖縄の戦争・基地は、この67年間、何ひとつ解決していません。政府が発する「負担軽減」なるゴマカシも破綻しています。マスコミが垂れ流すウソを信じていたら、私達の命も終わってしまいます。原発は「安全」ですか? 基地で「安全・安心」ですか? 

『沖縄 基地の重圧をゆるがす』って? 
 沖縄は今年2012年に「日本復帰40年」を迎えます。しかし、政府・防衛省は、昨年秋頃から、新たな基地建設を辺野古に強行しようと本腰を入れています。「基地の島沖縄」は現在進行形であり、それどころか「基地の中に沖縄がある」と言わざるをない現実すらあるのです。今年は日米安保条約60年でもあり、これが密約に支えられ、沖縄を米国の軍事拠点とし、「日本」の平和憲法を形骸化させてきました。
  今回の写真展は、沖縄の普天間・辺野古・高江・与那国等(自衛隊を巡る動向)を凝視します。基地の島・沖縄では、「戦争は終わっていない」と、人殺しはごめんだと、もう我慢も限界だと、ひとりひとりが、基地の重圧をゆさぶろうと闘い続けています。     

「犯す前に、いつ犯すと言いますか」と平然と語った前沖縄防衛局長田中聡氏。彼の後任(返り咲き)の真部朗氏は、それを実践。辺野古アセス評価書を真っ暗闇の沖縄県庁に搬送(12月28日未明)。強行突破の第一弾(否、第何弾だろう?)。軍を掌る官庁のやり口らしいですね。
 しかし呆れているわけにも、こんな国に生きているわが身を恥てもいられません。私は、沖縄の人々の闘いを目の当たりにし、共に闘いながら、闘う人々に触発されてきました。この過程で、「平和に生き、自治に生きる文化」を創り出し、命を慈しみ、非暴力の文化で対抗したいと考えるようになりました。写真の力は、案外、効果的です。

 沖縄に基地を当然の如く押しつける「日本」。安保で「安心」したがる「日本人」。
 これで、ほんとうに、いいのでしょうか。この写真展は、そこを異化し、私達「日本人」がどう考えるべきかを問い直したいのです。

1.「見える沖縄、視る沖縄」
  沖縄に行く人たちは何を見に行くのだろう。観光(自然や文化)の裏側に潜む基地は、いやが応でも見える筈なのに、見ない。それでいいのかとの思いを込めて、嘉手納を正面から捉えます。

2.「もう許さんぞ!」(2009年11月8日〜2010年9月)

3.「基地の島を歩く」
 ◎普天間  ◎辺野古・大浦湾 ◎高江  ◎与那国島等(自衛隊)

4.「正念場を迎える2012年」

5.「硝煙の臭いが漂う中で―日米安保条約に縛られる日本―」

6.「どう生きてきたのか、生きるのか?」
 ◎あの戦争は終わっていない ◎15年ぶりに訪れた伊江島 ◎辺野古テントの座り込み

日 時 5月5日(土)〜13日(日)  11時〜19時(最終日17時)

会 場 パオ・ギャラリー (東京都中野区東中野2−25−6)
http://paoco.jp/index.shtml
総武線東中野駅西口下車 大江戸線東中野駅下車 3分 山の手通り。MACの左隣のコンビニの隣2階。

■5月5日 オープニングイベント 18時〜19時  1000円
●挨拶 山本英夫  「開会にあたって ‐今回の意図とキー・ピクチャ‐」 
●丹羽雅代(女たちの戦争と平和資料館) 
  「特別展『沖縄の日本軍慰安所と米軍の性暴力』を企画するにあたって」 
●さっちゃんの歌
●参加者から 
 
■5月6日(日)ギャラリートーク 14時〜15時   500円    
「沖縄と安保を巡って」
上記テーマを3人で
●山本英夫
●国富建治(反安保実行委員会
●小林アツシ(映像ディレクター『基地はいらない どこにも』等)
        
■5月6日(日)ギャラリートーク 16時〜17時    500円
●山本英夫        「沖縄と東京を結ぶために」
●長尾比呂未・加来健一(『地球の子ども新聞』発行人) 「新聞を出す意味」
●早川由美子(映画監督『ブライアンと仲間たち』等) 
               「ロンドンと沖縄をつなぐ‐平和を求めて座り込み‐」

■5月12日(土)ギャラリート−ク 14時〜15時   500円
●山本英夫 「沖縄から、沖縄へ 何をどう伝え、繋げていくの?」
●青木一政(福島老朽原発を考える会) 「尿検査から見えてきた福島の現実」
●尾沢孝司(日韓ネット)  「朝鮮戦争の休戦が意味するもの」

■5月12日(土)ギャラリートーク 16時〜17時   500円
●山本英夫       「沖縄を歩く、撮る、想像する」
●大原清秀(脚本家) 「ひめゆり隊のこと」

■「写真家がよむ よみきかせ」  『おきなわ 島のこえ』等
5月12日 12時
30分〜13時  
■「写真家がよむ よみきかせ」  『おきなわ 島のこえ』等
5月13日 12時
30分〜13時  

●問い合わせ先
電話&ファクス 03(5996)0779 山本英夫 フォトプラザ・ヤマモト
       Eメール photoyamamoto@amail.plala.or.jp

山本英夫//プロフィール フォトグラファー(自然写真・報道写真)

●過去 1951年東京生まれの世田谷育ち。1964年の東京オリンピックの前後に、住まい周辺の一挙的開発を目の当たりにし、自然破壊が人間を蝕むことを直感した。67年春から千葉県江戸川河口(新浜)の自然・野鳥保護運動に取り組む。この頃から写真撮影を始めた。
 1989年5月から沖縄に継続して出かける。95年9月の米国海兵隊員による少女レイプ事件に衝撃を受け、改めて軍隊・基地・戦争を問い、沖縄・日本各地の基地・軍隊を撮影。2004年の辺野古での基地建設の動きの中で海人(漁民)が、開発(海殺し)の側に立つ姿を見て、67年の東京湾で直面した農漁民の「野鳥を殺せ」の姿がダブって見えた。

●現在 基地・軍隊、自然、人々を沖縄を軸に撮影中。写真展は1999年、2001年、2003年、2005年4月『辺野古‐青い海からのメッセージ』、2009年2月『沖縄・辺野古 “この海と生きる”』、2010年4月『FUTENMA‐沖縄と向き合い、基地撤去をめざす』を開催。また絵葉書『沖縄・辺野古 “生きている”って、伝えたい』、『沖縄・辺野古 “この海は生きています、繋がって”』を制作・販売中。
  昨年、6月に開催された全国公募写真展『視点展』に初めて応募し入選。4月、写真展『小さな小さなお庭の 一本の柿の木ものがたり』を余震が続く中で開催。また昨秋、カレンダー『生きようよ 2012』を制作。(残部あり)

posted by あつこば at 16:10| Comment(1) | TrackBack(0) | 米軍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月27日

5月6日、山本英夫さんの写真展でギャラリートーク

最近は、Twitterをメインにして普天間「移設」関連の報道を中心に紹介していますので、このブログの更新は途絶えています。

Twitterで書いたものをまとめたものは、以下で読めますので、ぜひ、ご活用ください。
http://togetter.com/li/288786

さて、本日は写真展とその関連のイベントのお知らせです。

普天間「移設」候補地とされてきた辺野古をはじめ、さまざまな現場での撮影をしている山本英夫さんの写真展が5月5日(土)から13日(日)まで、東京 東中野にある「PAOギャラリー」で行われます。
http://ayasegawa.cocolog-nifty.com/photos/yamahide7th/index.html

この期間中にはいくつかのイベントが行われますが、連休最後の日、5月6日(日)の14時からは、写真が行われている会場で山本英夫さん、国富建治さんと私の3人によるギャラリートークが行われます。
http://ayasegawa.cocolog-nifty.com/photos/yamahide7th/img034.html

写真展とともに、ぜひ、来ていただければうれしいです。

-----
5月6日(日)ギャラリートーク 14時〜15時
「沖縄と安保を巡って」
山本英夫/国富建治(反安保実行委員会)/小林アツシ(映像ディレクター『基地はいらない どこにも』等)
参加費:500円    
場所:東中野「PAOギャラリー」
東京都中野区東中野2-25-6 PAOCOMPOUND
地図はこちら

http://paoco.jp/index.shtml
 
posted by あつこば at 10:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 米軍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする